ウェビナー(e-セミナー) 日本語・日本語字幕編

最新の装置やアプリケーション情報、装置のデモなどをご覧いただけるオンラインセミナー(無料)です。
ライブウェビナー、オンデマンドウェビナー(録音版)がございます。

ライブウェビナーにご参加いただくには、事前にご登録いただく必要がございます。ご希望のセミナーの詳細ページに進み、登録を完了してください。
  参加登録完了メールがすぐに送付されます。差出人は、アジレント・テクノロジー株式会社 <messenger@webex.com> です。
  メールの内容をご確認いただき、開催時刻15分前を過ぎましたら、参加ページにアクセスしてください。

オンデマンドウェビナーにご参加いただくには、セミナータイトルをクリックすると立ち上がるアンケートフォームに入力し、送信してください。
  セミナーが自動的に開始されます。オンデマンドセミナーは、お好きな時間に何度でもご利用いただけます。

お客様のニーズに合わせて、ウェビナーをぜひご活用ください。

 
<最新> 日本語ウェビナー  ★ 必ずお読みください 『ウェビナーに参加される方へ (Web-Ex ご利用ガイド)』
> ゲノミクス関連のウェビナーはこちら
受付中  
 2018年5月24日(木)
16:00~
 次元を超えた!Agilent 2D-LCによるバイオ医薬品特性解析
ご登録はこちら
 
NEW 3月30日公開スタート!録画版ウェビナー
2018年 3月 30日(金) 光学材料製品の分光特性評価に最適な Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計のご紹介
録画版はこちら
2018年 3月 30日(金) ファイバープローブアクセサリを用いた Cary 60 紫外可視分光光度計の特長と利点
録画版はこちら
2018年 3月 30日(金) 超コンパクトで簡単に操作できる Agilent Cary 630 FTIR のご紹介
録画版はこちら
2018年 3月 30日(金) FTIR 顕微イメージングの原理
録画版はこちら
2018年 3月 30日(金) FTIR 顕微イメージングの測定事例紹介
録画版はこちら
 
終了 / 録画版
2018年 3月 22日(木) バイオ医薬品特性解析を加速する Agilent LC カラムとバイオ LC、LC/MS システム
録画版はこちら
2018年 3月 20日(火) Agilent 原子吸光およびマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置のご紹介
録画版はこちら
2018年2月 21日(水)
コンパクトなのに妥協しないパフォーマンスを発揮!
 新製品 Ultivo (アルティーボ) LC/MS/MS のご紹介
録画版はこちら
2018年2月 5日(月)
新製品! 分取精製 LC & LC/MS ソリューションのご紹介
録画版はこちら
2018年1月 25日(木)
HPLC 分析用表面多孔性カラム Poroshell の新製品、HILIC カラム 2種類とキラルカラム 4種類のご紹介
録画版はこちら
2018年1月 21(木)
Agilent 5110 ICP-OES の概要
録画版はこちら
2018年1月 11日(木)
Agilent 5110 ICP-OES による測定事例紹介
録画版はこちら
2018年1月 11日(木)
データインティグリティ ~ 今できる DI 対策 ~
録画版はこちら
   
資料ダウンロードは
こちら
2017年12月 20日(水)
誰もが GC エキスパート!
高速分析や生産性向上を実現する最新ガスクロマトグラフ
録画版はこちら
2017年12月 14日(木)
明日から分析が可能!RoHS 指令フタル酸エステル分析はアジレントにおまかせ。アジレントフタル酸エステルスクリーナー
録画版はこちら
2017年11月 28日(火)
マイクロアレイ解析用ソフトウェア 『GeneSpring GX』
 新バージョン 14.9 の新機能のご紹介
録画版はこちら
2017年 8月 24日(木)
GC/MS 用異臭分析データベース使用方法
録画版はこちら
2017年 7月 28日(金) 抽出物/浸出物分析の最新情報
録画版はこちら
2017年 4月 27日(木)
ICP-OESシステムトラブルシューティングとメンテナンスセミナー
録画版はこちら
2017年 4月 13日(木)
ICP-MSシステムトラブルシューティングとメンテナンスセミナー
録画版はこちら
2017年 3月 30日(木)
原子吸光(AA)システムトラブルシューティングとメンテナンスセミナー
録画版はこちら
 
英語ウェビナー 
ライブおよび録画版はこちら
 
日本語ウェビナー(録音版)
ICP-MS 編 MP-AES 編 FTIR 編 GCカラム編
(全4回)
LCカラム編
(全6回)
前処理編
(全6回)
OpenLAB 編(日本語字幕)
 2017/7
 FTIR 編

【第1回】 Cary 630 FTIR デモビデオ (日本語字幕)

◆ ポイント ◆
非常にコンパクト、かつ完璧な機能を備えたCary 630 FTIR。Cary 630 FTIRとアジレント独自のアタッチメント、透過アタッチメント、Dailpath、ダイヤモンド ATRを用いた、液体、粉末などのサンプル分析の流れ、ソフトウエアの機能などをご紹介するビデオです。良好なシグナル/ノイズ比、フルスペクトル範囲、高い分解能が簡単に得られることを体験できます。

15分26秒

 ★ タイトルをクリックするとフォームが立ち上がります。フォームを送信すると ウェビナー (e-セミナー) が開始されます。    ▲ページトップへ

 MP-AES 編

【第1回】 MP-AES の紹介

◆ ポイント ◆
すぐれた感度や広いダイナミックレンジなどフレーム原子吸光 (AA) をはるかに超える分析速度を備え、かつ可燃性ガスや高価なガスを使用せずに生産性を向上したマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置 Agilent 4100 MP-AES。基本性能からアプリケーション例までご紹介いたします。

23分45秒

【第2回】 MP-AES デモビデオ (日本語字幕)

◆ ポイント ◆
可燃性ガスを使う必要がなくより安全でフレーム原子吸光よりすぐれた性能をもつ MP-AES。MP-AES の製品特長、ソフトウエアの機能、分析の流れ、オートサンプラー機能、MSIS、EGCM などのオプションの機能、などをご紹介するビデオです。
空気中の窒素ガスを用いることでガスのコストを低減でき、検出下限、直線範囲という点で、フレーム原子吸光より優れた性能を、きわめて使いやすく操作も簡単に得ることが体験できます。

13分54秒

 ★ タイトルをクリックするとフォームが立ち上がります。フォームを送信すると ウェビナー (e-セミナー) が開始されます。    ▲ページトップへ

 ICP-MS 編

ICP-MS を用いた食品ミネラル分析とその可能性 

◆ ポイント ◆
この ウェビナー (e-セミナー)は、2011年 6月に開催したアジレント食品無機分析セミナーにおいて、森永乳業株式会社 藤崎浩二様のご講演の模様をビデオにしたものです。ミネラル分析事情、ICP-MS 導入の経緯、ICP-MS の可能性等についてご講演いただきました。

62分10秒

 ★ タイトルをクリックするとフォームが立ち上がります。フォームを送信すると ウェビナー (e-セミナー) が開始されます。     ▲ページトップへ

 前処理編

【第1回】  固相抽出の基礎 

◆ ポイント ◆
SPE (固相抽出) は何のために行うの?どんなメカニズムなの?固相抽出の仕組みや基本的な手順をご説明します。

20分50秒

【第2回】  固相抽出の種類と選び方(逆相、順相編)

◆ ポイント ◆
固相抽出カラムにはさまざまな種類があります。この回では逆相、順相カラムの仕組みや選び方、使用手順について詳しく説明します。

28分41秒

【第3回】  固相抽出の種類と選び方(イオン交換編)

◆ ポイント ◆
この回ではイオン交換カラムをご紹介します。イオン交換カラムの種類と選び方や適しているサンプル、使用手順について説明します。

26分58秒

【第4回】  特殊な固相抽出カラムと前処理製品 

◆ ポイント ◆
第3回までにご紹介できなかった特殊な固相抽出カラムをご紹介します。カーボンカラムや金属除去カラム、QuEChERS キットなど、特定のアプリケーションにフォーカスしたカラムです。

17分17秒

【第5回】  食品分析向け サンプル前処理

◆ ポイント ◆
第1回~第4回でご紹介した固相抽出製品の中から、食品分析での実際の使用例や、ポジティブリスト制度で推奨されている固相抽出の試験法についてご説明します。

30分24秒

【第6回】  医薬品分析向け サンプル前処理 

◆ ポイント ◆
第1回~第4回でご紹介した固相抽出製品の中から、医薬品分析でよく用いられるポリマ系固相抽出製品、また、タンパク除去フィルタ、DMSカード(血液前処理用乾燥マトリクススポッティングカード)と使用例についてご説明します。

34分56秒

 ★ タイトルをクリックするとフォームが立ち上がります。フォームを送信すると ウェビナー (e-セミナー) が開始されます。    ▲ページトップへ

 LCカラム編

【第1回】 HPLC による分離モードの違いとその分離機構

◆ ポイント ◆
液クロの分離の仕組みを学びましょう!分離モードの違いから分離のメカニズムまでご説明します。

25分44秒

【第2回】 逆相分析メソッド開発の考え方

◆ ポイント ◆
液クロ分析の定番、逆相クロマトのカラムの選び方、メソッド開発の基礎を学びましょう。

13分09秒

【第3回】 高速分析カラムと一般的な LC を組み合わせた高速分析について

◆ ポイント ◆
普通の液クロで高速分析をするには?あなたの液クロで、もっとたくさん分析をするためのノウハウがよくわかります。

27分23秒

【第4回】 逆相 LC分析 トラブルシューティング

◆ ポイント ◆
ピーク形状が悪い!リテンションタイムが変わった!液クロ分析におけるさまざまなトラブルの原因と解決方法を理解しましょう。

38分33秒

【第5回】 HPLC の可能性を拡げる Agilent のコアシェル型カラム Poroshell120 について

◆ ポイント ◆
LC カラムの新技術コアシェル構造を持つ Poroshell 120 カラムの仕組み、既存メソッドを移管する際の注意点、アプリケーション例を分かりやすくご紹介します。

36分24秒

【第6回】 バイオ医薬品・タンパク質・ペプチド向け Agilent の HPLC カラムについて

◆ ポイント ◆
タンパク質・ペプチド分析で使われるサイズ排除、イオン交換カラムにおいても高速高分離で耐久性の高いカラムが登場!カラムの種類別に、特徴と分析例をご紹介します。

24分14秒

 ★ タイトルをクリックするとフォームが立ち上がります。フォームを送信すると ウェビナー (e-セミナー) が開始されます。    ▲ページトップへ

 GCカラム編

【第1回】 キャピラリGCのキャリアガス

◆ ポイント ◆
キャピラリ GC 分析におけるキャリアガスの役割や、ガスの種類による分離の違いがよくわかります!

26分45秒

【第2回】 キャピラリカラムの分離のメカニズム

◆ ポイント ◆
なぜサンプルが分離するのか? もっとキレイに分離するには? キャピラリカラムの分離の仕組みを知るにはこれ!

25分10秒

【第3回】 最適な分離を得られるためのキャピラリカラムの選び方と注意点
(1)―キャピラリカラムの選択方法

◆ ポイント ◆
キャピラリカラムはどうやって選べばよいの? カラムを正しく選択するために知っておくべき基礎がよくわかります!

36分47秒

【第4回】 最適な分離を得られるためのキャピラリカラムの選び方と注意点
(2)-キャピラリカラムのメンテナンス

◆ ポイント ◆
キャピラリカラムを長持ちさせるには? カラムのコンディショニングから劣化対策までこれ1本!

24分53秒

★ タイトルをクリックするとフォームが立ち上がります。フォームを送信すると ウェビナー (e-セミナー) が開始されます。    ▲ページトップへ