創薬から品質管理にいたる分析ワークフローを包括的にサポート

研究から品質管理、製造にいたる医薬品開発プロセスのあらゆる段階で、最適な選択へとお客様を導きます。アジレントには、サンプル前処理からデータ解析まで、分析ワークフローをサポートする包括的なポートフォリオがあります。幅広いソリューションのシームレスな連携により、信頼性の高い結果が得られ、重要な判断を的確に下すことができます。

関連ウェビナー(英語版)はこちら

低分子医薬品アプリケーション

医薬品の毒性

生細胞のリアルタイム測定により、きわめて難治性の疾患について、より深く有意義な知見を引き出すことができます。

詳しくはこちら

医薬品不純物の分析

医薬品の開発および製造は複雑なプロセスであり、医薬品の品質を一定に保つためには、厳格な評価が不可欠です。

詳しくはこちら

変異原性不純物の分析

近年、いくつかの医薬品において許容量を超える変異原性ニトロサミン不純物が検出され、リコールの対象となりました。

詳しくはこちら

残留溶媒の分析

医薬品中の残留溶媒不純物は、医薬品の製造で用いられた揮発性有機化合物が最終的な医薬品中に微量に残ったものです。

詳しくはこちら

抽出物および浸出物(E&L)の分析

抽出物および浸出物(E&L)分析はきわめて複雑です。また、コンプライアンスを確保するためには、分析結果に高い信頼性が求められます。

詳しくはこちら

元素不純物の分析

無機汚染物質の潜在的な悪影響に対する懸念が高まっています。これを受け、規制当局により新たなガイドラインが定められました。

詳しくはこちら

含量均一性試験、分析、同定

優れた感度とスピードを実現するアジレントの分光分析ソリューションなら、錠剤またはカプセル全体の含量均一性評価や結晶多形スクリーニングを正確に行えます。

詳しくはこちら

溶出試験

薬剤の溶出試験により、医薬品製造段階での品質管理に必要となる in vitro の薬剤放出情報が得られます。

詳しくはこちら

多形分析

アジレントの結晶多形分析ソリューションでは、カプセル、錠剤、粉末、ゲルなどのサンプルをそのまま分析し、医薬品の品質を確保することができます。

詳しくはこちら

医薬品 QC の一翼を担う原料同定

納入された原料を高い信頼性で同定し、その品質を確保することが、医薬品の製造においてきわめて重要なステップとなります。

詳しくはこちら

精製を最適化してスピード、回収率、純度を向上

創薬段階では、サンプルの精製が非常に重要になります。アジレントの幅広い分析機器から、お客様に最適な精製ソリューションをお選びください。

詳しくはこちら

錠剤製剤のケミカルイメージング

錠剤の成分を同定し、分子および化学組成に関する情報を把握することがきわめて重要になります。

詳しくはこちら

医薬品分析メソッド開発

効果的な分析メソッドを開発すれば、医薬品開発の各段階において、規制項目を遵守しながら品質および生産性目標を達成できます。

詳しくはこちら

ハイスループットスクリーニング

候補物質を評価し、治療薬ターゲットとしての有効性を効率的に判定するためには、大量の化合物を迅速にスクリーニングできなければなりません。

詳しくはこちら

ADME と PK

創薬段階では、多数の新薬候補物質について ADME/PK データを得ることが重視されるようになっています。それに伴い、ハイスループット化と再現性向上に対する要求が高まっています。

詳しくはこちら

薬物代謝と薬物動態(DMPK)

望ましい薬物動態特性を持つ新薬候補物質を選択するためには、代謝部位に関する知識が不可欠です。

詳しくはこちら

LC/MS へのオープンアクセスを実現

MassHunter WalkUp ソフトウェアがあれば、管理者は、ラボの共有システムでのユーザー操作をサポートし、分析スケジュールやメンテナンスを管理することができます。

詳しくはこちら

クオリティ・バイ・デザイン(QbD)とプロセス分析

効果的なメソッドを開発すれば、医薬品開発の各段階において、規制項目を遵守しながら品質および生産性目標を達成できます。

詳しくはこちら

お問い合わせ

アジレントでは、低分子医薬品の特性解析メソッドの最適化に役立つ最新情報をアプリケーションノート、教育イベント、ウェビナー、製品などを通して提供しています。

お問い合わせ

DE44173.6702546296