病理診断

これから表示されるページには、体外診断用医薬品および医療機器に関する情報を含みます。

あなたは医療従事者ですか

病理診断

Dako は、1966 年にニールス・ハーボエ医師によって設立され、2021 年で 55 年を迎えます。抗体の製造販売から始まり、IHC 検出試薬キット、自動免疫染色装置、そして HER2 診断薬のハーセプテストを、他のメーカーに先駆けて発売致しました。その後、病理診断用 IHC のためのフレックス RTU ソリューションを開発、2012 年にはアジレントテクノロジー傘下となり、全自動免疫染色装置ダコ Omnis を発売するなど、長年、病理関連分野にフォーカスして製品開発を行ってまいりました。

アジレントは、検査室のニーズを満たし、患者様に継続して正確な結果をお届けするために必要なソリューションをご提案いたします。

セミナー動画

2022年

ご登録はこちら

特殊染色の自動化-ISO15189・当院の運用を中心に-(2022 年 6 月 第 63 回日本臨床細胞学会)

青森県立中央病院 病理部 技師長 檜山 美佐江 先生より、特殊染色の業務効率化をテーマに、ダコ Artisan Link Pro のご使用経験を、ISO15189 に準拠した検査室マネージメントと絡めてご紹介頂きました。最後に弊社技術スタッフより、ダコ Artisan Link Pro の概要と海外での自動化進展状況についても解説しております。

55分

ご登録はこちら

乳癌の最新トピックス(2022 年 4 月 第 111 回日本病理学会)

国立がん研究センター中央病院病理診断科の吉田 正行 先生より、トリプルネガティブ乳がんにおける PD-L1 検査の現状と今後の課題についてお話頂きました。後半部分は、弊社より PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」乳癌適用拡大の概要と FLEX RTU ソリューションの利点についてご紹介しております。

36分

ご登録はこちら

胃癌の最新トピックス(2022 年 4 月 第 111 回日本病理学会)

愛知県がんセンター副院長 兼 薬物療法部 部長の室 圭 先生より、オプジーボ胃がん一次治療承認の根拠となった臨床試験について解説頂きました。そして、横浜市立大学大学院医学研究科・医学部 分子病理学 主任教授の藤井 誠志 先生からは、胃癌分子病理診断の新たな選択肢である PD-L1 検査と実際の判定における留意点を解説頂いております。

26分

ご登録はこちら

IHC 標準化の事例、国内ユーザー様によるダコ Omnis 使用経験(2022 年 4 月 第 111 回日本病理学会)

筑波大学附属病院 病理部 村田 佳彦 主任技師より、筑波大学附属病院の取り組みとして、ダコ Omnis 導入による、より正確で迅速な病理診断に向けた IHC 運用改善の事例をご紹介頂きました。後半部分では弊社より、IHC ワークフローの可視化とダコ Omnis による染色再現性向上と TAT 短縮についてご紹介しております。

42分

ご登録はこちら

ゲノム診断の最新情報(2022 年 4 月 第 111 回日本病理学会)

2021 年 10 月に新たに保険で認可された先天異常疾患の遺伝子検査 GenetiSure Dx Postnatal Assay「アジレント」の概要についてご紹介しております。

39分

2021年

ご登録はこちら

がんゲノムの検体品質管理のために ~なぜ、どのように電気泳動装置を使うか? 知っておくべき基本(2021 年 4 月 第 110 回病理学会)

ゲノム DNA の品質管理に電気泳動をどのように活用するかをお話します。分解度の客観的評価(DIN)の活用やセルフリー DNA の品質評価方法など最新情報をご紹介します。

27分

ご登録はこちら

患者さんのための IHC 標準化:ダコからの学びと欧米における成功事例(2021 年 4 月 第 110 回病理学会)

アジレントダコの高品質な抗体と PharmDx のご紹介、FLEX ソリューション開発の歴史、カナダの病院におけるダコ AutostainerLink48 を用いたケーススタディー(症例管理導入により当日完了率、TAT が大幅改善した事例)をご紹介します。

23分

ご登録はこちら

アジレント・ダコからの提案 ~なぜ、どのようにして特殊染色の標準化を進めていくか?(2021 年 4 月 第 110 回病理学会)

ISO の規格に絡めて、特殊染色の用手法での精度管理の難しさと、ダコ Artisan Link Pro による自動化のメリットを解説いたします。同等の用手法と比較して、ステップ数は 90 % 減、作業時間は 64 % 減少させることができます。

17分

ご登録はこちら

アジレント・ダコからの提案 ~患者さん志向の IHC 標準化を目指して(2021 年 4 月 第 110 回病理学会)

患者症例管理方式を導入することで、検査室の業務フローがどの様に効率化するのか解説します。オランダとイギリスの病院におけるダコ Omnis のケーススタディーもご紹介します。

14分

2020年

ご登録はこちら

がんゲノム医療の概要と DNA 品質管理の重要性」3 部構成(2020 年 1 月)

慶應義塾大学医学部の西原先生よりがんゲノム医療の概要を、同施設の柳田先生から FFPE 検体作成の留意点と DIN 値測定の意義について解説いただきました。

12分
16分
13分

ご登録はこちら

電気泳動法を活用した検体精度管理のポイント(2020 年 7 月 第 109 回病理学会)

精度管理のための最新情報です。核酸の DIN を簡便に測定することができる Agilent 4150/4200 TapeStation System のご案内をいたします。

16分

ご登録はこちら

ダコ抗体開発の経緯と精度管理時代における役割 ~ワークフローの効率化を目指して(2020 年 7 月 第 109 回病理学会)

50 年以上のこだわりの詰まった高品質な Dako 抗体製造・開発のポイントと、染色工程の標準化およびワークフローの効率化に向けたソリューションをご提案いたします。

17分

ご登録はこちら

病理精度管理への貢献 ~免染機器アップデート(2020 年 7 月 第 109 回病理学会)

アジレントがご提案する染色装置の使用法をもとに、免疫染色の精度管理とワークフロー改善を目指したトータルソリューションをご紹介します。

10分

その他動画(製品紹介他)

IHC 染色

ご登録はこちら

ダコ FLEX RTU ソリューションの概要とメリット (2020 年 7 月)

480 万通りの組み合わせがあると言われている IHC 染色工程の複雑さが、検査室ごとの染色結果の標準化を困難にさせる要因となっています。アジレントのソリューションにより、染色工程の標準化をご提案いたします。

3分

ご登録はこちら

次世代全自動 IHC/ISH 染色装置 ダコ Omnis 製品紹介ビデオ

近年、病理検査室では染色枚数が増え続け、検査の種類が複雑化する一方、人員は限られています。高い処理能力と柔軟性で、技師さんの作業時間を削減し、より少ない労力で効率の最大化を支援するダコ Omnis の特長を解説いたします。

4分

ご登録はこちら

ダコ Omnis による患者症例管理とは (2021 年 1 月)

アジレントの提唱する患者症例管理は、検査室の処理能力と作業効率化の両方を改善するのに役立ちます。本ビデオでは、その患者症例管理の概要を分かりやすく解説しております。

4分

特殊染色

ご登録はこちら

全自動特殊染色装置 ダコ Artisan Link Pro の特長① 特殊染色の完全自動化

ダコ Artisan Link Pro では、誰でも簡単に効率的な特殊染色が可能になります。用手法による同等の染色方法と比較して作業時間を 64 % 削減。他の作業に貴重な時間を使うことができます。

2分

ご登録はこちら

全自動特殊染色装置 ダコ Artisan Link Pro の特長② 一貫した染色で精度管理を推進

ダコ Artisan Link Pro は、専用の調整済みキットと検証済みプロトコールで 28 種類の特染項目を自動化し、いつ誰がやっても一貫した染色結果が得られます。アジレントは、病理検査室の標準化・診断の精度向上を支援いたします。

1分

ご登録はこちら

全自動特殊染色装置 ダコ Artisan Link Pro の特長③ 検査室環境やスタッフの安全確保

特殊染色で使用する試薬は、時に発がん性物質や毒劇物などを含みます。ダコ Artisan Link Pro では、密閉式の装置と試薬カートリッジにより有害な化学物質への暴露を抑制し、検査室の環境やスタッフの安全を守ります。また、廃液量も 75 % 削減できます。

2分

製品紹介 カタログ PDF

IHC 染色

NEW

ダコFLEX 希釈済み一次抗体(RTU : Ready to Use)コントロールアトラス

PDF / 55.5MB / 00230JA P200206 2020Nov

 

FLEX RTU ソリューションブロシュア

PDF / 2.3MB / 320-1611 29347JA_2020JUL17

 

ダコ Omnis –次世代の IHC & ISH 染色装置カタログ

PDF / 1.3MB / 29070JA 2021APR

 

ダコ Omnis –次世代の IHC & ISH 染色装置データシート

PDF / 2.1MB / 29067JA 2020OCT

 

ER および PR FLEX RTU 抗体(ダコ Omnis)

PDF / 1.0MB / 29140JP 2018AUG01

 

ダコ Autostainer Link 48 IHC自動染色装置カタログ

PDF / 2.1MB / 29033JA 2021APR

 

ダコ Autostainer Link 48  IHC 自動染色機 リーフレット

PDF / 1.0MB / 052-1611 2011NOV

 

ダコ Autostainer Link 48  リーフレット

PDF / 1.0MB / 052-1611 2011NOV

 

Case Study ダコ Autostainer Link 48 ソリューションを用いたワークフローの改善

PDF / 3.4MB / 29376JA 2021APR

 

前処理装置 PT Link 200  リーフレット

PDF / 1.0MB / 38659JP 2015DEC10

 

Customer Voice  オランダ試験 : 同日内に処理完了できた症例数を 74 % 増加させることに成功

PDF / 1.0MB / 29295JA 2020APR07

 

Customer Voice  イギリス試験 : Doncaster にある検査室における迅速な IHC 検査

PDF / 1.1MB / 29299JA 2020APR07

 

Customer Voice  杏林大学 : 年間 2,000 枚以上の染色・検体処理を 40% 改善

PDF / 0.6MB / 356JP 2017SEP01

 

ケーススタディー 悪性リンパ腫の診断・分類:double hit, double expression

PDF / 1.0MB / 357JP 2019SEP

 

PD-L1

NEW

胃癌:PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」承認内容紹介リーフレット

PDF / 0.5MB / 29442JA 2021Nov

 

NEW

胃癌:PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」クイックスコアリングガイド

PDF / 0.7MB / 29443JA 2021Nov

 

NEW

胃癌:PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 5.3MB / 29441JA 2021 Nov

 

トリプルネガティブ乳癌: PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 11.7MB / 29425JA 2021JUN

 

非扁平上皮肺癌(ダコ Omnis用):PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 8.22MB / 29403JA 2021FEB

 

非扁平上皮肺癌:PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 3.9MB / 29291-JP 2018DEC20

 

PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」承認状況紹介リーフレット

PDF / 1.0MB / 29368JA 2020JUL20

 

食道癌:PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」承認内容紹介リーフレット

PDF / 0.7MB / 29359JA 2020JUL20

 

食道癌:PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」クイックスコアリングガイド

PDF / 1.0MB / 29360JA 2020JUL20

 

食道癌:PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 8.2MB / 29361JA 2020JUL20

 

頭頸部癌:PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 2.1MB / 29339JA 2019NOV19

 

非扁平上皮非小細胞肺癌: PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 1.12MB / 29167-JP_2016DEC09

 

非小細胞肺癌:PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 6.8MB / 29406JA 2021JAN

 

悪性黒色腫:PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 3.2MB / 29255JP 2018AUG06

 

頭頸部癌:PD-L1 IHC 28-8 pharmDx「ダコ」染色結果判定マニュアル

PDF / 1.8MB / 29130JP 2017JUN13

 

HE 染色

Molecular Technology

その他

アジレントダコセミナー2019 Customer Voice

PDF / 2.2 / 5994-1651JAJP 2019DEC