ウェビナー(e-セミナー) 日本語・日本語字幕編

アジレントウェビナー(LIVE・オンデマンド)

最新の装置やアプリケーション情報、装置のデモなどをご覧いただけるオンラインセミナー(無料)です。
ライブウェビナー(リアルタイム配信)、オンデマンドウェビナー(録音版)がございます。

ライブウェビナーにご参加いただくには
事前にご登録いただく必要がございます。ご希望のセミナーの詳細ページに進み、登録を完了してください。
参加登録完了メールが送付されます。差出人は、アジレント・テクノロジー株式会社 <messenger@webex.com> です。
メールの内容をご確認いただき、開催時刻15分前を過ぎましたら、参加ページにアクセスしてください。

CISCO Web-exの登録方法やよくある問題など、
こちらからご覧ください。

オンデマンドウェビナー(録音版)をご覧いただくには
セミナータイトルをクリックすると立ち上がるアンケートフォームに入力し、送信してください。
セミナーが自動的に開始されます。オンデマンドセミナーは、お好きな時間に何度でもご利用いただけます。

お客様のニーズに合わせて、ウェビナーをぜひご活用ください。

【ご注意ください】

  動画が再生されない場合には、以下の操作を試みてください。

  • ブラウザを最新バージョンにする。
  • ブラウザのキャッシュをクリアする。
  • 他のブラウザで動画を見る。
  • PC を再起動する。
  • ブラウザの「GPU レンダリング支援」を無効にする。
  • ブラウザ以外の動画・音楽再生ソフトを同時起動しない。
  • セキュリティソフトを一旦無効にしてみる。

> ゲノミクス関連のウェビナーはこちら

LIVEウェビナー

事前登録は終了しました

メタボロミクスウェビナーシリーズ (第4回)

「Single cell ICP-MSによる細胞内元素分析法の開発(仮)」
 千葉大学 大学院薬学研究院 田中 佑樹 先生 ほか

10月15日(木)
15:00~16:10頃

70分

参加費:無料

事前登録はこちら
11月4日17:00まで

アジレント ホットトピックウェビナー(第2回)

モノクローナル抗体 (mAb) の物理化学的な特性解析のワークフローソリューション /  LC/MS によるオリゴ核酸分析(英語での講演になります。) /  高速、高スループットの自動化ツールを使った免疫の研究​

11月5日(木)
15:00~16:10予定

70分

参加費:無料

新着ウェビナー 更新日:2020/11/24

ご登録はこちら

食データサイエンス:料理・加工食品に潜む構築原理をデータサイエンスで解明できるか?(奈良先端科学技術大学院大学 金谷重彦先生ご講演)

2020年10月9日に開催された食データサイエンスウェビナーの特別講演のビデオです。

58分

ご登録はこちら

リスクバランスからみた食品の安全性:前半(摂南大学 平原嘉親先生ご講演)

2020年10月23日に開催されたアジレント食品ウェビナーの特別講演1のビデオ(前半)です。

79分

ご登録はこちら

リスクバランスからみた食品の安全性:後半(摂南大学 平原嘉親先生ご講演)

2020年10月23日に開催されたアジレント食品ウェビナーの特別講演1のビデオ(後半)です。

45分

ご登録はこちら

ICP-OES と ICP-MS における定量分析の留意点 ~ 装置メンテナンスのポイント

2020年10月16日に開催された環境分析ウェビナー2020のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。

44分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第7回(中級編)
セッション13:香気分析に有用なデータ解析技術 part-1

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第7回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、測定したデータから効率的に香気成分を解析する技術やツールなどをご紹介します。

23分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第7回(中級編)
セッション14:香気分析に有用なデータ解析技術 part-2

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第7回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、測定したデータから効率的に香気成分を解析する技術やツールなどをご紹介します。

33分

ご登録はこちら

バイオ LC によるバイオ医薬品特性解析と精製事例

20分

ご登録はこちら

GC による手指用消毒剤の分析

20分

ご登録はこちら

FTIR による消毒剤中のアルコール濃度の分析

17分

ご登録はこちら

フェイスマスクの残留エチレンオキサイド分析

20分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第8回(中級編)
セッション15:2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC の紹介 part-1

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第8回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、多次元 GC-MS 技術を応用した事例として、2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC に関してご紹介します。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第8回(中級編)
セッション16:2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC の紹介 part-2

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第8回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、多次元 GC-MS 技術を応用した事例として、2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC に関してご紹介します。

21分

分野別

食品

ご視聴はこちら

GC/MS を用いた食品や化成品など発生する異臭分析を行っているユーザーは必聴

食品および化成品などから発生する異臭原因物質と官能情報を統合した GC/MS 用データベース(MassHunter用)をご紹介します。

48分

ご視聴はこちら

食品アプリケーションにおける最適な無機分析装置の選び方

公定法で採用されている無機元素分析法、各分析法の原理、各分析法の比較、各装置における共存元素による干渉注意点等を説明しながら無機分析装置の選び方をご紹介します。

20分

ご視聴はこちら

HPLC に一体化された高感度検出器、Ultivo トリプル四重極 LC/MS をご紹介します。

LC/MS の常識を覆す設計で従来比3分の1のサイズに超小型化、HPLC と一体型になった Ultivo トリプル四重極 LC/MS の特徴をご紹介します。

41分

ご視聴はこちら

ICP-MS を用いた食品ミネラル分析とその可能性

高感度でマトリックス耐性、広いダイナミックレンジを搭載した ICP-MS での食品ミネラル分析をご紹介します。

62分10秒

ご登録はこちら

リピドミクスに最適な前処理新製品

リピドミクスに最適な前処理新製品を紹介します。

9分

ご登録はこちら

トリプル四重極 LC-MS による親水性化合物の分析 - HILIC および逆相カラムの詳細な比較 -

アミノ酸と親水性ビタミンを対象に、トリプル四重極 LC-MS 検出器を用いて HILIC および逆相カラムの詳細な比較検討を行いました。HILIC と RPLC の選択は、クロマトグラフ分離要件、分析物の極性と溶解度、サンプル溶媒の性質、などを考慮しバランスをとる事が大切であると考えられます。
参考資料:アプリケーションノート 5994-1137JAJP

6分

ご登録はこちら

GC/MS による含フッ素化合物の判別方法

GC/MS で分子中のフッ素の有無を判定する方法について検討し、PICI で [M-F]+ を確認する方法の有効性を明らかにした。本手法は未知ピークの正確な分子組成計算に貢献すると考えられる。

11分

ご登録はこちら

超小型シングル四重極型 LC/MS の UV 吸収を持たない化合物への適用

最新の LC/MS を用いたUV吸収を持たないグリセロールやエチレングリコール、糖及び脂肪酸の分析例を RID や ELSD と比較しながら紹介します。
参考資料:アプリケーションノート LC-MS-201909HK-001、LC-MS-201912ND-001

6分

ご登録はこちら

2D-LC/MS を用いた合成核酸のイオン交換分離およびオンライン脱塩

合成核酸のイオン交換クロマトグラフィーはプロセス管理のため重要です。イオン交換による分離をおこない、そのまま MS で検出することは通常困難ですが、Agilent 2D-LC/MS が不可能を可能にします。
参考資料:アプリケーションノート LC-MS-202004NA-001

5分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第3回(中級編)
ダイナミックヘッドスペース(DHS)法に関して

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。第3回目は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、ダイナミックヘッドスペース(DHS)法についてご紹介します。

23分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第3回(中級編)
DHS を用いた事例の紹介

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。第3回目は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、ダイナミックヘッドスペース(DHS)法についてご紹介します。

30分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第4回(初級編)
香気分析に有用な分離技術(スプリッタ、ハートカッティングなど)part 1

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第4回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの初級編として、夾雑成分の多い香気分析では分離は重要であることから、香気分析に有用な分離技術としてスプリッターやハートカティングなどついてご紹介します。

25分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第4回(初級編)
香気分析に有用な分離技術(スプリッタ、ハートカッティングなど)part 2

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第4回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの初級編として、夾雑成分の多い香気分析では分離は重要であることから、香気分析に有用な分離技術としてスプリッターやハートカティングなどついてご紹介します。

18分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第5回(中級編)
Twister を用いた SBSE の原理と特徴

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第5回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析における Twister を用いた試料前処理技術の SBSE 法(Stir Bar Sorptive Extraction)をご紹介します。

28分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第5回(中級編)
FLEX-Twister を用いた SA-SBSE による感度、網羅性の向上

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第5回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析における Twister を用いた試料前処理技術の SBSE 法(Stir Bar Sorptive Extraction)をご紹介します。

24分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー中級編(第6回)
SA-SBSE を使用したアプリケーションのご紹介 part 1

今回の第6回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析におけるFLEX-Twisterを用いたSA-SBSE法(Solvent Assisted Stir Bar Sorptive Extraction)に関して、使用した事例とともにご紹介いたします。SA-SBSE法は、従来のSBSE法では難しかった、水溶性、極性の高い化合物の濃縮が期待できます。

31分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー中級編(第6回)
SA-SBSE を使用したアプリケーションのご紹介 part 2

今回の第6回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析におけるFLEX-Twisterを用いたSA-SBSE法(Solvent Assisted Stir Bar Sorptive Extraction)に関して、使用した事例とともにご紹介いたします。SA-SBSE法は、従来のSBSE法では難しかった、水溶性、極性の高い化合物の濃縮が期待できます。

21分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第8回(中級編)
セッション15:2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC の紹介 part-1

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第8回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、多次元 GC-MS 技術を応用した事例として、2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC に関してご紹介します。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第8回(中級編)
セッション16:2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC の紹介 part-2

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第8回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、多次元 GC-MS 技術を応用した事例として、2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC に関してご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第7回(中級編)
セッション13:香気分析に有用なデータ解析技術 part-1

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第7回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、測定したデータから効率的に香気成分を解析する技術やツールなどをご紹介します。

23分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第7回(中級編)
セッション14:香気分析に有用なデータ解析技術 part-2

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第7回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、測定したデータから効率的に香気成分を解析する技術やツールなどをご紹介します。

33分

ご登録はこちら

食データサイエンス:料理・加工食品に潜む構築原理をデータサイエンスで解明できるか?(奈良先端科学技術大学院大学 金谷重彦先生ご講演)

2020年10月9日に開催された食データサイエンスウェビナーの特別講演のビデオです。

58分

ご登録はこちら

リスクバランスからみた食品の安全性:前半(摂南大学 平原嘉親先生ご講演)

2020年10月23日に開催されたアジレント食品ウェビナーの特別講演1のビデオ(前半)です。

79分

ご登録はこちら

リスクバランスからみた食品の安全性:後半(摂南大学 平原嘉親先生ご講演)

2020年10月23日に開催されたアジレント食品ウェビナーの特別講演1のビデオ(後半)です。

45分

環境

ご視聴はこちら

環境アプリケーションにおいて最適な元素分析装置の選び方

公定法で採用されている無機元素分析法、各分析法の原理及び比較、水道水、環境水、排水、土壌、大気などの分析例などを説明しながら無機分析装置の選び方をご紹介します。

33分

ご視聴はこちら

マイクロプラスチック高速自動分析を実現する赤外イメージング

LDIR ケミカルイメージングシステムを用いたマイクロプラスチック分析は、FTIR システムによる赤外イメージングと比べ 100 倍以上の測定領域の拡大、および測定時間の短縮を実現する。本講演では測定例などを紹介します。

12分

ご登録はこちら

水道水質・環境分析ソリューション‐DAY1:
有機フッ素化合物および陰イオン類の分析、農薬および PCB の分析など

「水道水質・環境分析セミナー2020」ウェビナーのアジレント・テクノロジー講演と同日開催したウェビナー「試薬と分析の最新の話題」のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。有機フッ素化合物(PFOS/PFOA 等)の LC/MS/MS 分析、PCB や農薬類の GC/MS 分析、マイクロプラスチックの LDIR 分析、環境スクリーニング分析、金属類の ICP-OES および ICP-MS 分析のポイント、アジレントのグローバルサポートの内容です。

48分

ご登録はこちら

水道水質・環境分析ソリューション‐DAY2:
ICP-OES および ICP-MS による分析など

「水道水質・環境分析セミナー2020」ウェビナーのアジレント・テクノロジー講演と同日開催したウェビナー「試薬と分析の最新の話題」のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。有機フッ素化合物(PFOS/PFOA 等)の LC/MS/MS 分析、PCB や農薬類の GC/MS 分析、マイクロプラスチックの LDIR 分析、環境スクリーニング分析、金属類の ICP-OES および ICP-MS 分析のポイント、アジレントのグローバルサポートの内容です。

40分

ご登録はこちら

「試薬と分析の最新の話題」から分析に関する最新の話題:
GC/MS 食品/環境ソリューション、マイクロプラスチックの分析、グローバル分析ラボが導入を進めるメーカーサポート

「水道水質・環境分析セミナー2020」ウェビナーのアジレント・テクノロジー講演と同日開催したウェビナー「試薬と分析の最新の話題」のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。有機フッ素化合物(PFOS/PFOA 等)の LC/MS/MS 分析、PCB や農薬類の GC/MS 分析、マイクロプラスチックの LDIR 分析、環境スクリーニング分析、金属類の ICP-OES および ICP-MS 分析のポイント、アジレントのグローバルサポートの内容です。

67分

ご登録はこちら

LC-ICP-MS システムによる六価クロム分析のご紹介

六価クロムに関しての最近の動向をはじめ、六価クロム分析事例、Agilent LC-ICP-MS システムの優れた操作性等をご紹介します。

20分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

ICP-OES と ICP-MS における定量分析の留意点 ~ 装置メンテナンスのポイント

2020年10月16日に開催された環境分析ウェビナー2020のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。

44分

化学・材料

ご視聴はこちら

RoHS 指令フタル酸エステル類の分析は、アジレントにおまかせください。

アジレントフタル酸エステルスクリーナーの特長をご紹介します。

48分

ご視聴はこちら

材料アプリケーションでの無機分析装置選定のポイント

原子吸光、ICP-OES、ICP-MS など各分析法の原理、材料試料の測定例などを説明しながら材料アプリケーションにおける選定ポイントをご紹介します。

31分

ご視聴はこちら

光学材料、薄膜、フィルムなどを安定・迅速に測定可能な紫外可視分光光度計のご紹介

Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計は、入射角度及び検出角度が可変で任意に設定でき、絶対反射率や透過率をあらゆる角度で自動測定が可能です。

12分

ご視聴はこちら

高度なクロマトグラフィーレポート作成機能

最新のレポート作成機能による、ラボデータの品質向上をご覧いただけます。

30分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 1. GC 分析の概要

前提となる GC によるバイオディーゼル分析について説明します。

14分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 2. OpenLab Data Analysis によるピーク同定

GC によるバイオディーゼル分析のデータ解析方法①

14分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 3. OpenLab Data Analysis によるキャリブレーションと定量

GC によるバイオディーゼル分析のデータ解析方法②

12分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 4. インテリジェントレポートによるレポート作成

GC によるバイオディーゼル分析のレポート作成について説明します。

21分

ご視聴はこちら

spICP-MS によるナノ粒子分析のご紹介

半導体、材料、化成品、環境分野で近年注目を集めている ICP-MS によるナノ粒子分析。ICP-MS でナノ粒子分析をする背景、測定原理や測定パラメータの注意点、更にアプリケーション事例をご紹介します。

22分

ご登録はこちら

Agilent 8900 ICP-QQQ による希土類元素中の希土類元素分析のご紹介

CP-MS における希土類元素中の希土類元素分析の課題であるスペクトル干渉をトリプル四重極 ICP-MS によりどのように解決できるか紹介します。

13分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第1回) セッション1

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第1回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第1回) セッション2

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第1回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第2回) セッション3

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第2回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第2回) セッション4

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第2回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

28分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第5回(中級編)
Twister を用いた SBSE の原理と特徴

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第5回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析における Twister を用いた試料前処理技術の SBSE 法(Stir Bar Sorptive Extraction)をご紹介します。

28分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第5回(中級編)
FLEX-Twister を用いた SA-SBSE による感度、網羅性の向上

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第5回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析における Twister を用いた試料前処理技術の SBSE 法(Stir Bar Sorptive Extraction)をご紹介します。

24分

製薬・バイオ医薬

ご視聴はこちら

バイオ医薬品特性解析のための N グリカンサンプル調製と分析のワークフローについて

バイオ医薬品の重要品質特性のひとつであるN結合型糖鎖について、サンプル調製から分析までの流れを、具体的な例を交えてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

バイオ医薬品特性解析のための N グリカンサンプル調整と分析のワークフローについて(実演)

Gly-X InstantPC キットを使用した N-グリカンサンプルの調製(実演)。アジレント AdvanceBio Gly-X および InstantPC キットを使用してラベル化を行い、その後、完成したラベル化 N-グリカンを HPLC(FLD)機器を用いた分析を動画付きでご説明します。

17分

ご視聴はこちら

自動アフィニティ精製とLC/Q-TOFによる抗体の直接定量(前半)

インタクト抗体を直接測定するTop-down及びMiddle-downアプローチについて、自動分注装置を使用した前処理の具体例をご紹介します。

14分

ご視聴はこちら

自動アフィニティ精製とLC/Q-TOFによる抗体の直接定量(後半)

LC/高分解能MSによるインタクト抗体の直接定量とサブユニット定量について、従来のボトムアップ(ペプチド定量)と比較しながら解説します。

14分

ご視聴はこちら

中分子医薬品の精製から分析まで

ペプチド、核酸医薬などの中分子医薬の市場動向、アジレントの核酸医薬受託製造、中分子医薬の HPLC メソッド開発、2D-LC 活用事例をご紹介します。

33分

ご視聴はこちら

データインテグリティ~今できるDI対策~

クロマトデータシステムOpenLab CDSとラボのあらゆる電子ファイル管理し、効率的なDI対応を実現!

60分

ご視聴はこちら

抽出物/浸出物(Extractables/Leachables)分析の最新情報

医薬品・食品の容器包装を例に、溶出物(抽出物&浸出物)ガイドライン動向と GC/MS、LC/MS、ICP-MS を用いた分析ワークフローをご紹介します。

43分

ご視聴はこちら

2D-LC によるバイオ医薬品特性解析

不揮発性移動相と質量分析の両立、複雑なサンプルの包括的把握、修飾箇所の特定など、抗体医薬特性解析の課題を解決する 2D-LC についてご説明します。

37分

ご視聴はこちら

バイオ医薬品特性解析を加速する Agilent LC/MS ソリューション

ICH Q6B に基づく抗体医薬品の特性解析、規格試験の紹介となります。凝集体、インタクトタンパク、ペプチドマップ、翻訳語修飾、アイソフォーム、糖鎖、ADC 分析をカバーしています。

48分

ご視聴はこちら

HPLC 用表面多孔性カラム Poroshell HILIC カラムとキラルカラムのご紹介

HPLC 分析用表面多孔性カラム InfinityLab Poroshell120HILIC-Z、HILIC-OH5 の2種類の HILIC カラムと4種類のキラルカラムをご紹介します。

39分56秒

ご視聴はこちら

Bravo自動分注機の適用範囲を広げるWorkstation関連機器のご紹介をいたします。

ウェルプレートの分注作業を自動化するBravo分注機。その適用範囲を広げ、ワークフローの効率をさらに高めるWorkstation関連機器のご紹介をいたします。

7分

ご視聴はこちら

多機能自動分注機BravoのAssayMAPを用いたプロテオミクスアプリケーションをご紹介します。

多機能自動分注機Bravoにレジンが充填されたAssayMAPカートリッジによる、マイクロクロマトグラフィーのプロテオミクスアプリケーションをご紹介します。

39分

ご視聴はこちら

多機能自動分注機BravoのAssayMAPを用いた抗体精製アプリケーションをご紹介します。

多機能自動分注機Bravoにレジンが充填されたAssayMAPカートリッジによる、マイクロクロマトグラフィーの抗体精製アプリケーションをご紹介します。

33分

ご視聴はこちら

高性能・多機能・汎用自動分注機BravoのAssayMAPの機能とアプリケーションをご紹介します。

多機能自動分注機Bravoにレジンが充填されたAssayMAPカートリッジによる、マイクロクロマトグラフィーの機能とアプリケーションをご紹介します。

40分

ご視聴はこちら

分析のワークフローとデータインテグリティ

分析ワークフローの各ステージにおいて、データインテグリティを満たしつつ、規制遵守を向上させる方法を説明します。

27分

ご視聴はこちら

データインテグリティ対応で起こるギャップ

データインテグリティ問題を解決するためには、2つのアプローチが必要です。

38分

ご視聴はこちら

クラウド化を推進するための考え方

今ではクラウド化によるメリットは、無視できないものとなっています。

34分

ご視聴はこちら

新しい USP に対応するための AIQ (分析機器適格性評価)

USP の変更点、AIQ の役割とデータインテグリティ、USP に応じる方法について説明します。

43分

ご視聴はこちら

規制査察の劇的な変化に対応しましょう

近年、FDA による査察では、その戦略や焦点が以前他は変わってきています。

31分

ご視聴はこちら

ラボに適したデータ管理ソリューションの選択

効率よく、確実に、一貫性を持ってデータを管理するには自動化が必要です。

16分

ご視聴はこちら

ラボのデータ管理に最適なソリューション

単にデータを管理するだけではなく、目的に合わせることが大事です。

23分

ご視聴はこちら

ソフトウェアバリデーションとは何か

ソフトウェアバリデーションはラボの規制対応にとって重要な項目になります。

31分

ご視聴はこちら

データ管理の最近の動向

要求が高まりつつあるデータ管理に関する対策と運用方法について説明します。

18分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 1

データの完全性に関する歴史的背景とFDAの考え方について説明します。

11分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 2

メーカーの謳い文句と現実、技術コントロールと手順コントロールについて説明します。

10分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 3

ユーザーとして行わなければならないことについて説明します。

11分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 4

シンポジウムにおけるFDAの発言とまとめをご紹介します。

11分

ご視聴はこちら

OpenLab ECM の概要

ラボのデータを安全に集中管理させる OpenLab ECM について説明します。

11分

ご視聴はこちら

OpenLab によるデータインテグリティ対応の紫外可視分光光度計のご紹介

データインテグリティも対応した Agilent Cary 3500 紫外可視分光光度計は、測定スピードの向上、同時測定の実現など実験の効率を追求した分光計です。8 ポジションのマルチセル用モジュールのでは、最大 4 つの温度条件での同時測定、また 8 セル同時測光により検量線作成とサンプル定量の同時測定、等を実現します。

9分

ご登録はこちら

ペプチドの合成技術と分取精製

JITSUBO 株式会社様で収録したペプチド合成、精製からスケールアップまでのワークフローと Open-Bed サンプラ/コレクタのご紹介。

26分

ご登録はこちら

リピドミクスに最適な MassHunter Lipid Annotator ソフトウェア

リピドミクスに最適な、HR-MS/MS データから脂質の同定を行う、MassHunter Lipid Annotator ソフトウェアを紹介します。

17分

ご登録はこちら

原材料受入試験の効率を大幅に改善するハンドヘルドラマン分光装置のご紹介

容器を開封せずに原材料受入試験が可能となり、原材料受入試験に伴う工数短縮など業務効率を大幅に改善するハンドヘルドタイプのラマン分光装置、Vaya をご紹介します。

14分

ご登録はこちら

生き残るラボに必要なこと -品質管理を例に- Part.1

実際の査察をシミュレーションしながら、査察に必要な考え方と受け答えを紹介します。

35分

ご登録はこちら

生き残るラボに必要なこと -品質管理を例に- Part.2

実際の査察をシミュレーションしながら、査察に必要な考え方と受け答えを紹介するウェビナーの Part.2 です。

39分

半導体

ご視聴はこちら

半導体アプリケーションでの無機分析装置選定のポイント

原子吸光、ICP-OES、ICP-MS など各分析法の原理、半導体試料の測定例(ナノ粒子測定なども含めて)などを説明しながら材料アプリケーションにおける選定ポイントをご紹介します。

20分

ご視聴はこちら

spICP-MS によるナノ粒子分析のご紹介

半導体、材料、化成品、環境分野で近年注目を集めている ICP-MS によるナノ粒子分析。ICP-MS でナノ粒子分析をする背景、測定原理や測定パラメータの注意点、更にアプリケーション事例をご紹介します。

22分

ご登録はこちら

半導体プロセス用容器・フィルターの品質管理

半導体分析の最新ソリューション。汚染物質・不純物の包括的品質管理として、無機物質に加えて、溶剤やポリマー材料などから溶出する有機化合物分析についてご説明します。

28分30秒

分野共通

ご視聴はこちら

ヘリウムガス消費量削減と代替キャリアガス変更時のポイントpart-2

ヘリウム (He) ガスは世界的な需給の逼迫により、価格の高騰が続いており、供給の不安定が続いています。消費量削減方法および代替キャリアガスを用いたアプリケーション事例をご紹介します。

25分

ご視聴はこちら

強極性(Wax系)キャピラリカラムの選択にお悩みのGCユーザーは必聴

極性化合物の分離用によく使用されるWax系強極性キャピラリカラムに関して、最新のラインアップと選択法をご紹介します。

18分

ご視聴はこちら

ヘリウムガス消費量削減と代替キャリアガス変更時のポイントpart-1

ヘリウム (He) ガスは世界的な需給の逼迫により、価格の高騰が続いており、供給の不安定が続いています。消費量削減方法および代替キャリアガスへの移行に関してポイントをご紹介します。

30分

ご視聴はこちら

保持時間を高い精度で再現を可能とするツールRTLの使用方法

リテンションタイムロッキング(RTL)は、カラム長さや検出器といった装置構成が異なっていても、保持時間を高い精度で再現することが可能な有用な機能。そのメリットおよび使用方法をご紹介します。

18分

ご視聴はこちら

GC 分析における効率化、生産性向上を実現したいユーザーにお勧めのガスクロマトグラフ

GC ユーザーの要望にお応えした、誰もが GC エキスパートとして使用できる最新スマートコネクテッド GC、Intuvo 9000 をご紹介します。

47分

ご視聴はこちら

コンパクトで迅速測定を実現、高いマトリクス耐性を実現する5110 ICP-OESをご紹介

15分

ご視聴はこちら

コンパクトで迅速測定を実現、高いマトリクス耐性を実現する5110 ICP-OESによる測定事例をご紹介

27分

ご視聴はこちら

ICP-OES のトラブルシューティングとメンテナンス

ICP-OES システムでよく発生するトラブルシューティングとメンテナンスについてわかりやすくご説明します。

50分34秒

ご視聴はこちら

ICP-MS のトラブルシューティングとメンテナンス

ICP-MS システムでよく発生するトラブルシューティングとメンテナンスについてわかりやすくご説明します。

27分30秒

ご視聴はこちら

ファーストシーケンシャル法搭載のフレーム原子吸光およびマイクロ波プラズマ原子発光分光分析のご紹介

一度の吸引で指定したすべての元素を測定するファーストシーケンシャル法を搭載した原子吸光、およびアセチレンなどが不要なマイクロ波プラズマ原子発光分光分析をご紹介します。

37分

ご視聴はこちら

原子吸光(AA)のトラブルシューティングとメンテナンス

原子吸光(AA)システムでよく発生するトラブルシューティングとメンテナンスについてわかりやすくご説明

50分31秒

ご視聴はこちら

HPLC メソッド開発の基礎:第3回 HILIC のメソッド開発

HPLC のメソッド開発のポイントと、逆相クロマトグラフィー(RPC)および親水性相互作用クロマトグラフィー(HILIC)のメソッド開発についてご説明します(全3回)

18分16秒

ご視聴はこちら

HPLC メソッド開発の基礎:第2回 逆相クロマトグラフィーのメソッド開発

HPLC のメソッド開発のポイントと、逆相クロマトグラフィー(RPC)および親水性相互作用クロマトグラフィー(HILIC)のメソッド開発についてご説明します(全3回)

18分4秒

ご視聴はこちら

HPLC メソッド開発の基礎:第1回 HPLC メソッド開発の概要

HPLC のメソッド開発のポイントと、逆相クロマトグラフィー(RPC)および親水性相互作用クロマトグラフィー(HILIC)のメソッド開発についてご説明します(全3回)

12分3秒

ご視聴はこちら

一新した分取精製 LC & LC/MS ソリューション

ターゲット物質を高純度・高回収率で分取精製を達成するためのポイントを解説し、アジレント分取精製システムの特徴と応用例もあわせてご紹介します。

32分

ご視聴はこちら

Cary 60 と光ファイバープローブを装着することによる信頼できる結果を迅速にする事例をご紹介

高速測定、容易操作、低いランニングコストを実現するCary60に光ファイバープローブを装着することにより、液体サンプルをキュベットに移さずに直接測定することができます。

12分

ご視聴はこちら

コンパクトで高感度な測定を可能にし、QA/QC から研究開発まで幅広く対応する FTIR をご紹介

幅広いアッタッチメントと高性能オプティクスを備え、固体、液体サンプル分析において優れた定量および定性データが得らる FTIR をご紹介します。

14分

ご視聴はこちら

コンパクトで高感度な測定を可能にし、QA/QC から研究開発まで幅広く対応する FTIR のデモ

幅広いアッタッチメントと高性能オプティクスを備え、固体、液体サンプル分析において優れた定量および定性データが得られる 630FTIR が非常に簡単に操作できることをご紹介します。

15分26秒

ご視聴はこちら

マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のご紹介

アセチレンなどの可燃性ガスを使わず低いランニングコストでppbレベルまでの検出下限を実現するマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のご紹介します。

23分45秒

ご視聴はこちら

マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のデモ

アセチレンなどの可燃性ガスを使わず低いランニングコストでppbレベルまでの検出下限を実現するマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のデモをご紹介します。

13分54秒

ご視聴はこちら

【第1回】  固相抽出の基礎 

SPE (固相抽出) は何のために行うの?どんなメカニズムなの?固相抽出の仕組みや基本的な手順をご説明します。

20分50秒

ご視聴はこちら

【第2回】  固相抽出の種類と選び方(逆相、順相編)

固相抽出カラムにはさまざまな種類があります。逆相、順相カラムの仕組みや選び方、使用手順について詳しくご説明します。

28分41秒

ご視聴はこちら

【第3回】  固相抽出の種類と選び方(イオン交換編)

イオン交換カラムの種類と選び方や適しているサンプル、使用手順についてご説明します。

26分58秒

ご視聴はこちら

【第4回】  特殊な固相抽出カラムと前処理製品 

第3回までにご紹介できなかった特殊な固相抽出カラムをご紹介。カーボンカラムや金属除去カラム、QuEChERS キットなど、特定のアプリケーションにフォーカスしたカラムについてご説明します。

17分17秒

ご視聴はこちら

【第5回】  食品分析向け サンプル前処理

第1回~第4回でご紹介した固相抽出製品の中から、食品分析での実際の使用例や、ポジティブリスト制度で推奨されている固相抽出の試験法についてご説明します。

30分24秒

ご視聴はこちら

【第6回】  医薬品分析向け サンプル前処理

第1回~第4回でご紹介した固相抽出製品の中から、医薬品分析でよく用いられるポリマ系固相抽出製品、また、タンパク除去フィルタ、DMSカード(血液前処理用乾燥マトリクススポッティングカード)と使用例についてご説明します。

34分56秒

ご視聴はこちら

【第1回】 HPLC による分離モードの違いとその分離機構

液クロの分離の仕組みを学びましょう!分離モードの違いから分離のメカニズムまでご説明します。

25分44秒

ご視聴はこちら

【第2回】 逆相分析メソッド開発の考え方

液クロ分析の定番、逆相クロマトのカラムの選び方、メソッド開発の基礎を学びましょう。

13分9秒

ご視聴はこちら

【第3回】 高速分析カラムと一般的な LC を組み合わせた高速分析について

普通の液クロで高速分析をするには?あなたの液クロで、もっとたくさん分析をするためのノウハウがよくわかります。

27分23秒

ご視聴はこちら

【第4回】 逆相 LC分析 トラブルシューティング

ピーク形状が悪い!リテンションタイムが変わった!液クロ分析におけるさまざまなトラブルの原因と解決方法を理解しましょう。

38分33秒

ご視聴はこちら

【第5回】 HPLC の可能性を拡げる Agilent のコアシェル型カラム Poroshell120 について

LC カラムの新技術コアシェル構造を持つ Poroshell 120 カラムの仕組み、既存メソッドを移管する際の注意点、アプリケーション例を分かりやすくご紹介します。

36分24秒

ご視聴はこちら

【第6回】 バイオ医薬品・タンパク質・ペプチド向け Agilent の HPLC カラムについて

タンパク質・ペプチド分析で使われるサイズ排除、イオン交換カラムにおいても高速高分離で耐久性の高いカラムが登場!カラムの種類別に、特徴と分析例をご紹介します。

26分14秒

ご視聴はこちら

【第1回】 キャピラリGCのキャリアガス

キャピラリ GC 分析におけるキャリアガスの役割や、ガスの種類による分離の違いがよくわかります!

26分45秒

ご視聴はこちら

【第2回】 キャピラリカラムの分離のメカニズム

なぜサンプルが分離するのか? もっとキレイに分離するには? キャピラリカラムの分離の仕組みを知るにはこれ!

25分10秒

ご視聴はこちら

【第3回】 最適な分離を得られるためのキャピラリカラムの選び方と注意点
(1)キャピラリカラムの選択方法

キャピラリカラムはどうやって選べばよいの? カラムを正しく選択するために知っておくべき基礎がよくわかります!

36分47秒

ご視聴はこちら

【第4回】 最適な分離を得られるためのキャピラリカラムの選び方と注意点
(2)キャピラリカラムのメンテナンス

キャピラリカラムを長持ちさせるには? カラムのコンディショニングから劣化対策までこれ1本!

24分53秒

ご視聴はこちら

OpenLab CDSクロマト分析の完全自動化で効率を高め【働き方改革】を推進!

ペーパーレスだけではもう古い。LIMS などの上位システムとも連携し、効率的で完全自動化の計画分析を可能に。データのバックアップはクラウドにも対応済み。

50分

ご視聴はこちら

データインテグリティを確保するためのピーク積分の考え方

ピーク積分の方法や、その管理についても査察で指摘を受ける可能性があります。

43分

ご視聴はこちら

クロマトグラフィーのレポート作成を快適に

面倒なレポート作成を簡単にするレポート作成ツールについて説明します。

24分

ご視聴はこちら

クロマトグラフィーデータシステムのアップグレード Part.1

ソフトウェアが変わることに対する不安と、それを上回る大きなメリットについて説明します。

32分

ご視聴はこちら

クロマトグラフィーデータシステムのアップグレード Part.2

新しいクロマトグラフィーデータシステムの新しい機能について説明します。

17分

ご登録はこちら

最先端の光学技術を搭載した ICP-OES の特長と実試料への応用

スマート新機能による分析効率の向上をはじめ、光学設計の最適化による検出下限および分解能向上、基礎データおよびアプリケーション事例などをご紹介します。

28分47秒

ご登録はこちら

アジレントの元素分析のポートフォリオのご紹介

原子吸光からトリプル四重極 ICP-MS までのポートフォリオをご紹介します。

19分09秒

ご登録はこちら

錠剤含有成分分布や結晶多形等の評価を実現する LDIR ケミカルイメージングのご紹介

光源に赤外レーザーを採用した全く新しいコンセプトの赤外イメージング装置による簡単で迅速な材料評価の事例をご紹介させていただきます。

9分35秒

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<LC と LC/MSD>

19分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<LC/TQ と LC(Q)TOF>

18分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<GC と GC/MS>

14分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-MS>

18分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-OES (5100/5110/5800/5900)>

12分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-OES (5 Vista/700 sereise)>

10分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<原子吸光>

8分

ご登録はこちら

HPLC OpenLab CDS ChemStation オペレーション基礎 - 結果セット

HPLC OpenLab CDS ChemStation の使い方をわかりやすく説明します!! 本編は結果セットの章のみの公開となります。全60分の e ラーニングコースは有償でのご提供となります。

11分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <LC と LC/MSD>

装置の機能維持とメンテナンス方法

19分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <LC/TQ と LC(Q)TOF>

装置の機能維持とメンテナンス方法

12分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <GC>

装置の機能維持とメンテナンス方法

18分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <GC/MS>

装置の機能維持とメンテナンス方法

18分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <ICP-MS>

装置の機能維持とメンテナンス方法

26分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <ICP-OES>

装置の機能維持とメンテナンス方法

27分

ご登録はこちら

バイオ LC によるバイオ医薬品特性解析と精製事例

20分

ご登録はこちら

GC による手指用消毒剤の分析

20分

ご登録はこちら

FTIR による消毒剤中のアルコール濃度の分析

17分

ご登録はこちら

フェイスマスクの残留エチレンオキサイド分析

20分

機種別

Informatics (OpenLab)

ご視聴はこちら

データインテグリティ~今できるDI対策~

クロマトデータシステムOpenLab CDSとラボのあらゆる電子ファイル管理し、効率的なDI対応を実現!

60分

ご視聴はこちら

OpenLab CDSクロマト分析の完全自動化で効率を高め【働き方改革】を推進!

ペーパーレスだけではもう古い。LIMS などの上位システムとも連携し、効率的で完全自動化の計画分析を可能に。データのバックアップはクラウドにも対応済み。

50分

ご視聴はこちら

分析のワークフローとデータインテグリティ

分析ワークフローの各ステージにおいて、データインテグリティを満たしつつ、規制遵守を向上させる方法を説明します。

27分

ご視聴はこちら

データインテグリティ対応で起こるギャップ

データインテグリティ問題を解決するためには、2つのアプローチが必要です。

38分

ご視聴はこちら

クラウド化を推進するための考え方

今ではクラウド化によるメリットは、無視できないものとなっています。

34分

ご視聴はこちら

データインテグリティを確保するためのピーク積分の考え方

ピーク積分の方法や、その管理についても査察で指摘を受ける可能性があります。

43分

ご視聴はこちら

新しい USP に対応するための AIQ (分析機器適格性評価)

USP の変更点、AIQ の役割とデータインテグリティ、USP に応じる方法について説明します。

43分

ご視聴はこちら

規制査察の劇的な変化に対応しましょう

近年、FDA による査察では、その戦略や焦点が以前他は変わってきています。

31分

ご視聴はこちら

ラボに適したデータ管理ソリューションの選択

効率よく、確実に、一貫性を持ってデータを管理するには自動化が必要です。

16分

ご視聴はこちら

ラボのデータ管理に最適なソリューション

単にデータを管理するだけではなく、目的に合わせることが大事です。

23分

ご視聴はこちら

ソフトウェアバリデーションとは何か

ソフトウェアバリデーションはラボの規制対応にとって重要な項目になります。

31分

ご視聴はこちら

データ管理の最近の動向

要求が高まりつつあるデータ管理に関する対策と運用方法について説明します。

18分

ご視聴はこちら

高度なクロマトグラフィーレポート作成機能

最新のレポート作成機能による、ラボデータの品質向上をご覧いただけます。

30分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 1

データの完全性に関する歴史的背景とFDAの考え方について説明します。

11分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 2

メーカーの謳い文句と現実、技術コントロールと手順コントロールについて説明します。

10分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 3

ユーザーとして行わなければならないことについて説明します。

11分

ご視聴はこちら

製薬企業の品質管理部門におけるデータの完全性 Part 4

シンポジウムにおけるFDAの発言とまとめをご紹介します。

11分

ご視聴はこちら

クロマトグラフィーのレポート作成を快適に

面倒なレポート作成を簡単にするレポート作成ツールについて説明します。

24分

ご視聴はこちら

クロマトグラフィーデータシステムのアップグレード Part.1

ソフトウェアが変わることに対する不安と、それを上回る大きなメリットについて説明します。

32分

ご視聴はこちら

クロマトグラフィーデータシステムのアップグレード Part.2

新しいクロマトグラフィーデータシステムの新しい機能について説明します。

17分

ご視聴はこちら

OpenLab ECM の概要

ラボのデータを安全に集中管理させる OpenLab ECM について説明します。

11分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 1. GC 分析の概要

前提となる GC によるバイオディーゼル分析について説明します。

14分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 2. OpenLab Data Analysis によるピーク同定

GC によるバイオディーゼル分析のデータ解析方法①

14分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 3. OpenLab Data Analysis によるキャリブレーションと定量

GC によるバイオディーゼル分析のデータ解析方法②

12分

ご視聴はこちら

OpenLab Data Analysis とインテリジェントレポート
Part 4. インテリジェントレポートによるレポート作成

GC によるバイオディーゼル分析のレポート作成について説明します。

21分

ご登録はこちら

生き残るラボに必要なこと -品質管理を例に- Part.1

実際の査察をシミュレーションしながら、査察に必要な考え方と受け答えを紹介します。

35分

ご登録はこちら

HPLC OpenLab CDS ChemStation オペレーション基礎 - 結果セット

HPLC OpenLab CDS ChemStation の使い方をわかりやすく説明します!! 本編は結果セットの章のみの公開となります。全60分の e ラーニングコースは有償でのご提供となります。

11分

ご登録はこちら

生き残るラボに必要なこと -品質管理を例に- Part.2

実際の査察をシミュレーションしながら、査察に必要な考え方と受け答えを紹介するウェビナーの Part.2 です。

39分

LC・LC/MS

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<HPLCとLC/MS>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

13分

ご視聴はこちら

LC/MSD iQデモウェビナー1:『使いやすい質量検出器で LC の生産性が飛躍的に向上』

LCのメソッドに合わせて最適な設定を自動で行うAuto Acquireなど、多くのインテリジェンスを搭載したLC/MSD iQの紹介をします。。

23分

ご視聴はこちら

LC/MSD iQデモウェビナー2:『OpenLab CDS ソフトウェア:LC/MS をもっと簡単に』

LC/MSD iQの魅力を簡単に引き出す OpenLab CDS ソフトウェアを紹介します。

15分

ご視聴はこちら

LC/MSD iQデモウェビナー3:『複雑なラボのワークフローを簡単に:MassHunter WalkUp』

ルーチン分析とデータ管理を効率的に行うMassHunter WalkUpの紹介をします。分析とシステム管理がさらに効率アップする様子を紹介します。

21分

ご視聴はこちら

LC/MSD iQの魅力を簡単に引き出す OpenLab CDS ソフトウェアを紹介します。

21分

ご視聴はこちら

自動アフィニティ精製とLC/Q-TOFによる抗体の直接定量(前半)

インタクト抗体を直接測定するTop-down及びMiddle-downアプローチについて、自動分注装置を使用した前処理の具体例をご紹介します。

14分

ご視聴はこちら

自動アフィニティ精製とLC/Q-TOFによる抗体の直接定量(後半)

LC/高分解能MSによるインタクト抗体の直接定量とサブユニット定量について、従来のボトムアップ(ペプチド定量)と比較しながら解説します。

14分

ご視聴はこちら

中分子医薬品の精製から分析まで

ペプチド、核酸医薬などの中分子医薬の市場動向、アジレントの核酸医薬受託製造、中分子医薬の HPLC メソッド開発、2D-LC 活用事例をご紹介します。

33分

ご視聴はこちら

HPLC メソッド開発の基礎:第3回 HILICのメソッド開発

HPLC のメソッド開発のポイントと、逆相クロマトグラフィー(RPC)および親水性相互作用クロマトグラフィー(HILIC)のメソッド開発についてご説明します(全3回)

18分16秒

ご視聴はこちら

HPLC メソッド開発の基礎:第2回 逆相クロマトグラフィーのメソッド開発

HPLC のメソッド開発のポイントと、逆相クロマトグラフィー(RPC)および親水性相互作用クロマトグラフィー(HILIC)のメソッド開発についてご説明します(全3回)

18分4秒

ご視聴はこちら

HPLC メソッド開発の基礎:第1回 HPLC メソッド開発の概要

HPLC のメソッド開発のポイントと、逆相クロマトグラフィー(RPC)および親水性相互作用クロマトグラフィー(HILIC)のメソッド開発についてご説明します(全3回)

12分3秒

ご視聴はこちら

2D-LC によるバイオ医薬品特性解析

不揮発性移動相と質量分析の両立、複雑なサンプルの包括的把握、修飾箇所の特定など、抗体医薬特性解析の課題を解決する 2D-LC についてご説明します。

37分

ご視聴はこちら

バイオ医薬品特性解析を加速する Agilent LC/MS ソリューション

ICH Q6B に基づく抗体医薬品の特性解析、規格試験の紹介となります。凝集体、インタクトタンパク、ペプチドマップ、翻訳語修飾、アイソフォーム、糖鎖、ADC分析をカバーしています。

48分

ご視聴はこちら

HPLC に一体化された高感度検出器、Ultivo トリプル四重極 LC/MS をご紹介します。

LC/MS の常識を覆す設計で従来比3分の1のサイズに超小型化、HPLC と一体型になった Ultivo トリプル四重極 LC/MS の特徴をご紹介します。

41分

ご視聴はこちら

一新した分取精製LC & LC/MS ソリューション

ターゲット物質を高純度・高回収率で分取精製を達成するためのポイントを解説し、アジレント分取精製システムの特徴と応用例もあわせてご紹介します。

32分

ご視聴はこちら

HPLC 用表面多孔性カラム Poroshell HILIC カラムとキラルカラムのご紹介

HPLC 分析用表面多孔性カラム InfinityLab Poroshell120HILIC-Z、HILIC-OH5 の2種類の HILIC カラムと4種類のキラルカラムをご紹介します。

39分56秒

ご登録はこちら

ペプチドの合成技術と分取精製

JITSUBO 株式会社様で収録したペプチド合成、精製からスケールアップまでのワークフローと Open-Bed サンプラ/コレクタのご紹介。

26分

ご登録はこちら

リピドミクスに最適な MassHunter Lipid Annotator ソフトウェア

リピドミクスに最適な、HR-MS/MS データから脂質の同定を行う、MassHunter Lipid Annotator ソフトウェアを紹介します。

17分

ご登録はこちら

トリプル四重極 LC-MS による親水性化合物の分析 - HILIC および逆相カラムの詳細な比較 -

アミノ酸と親水性ビタミンを対象に、トリプル四重極 LC-MS 検出器を用いて HILIC および逆相カラムの詳細な比較検討を行いました。HILIC と RPLC の選択は、クロマトグラフ分離要件、分析物の極性と溶解度、サンプル溶媒の性質、などを考慮しバランスをとる事が大切であると考えられます。
参考資料:アプリケーションノート 5994-1137JAJP

6分

ご登録はこちら

超小型シングル四重極型 LC/MS の UV 吸収を持たない化合物への適用

最新の LC/MS を用いたUV吸収を持たないグリセロールやエチレングリコール、糖及び脂肪酸の分析例を RID や ELSD と比較しながら紹介します。
参考資料:アプリケーションノート LC-MS-201909HK-001、LC-MS-201912ND-001

6分

ご登録はこちら

2D-LC/MS を用いた合成核酸のイオン交換分離およびオンライン脱塩

合成核酸のイオン交換クロマトグラフィーはプロセス管理のため重要です。イオン交換による分離をおこない、そのまま MS で検出することは通常困難ですが、Agilent 2D-LC/MS が不可能を可能にします。
参考資料:アプリケーションノート LC-MS-202004NA-001

5分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<LC と LC/MSD>

8分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<LC/TQ と LC(Q)TOF>

18分

ご登録はこちら

水道水質・環境分析ソリューション‐DAY1:
有機フッ素化合物および陰イオン類の分析、農薬および PCB の分析など

「水道水質・環境分析セミナー2020」ウェビナーのアジレント・テクノロジー講演と同日開催したウェビナー「試薬と分析の最新の話題」のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。有機フッ素化合物(PFOS/PFOA 等)の LC/MS/MS 分析、PCB や農薬類の GC/MS 分析、マイクロプラスチックの LDIR 分析、環境スクリーニング分析、金属類の ICP-OES および ICP-MS 分析のポイント、アジレントのグローバルサポートの内容です。

48分

ご登録はこちら

半導体プロセス用容器・フィルターの品質管理

半導体分析の最新ソリューション。汚染物質・不純物の包括的品質管理として、無機物質に加えて、溶剤やポリマー材料などから溶出する有機化合物分析についてご説明します。

28分30秒

ご登録はこちら

HPLC OpenLab CDS ChemStation オペレーション基礎 - 結果セット

HPLC OpenLab CDS ChemStation の使い方をわかりやすく説明します!! 本編は結果セットの章のみの公開となります。全60分の e ラーニングコースは有償でのご提供となります。

11分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <LC と LC/MSD>

装置の機能維持とメンテナンス方法

19分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <LC/TQ と LC(Q)TOF>

装置の機能維持とメンテナンス方法

12分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

バイオ LC によるバイオ医薬品特性解析と精製事例

20分

GC・GC/MS

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<GCとGC/MS>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

14分

ご視聴はこちら

ヘリウムガス消費量削減と代替キャリアガス変更時のポイントpart-2

ヘリウム (He) ガスは世界的な需給の逼迫により、価格の高騰が続いており、供給の不安定が続いています。消費量削減方法および代替キャリアガスを用いたアプリケーション事例をご紹介します。

25分

ご視聴はこちら

ヘリウムガス消費量削減と代替キャリアガス変更時のポイントpart-1

ヘリウム (He) ガスは世界的な需給の逼迫により、価格の高騰が続いており、供給の不安定が続いています。消費量削減方法および代替キャリアガスへの移行に関してポイントをご紹介します。

30分

ご視聴はこちら

保持時間を高い精度で再現を可能とするツールRTLの使用方法

リテンションタイムロッキング(RTL)は、カラム長さや検出器といった装置構成が異なっていても、保持時間を高い精度で再現することが可能な有用な機能。そのメリットおよび使用方法をご紹介します。

18分

ご視聴はこちら

GC 分析における効率化、生産性向上を実現したいユーザーにお勧めのガスクロマトグラフ

GC ユーザーの要望にお応えした、誰もが GC エキスパートとして使用できる最新スマートコネクテッド GC、Intuvo 9000 をご紹介します。

47分

ご視聴はこちら

RoHS 指令フタル酸エステル類の分析は、アジレントにおまかせください。

アジレントフタル酸エステルスクリーナーの特長をご紹介します。

48分

ご視聴はこちら

GC/MS を用いた食品や化成品など発生する異臭分析を行っているユーザーは必聴

食品および化成品などから発生する異臭原因物質と官能情報を統合した GC/MS 用データベース(MassHunter用)をご紹介します。

48分

ご登録はこちら

GC/MS による含フッ素化合物の判別方法

GC/MS で分子中のフッ素の有無を判定する方法について検討し、PICI で [M-F]+ を確認する方法の有効性を明らかにした。本手法は未知ピークの正確な分子組成計算に貢献すると考えられる。

11分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<GC と GC/MS>

14分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第1回) セッション1

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第1回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第1回) セッション2

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第1回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第2回) セッション3

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第2回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー
オンデマンド版(第2回) セッション4

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。 視聴できなかったお客様に朗報です。ご好評いただいた4月に開催した第2回のウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。

28分

ご登録はこちら

「試薬と分析の最新の話題」から分析に関する最新の話題:
GC/MS 食品/環境ソリューション、マイクロプラスチックの分析、グローバル分析ラボが導入を進めるメーカーサポート

「水道水質・環境分析セミナー2020」ウェビナーのアジレント・テクノロジー講演と同日開催したウェビナー「試薬と分析の最新の話題」のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。有機フッ素化合物(PFOS/PFOA 等)の LC/MS/MS 分析、PCB や農薬類の GC/MS 分析、マイクロプラスチックの LDIR 分析、環境スクリーニング分析、金属類の ICP-OES および ICP-MS 分析のポイント、アジレントのグローバルサポートの内容です。

67分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <GC>

装置の機能維持とメンテナンス方法

18分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <GC/MS>

装置の機能維持とメンテナンス方法

18分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第3回(中級編)
ダイナミックヘッドスペース(DHS)法に関して

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。第3回目は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、ダイナミックヘッドスペース(DHS)法についてご紹介します。

23分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第3回(中級編)
DHS を用いた事例の紹介

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。第3回目は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、ダイナミックヘッドスペース(DHS)法についてご紹介します。

30分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第4回(初級編)
香気分析に有用な分離技術(スプリッタ、ハートカッティングなど)part 1

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第4回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの初級編として、夾雑成分の多い香気分析では分離は重要であることから、香気分析に有用な分離技術としてスプリッターやハートカティングなどついてご紹介します。

25分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第4回(初級編)
香気分析に有用な分離技術(スプリッタ、ハートカッティングなど)part 2

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第4回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの初級編として、夾雑成分の多い香気分析では分離は重要であることから、香気分析に有用な分離技術としてスプリッターやハートカティングなどついてご紹介します。

18分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第5回(中級編)
Twister を用いた SBSE の原理と特徴

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第5回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析における Twister を用いた試料前処理技術の SBSE 法(Stir Bar Sorptive Extraction)をご紹介します。

28分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー 第5回(中級編)
FLEX-Twister を用いた SA-SBSE による感度、網羅性の向上

GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第5回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析における Twister を用いた試料前処理技術の SBSE 法(Stir Bar Sorptive Extraction)をご紹介します。

24分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー中級編(第6回)
SA-SBSE を使用したアプリケーションのご紹介 part 1

今回の第6回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析におけるFLEX-Twisterを用いたSA-SBSE法(Solvent Assisted Stir Bar Sorptive Extraction)に関して、使用した事例とともにご紹介いたします。SA-SBSE法は、従来のSBSE法では難しかった、水溶性、極性の高い化合物の濃縮が期待できます。

31分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー中級編(第6回)
SA-SBSE を使用したアプリケーションのご紹介 part 2

今回の第6回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、香気分析におけるFLEX-Twisterを用いたSA-SBSE法(Solvent Assisted Stir Bar Sorptive Extraction)に関して、使用した事例とともにご紹介いたします。SA-SBSE法は、従来のSBSE法では難しかった、水溶性、極性の高い化合物の濃縮が期待できます。

21分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第8回(中級編)
セッション15:2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC の紹介 part-1

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第8回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、多次元 GC-MS 技術を応用した事例として、2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC に関してご紹介します。

26分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第8回(中級編)
セッション16:2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC の紹介 part-2

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第8回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、多次元 GC-MS 技術を応用した事例として、2次元 GC-MS、およびにおい嗅ぎ/分取 GC に関してご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

GC による手指用消毒剤の分析

20分

ご登録はこちら

フェイスマスクの残留エチレンオキサイド分析

20分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第7回(中級編)
セッション13:香気分析に有用なデータ解析技術 part-1

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第7回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、測定したデータから効率的に香気成分を解析する技術やツールなどをご紹介します。

23分

ご登録はこちら

GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー第7回(中級編)
セッション14:香気分析に有用なデータ解析技術 part-2

GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。今回の第7回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編として、測定したデータから効率的に香気成分を解析する技術やツールなどをご紹介します。

33分

元素分析

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<ICP-MS>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

24分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<ICP-OES 5100/5110/5800/5900>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

11分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<ICP-OES Vista/700シリーズ>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

7分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<原子吸光>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

11分

ご視聴はこちら

食品アプリケーションにおける最適な無機分析装置の選び方

公定法で採用されている無機元素分析法、各分析法の原理、各分析法の比較、各装置における共存元素による干渉注意点等を説明しながら無機分析装置の選び方をご紹介します。

33分

ご視聴はこちら

環境アプリケーションにおいて最適な元素分析装置の選び方

公定法で採用されている無機元素分析法、各分析法の原理及び比較、水道水、環境水、排水、土壌、大気などの分析例などを説明しながら無機分析装置の選び方をご紹介します。

20分

ご視聴はこちら

材料アプリケーションでの無機分析装置選定のポイント

原子吸光、ICP-OES、ICP-MS など各分析法の原理、材料試料の測定例などを説明しながら材料アプリケーションにおける選定ポイントをご紹介します。

31分

ご視聴はこちら

半導体アプリケーションでの無機分析装置選定のポイント

原子吸光、ICP-OES、ICP-MS など各分析法の原理、半導体試料の測定例(ナノ粒子測定なども含めて)などを説明しながら材料アプリケーションにおける選定ポイントをご紹介します。

20分

ご視聴はこちら

コンパクトで迅速測定を実現、高いマトリクス耐性を実現する5110 ICP-OESをご紹介

15分

ご視聴はこちら

コンパクトで迅速測定を実現、高いマトリクス耐性を実現する5110 ICP-OESによる測定事例をご紹介

27分

ご視聴はこちら

ICP-OES のトラブルシューティングとメンテナンス

ICP-OES システムでよく発生するトラブルシューティングとメンテナンスについてわかりやすくご説明します。

50分34秒

ご視聴はこちら

ICP-MS のトラブルシューティングとメンテナンス

ICP-MS システムでよく発生するトラブルシューティングとメンテナンスについてわかりやすくご説明します。

27分30秒

ご視聴はこちら

ファーストシーケンシャル法搭載のフレーム原子吸光およびマイクロ波プラズマ原子発光分光分析のご紹介

一度の吸引で指定したすべての元素を測定するファーストシーケンシャル法を搭載した原子吸光、およびアセチレンなどが不要なマイクロ波プラズマ原子発光分光分析をご紹介します。

37分

ご視聴はこちら

原子吸光(AA)のトラブルシューティングとメンテナンス

原子吸光(AA)システムでよく発生するトラブルシューティングとメンテナンスについてわかりやすくご説明

50分31秒

ご視聴はこちら

マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のご紹介

アセチレンなどの可燃性ガスを使わず低いランニングコストでppbレベルまでの検出下限を実現するマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のご紹介します。

23分45秒

ご視聴はこちら

マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のデモ

アセチレンなどの可燃性ガスを使わず低いランニングコストでppbレベルまでの検出下限を実現するマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のデモをご紹介します。

13分54秒

ご視聴はこちら

ICP-MS を用いた食品ミネラル分析とその可能性

高感度でマトリックス耐性、広いダイナミックレンジを搭載した ICP-MS での食品ミネラル分析をご紹介します。

62分10秒

ご視聴はこちら

spICP-MS によるナノ粒子分析のご紹介

半導体、材料、化成品、環境分野で近年注目を集めている ICP-MS によるナノ粒子分析。ICP-MS でナノ粒子分析をする背景、測定原理や測定パラメータの注意点、更にアプリケーション事例をご紹介します。

22分

ご登録はこちら

Agilent 8900 ICP-QQQ による希土類元素中の希土類元素分析のご紹介

CP-MS における希土類元素中の希土類元素分析の課題であるスペクトル干渉をトリプル四重極 ICP-MS によりどのように解決できるか紹介します。

13分

ご登録はこちら

最先端の光学技術を搭載した ICP-OES の特長と実試料への応用

スマート新機能による分析効率の向上をはじめ、光学設計の最適化による検出下限および分解能向上、基礎データおよびアプリケーション事例などをご紹介します。

28分47秒

ご登録はこちら

アジレントの元素分析のポートフォリオのご紹介

原子吸光からトリプル四重極 ICP-MS までのポートフォリオをご紹介します。

19分09秒

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-MS>

18分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-OES (5100/5110/5800/5900)>

12分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-OES (5 Vista/700 sereise)>

10分

ご登録はこちら

LC-ICP-MS システムによる六価クロム分析のご紹介

六価クロムに関しての最近の動向をはじめ、六価クロム分析事例、Agilent LC-ICP-MS システムの優れた操作性等をご紹介します。

20分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <ICP-MS>

装置の機能維持とメンテナンス方法

26分

ご登録はこちら

ICP-OES と ICP-MS における定量分析の留意点 ~ 装置メンテナンスのポイント

2020年10月16日に開催された環境分析ウェビナー2020のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。

44分

ご登録はこちら

食データサイエンス:料理・加工食品に潜む構築原理をデータサイエンスで解明できるか?(奈良先端科学技術大学院大学 金谷重彦先生ご講演)

2020年10月9日に開催された食データサイエンスウェビナーの特別講演のビデオです。

58分

ご登録はこちら

リスクバランスからみた食品の安全性:前半(摂南大学 平原嘉親先生ご講演)

2020年10月23日に開催されたアジレント食品ウェビナーの特別講演1のビデオ(前半)です。

79分

ご登録はこちら

リスクバランスからみた食品の安全性:後半(摂南大学 平原嘉親先生ご講演)

2020年10月23日に開催されたアジレント食品ウェビナーの特別講演1のビデオ(後半)です。

45分

分光分析

ご視聴はこちら

光学材料、薄膜、フィルムなどを安定・迅速に測定可能な紫外可視分光光度計のご紹介

Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計は、入射角度及び検出角度が可変で任意に設定でき、絶対反射率や透過率をあらゆる角度で自動測定が可能です。

12分

ご視聴はこちら

Cary 60 と光ファイバープローブを装着することによる信頼できる結果を迅速にする事例をご紹介

高速測定、容易操作、低いランニングコストを実現するCary60に光ファイバープローブを装着することにより、液体サンプルをキュベットに移さずに直接測定することができます。

12分

ご視聴はこちら

コンパクトで高感度な測定を可能にし、QA/QC から研究開発まで幅広く対応する FTIR をご紹介

幅広いアッタッチメントと高性能オプティクスを備え、固体、液体サンプル分析において優れた定量および定性データが得らる FTIR をご紹介します。

14分

ご視聴はこちら

コンパクトで高感度な測定を可能にし、QA/QC から研究開発まで幅広く対応する FTIR のデモ

幅広いアッタッチメントと高性能オプティクスを備え、固体、液体サンプル分析において優れた定量および定性データが得られる 630FTIR が非常に簡単に操作できることをご紹介します。

15分26秒

ご視聴はこちら

マイクロプラスチック高速自動分析を実現する赤外イメージング

LDIR ケミカルイメージングシステムを用いたマイクロプラスチック分析は、FTIR システムによる赤外イメージングと比べ 100 倍以上の測定領域の拡大、および測定時間の短縮を実現する。本講演では測定例などを紹介します。

12分

ご視聴はこちら

OpenLab によるデータインテグリティ対応の紫外可視分光光度計のご紹介

データインテグリティも対応した Agilent Cary 3500 紫外可視分光光度計は、測定スピードの向上、同時測定の実現など実験の効率を追求した分光計です。8 ポジションのマルチセル用モジュールのでは、最大 4 つの温度条件での同時測定、また 8 セル同時測光により検量線作成とサンプル定量の同時測定、等を実現します。

9分

ご登録はこちら

原材料受入試験の効率を大幅に改善するハンドヘルドラマン分光装置のご紹介

容器を開封せずに原材料受入試験が可能となり、原材料受入試験に伴う工数短縮など業務効率を大幅に改善するハンドヘルドタイプのラマン分光装置、Vaya をご紹介します。

14分

ご登録はこちら

錠剤含有成分分布や結晶多形等の評価を実現する LDIR ケミカルイメージングのご紹介

光源に赤外レーザーを採用した全く新しいコンセプトの赤外イメージング装置による簡単で迅速な材料評価の事例をご紹介させていただきます。

9分35秒

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<原子吸光>

8分

ご登録はこちら

水道水質・環境分析ソリューション‐DAY2:
ICP-OES および ICP-MS による分析など

「水道水質・環境分析セミナー2020」ウェビナーのアジレント・テクノロジー講演と同日開催したウェビナー「試薬と分析の最新の話題」のアジレント・テクノロジー講演のビデオです。有機フッ素化合物(PFOS/PFOA 等)の LC/MS/MS 分析、PCB や農薬類の GC/MS 分析、マイクロプラスチックの LDIR 分析、環境スクリーニング分析、金属類の ICP-OES および ICP-MS 分析のポイント、アジレントのグローバルサポートの内容です。

40分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <ICP-OES>

装置の機能維持とメンテナンス方法

27分

ご登録はこちら

FTIR による消毒剤中のアルコール濃度の分析

17分

自動化ソリューション

ご視聴はこちら

Bravo自動分注機の適用範囲を広げるWorkstation関連機器のご紹介をいたします。

ウェルプレートの分注作業を自動化するBravo分注機。その適用範囲を広げ、ワークフローの効率をさらに高めるWorkstation関連機器のご紹介をいたします。

7分

ご視聴はこちら

多機能自動分注機BravoのAssayMAPを用いたプロテオミクスアプリケーションをご紹介します。

多機能自動分注機Bravoにレジンが充填されたAssayMAPカートリッジによる、マイクロクロマトグラフィーのプロテオミクスアプリケーションをご紹介します。

39分

ご視聴はこちら

多機能自動分注機BravoのAssayMAPを用いた抗体精製アプリケーションをご紹介します。

多機能自動分注機Bravoにレジンが充填されたAssayMAPカートリッジによる、マイクロクロマトグラフィーの抗体精製アプリケーションをご紹介します。

33分

ご視聴はこちら

高性能・多機能・汎用自動分注機BravoのAssayMAPの機能とアプリケーションをご紹介します。

多機能自動分注機Bravoにレジンが充填されたAssayMAPカートリッジによる、マイクロクロマトグラフィーの機能とアプリケーションをご紹介します。

40分

前処理

ご視聴はこちら

【第1回】  固相抽出の基礎 

SPE (固相抽出) は何のために行うの?どんなメカニズムなの?固相抽出の仕組みや基本的な手順をご説明します。

20分50秒

ご視聴はこちら

【第2回】  固相抽出の種類と選び方(逆相、順相編)

固相抽出カラムにはさまざまな種類があります。逆相、順相カラムの仕組みや選び方、使用手順について詳しくご説明します。

28分41秒

ご視聴はこちら

【第3回】  固相抽出の種類と選び方(イオン交換編)

イオン交換カラムの種類と選び方や適しているサンプル、使用手順についてご説明します。

26分58秒

ご視聴はこちら

【第4回】  特殊な固相抽出カラムと前処理製品 

第3回までにご紹介できなかった特殊な固相抽出カラムをご紹介。カーボンカラムや金属除去カラム、QuEChERS キットなど、特定のアプリケーションにフォーカスしたカラムについてご説明します。

17分17秒

ご視聴はこちら

【第5回】  食品分析向け サンプル前処理

第1回~第4回でご紹介した固相抽出製品の中から、食品分析での実際の使用例や、ポジティブリスト制度で推奨されている固相抽出の試験法についてご説明します。

30分24秒

ご視聴はこちら

【第6回】  医薬品分析向け サンプル前処理 

第1回~第4回でご紹介した固相抽出製品の中から、医薬品分析でよく用いられるポリマ系固相抽出製品、また、タンパク除去フィルタ、DMSカード(血液前処理用乾燥マトリクススポッティングカード)と使用例についてご説明します。

34分56秒

ご登録はこちら

リピドミクスに最適な前処理新製品

リピドミクスに最適な前処理新製品を紹介します。

9分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

LCカラム

ご視聴はこちら

【第1回】 HPLC による分離モードの違いとその分離機構

液クロの分離の仕組みを学びましょう!分離モードの違いから分離のメカニズムまでご説明します。

25分44秒

ご視聴はこちら

【第2回】 逆相分析メソッド開発の考え方

液クロ分析の定番、逆相クロマトのカラムの選び方、メソッド開発の基礎を学びましょう。

13分9秒

ご視聴はこちら

【第3回】 高速分析カラムと一般的な LC を組み合わせた高速分析について

普通の液クロで高速分析をするには?あなたの液クロで、もっとたくさん分析をするためのノウハウがよくわかります。

27分23秒

ご視聴はこちら

【第4回】 逆相 LC分析 トラブルシューティング

ピーク形状が悪い!リテンションタイムが変わった!液クロ分析におけるさまざまなトラブルの原因と解決方法を理解しましょう。

38分33秒

ご視聴はこちら

【第5回】 HPLC の可能性を拡げる Agilent のコアシェル型カラム Poroshell120 について

LC カラムの新技術コアシェル構造を持つ Poroshell 120 カラムの仕組み、既存メソッドを移管する際の注意点、アプリケーション例を分かりやすくご紹介します。

36分24秒

ご視聴はこちら

【第6回】 バイオ医薬品・タンパク質・ペプチド向け Agilent の HPLC カラムについて

タンパク質・ペプチド分析で使われるサイズ排除、イオン交換カラムにおいても高速高分離で耐久性の高いカラムが登場!カラムの種類別に、特徴と分析例をご紹介します。

26分14秒

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

GCカラム

ご視聴はこちら

強極性(Wax系)キャピラリカラムの選択にお悩みのGCユーザーは必聴

極性化合物の分離用によく使用されるWax系強極性キャピラリカラムに関して、最新のラインアップと選択法をご紹介します。

18分

ご視聴はこちら

【第1回】 キャピラリGCのキャリアガス

キャピラリ GC 分析におけるキャリアガスの役割や、ガスの種類による分離の違いがよくわかります!

26分45秒

ご視聴はこちら

【第2回】 キャピラリカラムの分離のメカニズム

なぜサンプルが分離するのか? もっとキレイに分離するには? キャピラリカラムの分離の仕組みを知るにはこれ!

25分10秒

ご視聴はこちら

【第3回】 最適な分離を得られるためのキャピラリカラムの選び方と注意点
(1)キャピラリカラムの選択方法

キャピラリカラムはどうやって選べばよいの? カラムを正しく選択するために知っておくべき基礎がよくわかります!

36分47秒

ご視聴はこちら

【第4回】 最適な分離を得られるためのキャピラリカラムの選び方と注意点
(2)キャピラリカラムのメンテナンス

キャピラリカラムを長持ちさせるには? カラムのコンディショニングから劣化対策までこれ1本!

24分53秒

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報①
脂質をクリーンアップする新製品 Bond Elut Lipid Extraction

脂質を特異的に保持するアジレントの EMR 充填剤による脂質を分析対象としてクリーンアップする新製品、Bond Elut Lipid Extraction の特長、使用法、生体試料中の脂質を分析した事例をご紹介します。

29分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報②
分析前処理後の標的化合物の検出について

Bond Elut で固相抽出したサンプルに含まれる標的化合物の LC-PDA、LC-MS/MS を利用した検出例(有機酸、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、脂質)をご紹介します。

21分

ご登録はこちら

サンプル前処理最新情報③
Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS および固相抽出ミニカラムを用いた食品中残留微量分析及び機能性成分分析の紹介

世界最小トリプル四重極 LC/MS である Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS システム及び Agilent 固相抽出ミニカラムを用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒一斉分析及びコーヒー飲料中クロロゲン酸類の一斉分析についてご紹介します。

40分

複数プロダクト / 境界領域

ご視聴はこちら

バイオ医薬品特性解析のためのNグリカンサンプル調製と分析のワークフローについて

バイオ医薬品の重要品質特性のひとつであるN結合型糖鎖について、サンプル調製から分析までの流れを、具体的な例を交えてご紹介します。

40分

ご登録はこちら

バイオ医薬品特性解析のための N グリカンサンプル調整と分析のワークフローについて(実演)

Gly-X InstantPC キットを使用した N-グリカンサンプルの調製(実演)。アジレント AdvanceBio Gly-X および InstantPC キットを使用してラベル化を行い、その後、完成したラベル化 N-グリカンを HPLC(FLD)機器を用いた分析を動画付きでご説明します。

17分

ご視聴はこちら

抽出物/浸出物(Extractables/Leachables)分析の最新情報

医薬品・食品の容器包装を例に、溶出物(抽出物&浸出物)ガイドライン動向と GC/MS、LC/MS、ICP-MS を用いた分析ワークフローをご紹介します。

43分

安心・安全な装置の管理

装置のシャットダウン

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<HPLCとLC/MS>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

13分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<GCとGC/MS>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

14分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<ICP-MS>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

24分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<ICP-OES 5100/5110/5800/5900>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

11分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<ICP-OES Vista/700シリーズ>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

7分

ご視聴はこちら

アジレント・テクノロジー製品の分析装置の止め方<原子吸光>

ラボで毎日稼働している分析機器を正しい手順で停止し、次の立ち上げをスムーズにするためのノウハウを、アジレントのエンジニアが詳しく説明します。

11分

装置の立ち上げ

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<LC と LC/MSD>

19分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<LC/TQ と LC(Q)TOF>

18分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<GC と GC/MS>

14分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-MS>

18分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-OES (5100/5110/5800/5900)>

12分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<ICP-OES (5 Vista/700 sereise)>

10分

ご登録はこちら

安心・安全な装置の立ち上げ方
<原子吸光>

8分

装置のメンテナンス

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <LC と LC/MSD>

装置の機能維持とメンテナンス方法

19分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <LC/TQ と LC(Q)TOF>

装置の機能維持とメンテナンス方法

12分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <GC>

装置の機能維持とメンテナンス方法

18分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <GC/MS>

装置の機能維持とメンテナンス方法

18分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <ICP-MS>

装置の機能維持とメンテナンス方法

26分

ご登録はこちら

装置の機能維持とメンテナンス方法 <ICP-OES>

装置の機能維持とメンテナンス方法

27分

海外のウェビナーはこちら