材料分析に適したGC/MS

材料分析のさまざまな要求に応える
各種の GC/MS 用前処理装置

高分子材料は私たちの生活に欠かせない材料の一つですが、高機能化や安全性の確認への要求は高まり続けており、そのための分析法の重要性が増しています。

高分子材料を分析する目的としては、高分子の構造解析や添加剤の分析の他にも耐熱性の評価や使用条件下における発生ガス成分の分析など多岐にわたります。

アジレント・テクノロジーは、高分子材料の様々な分析目的に対応するため、各種の GC/MS 用前処理装置を提供しています。

お客様の目的やご予算に応じて最適な分析法をご提案させて頂きます。

各前処理装置の主なアプリケーション(◎:最適、〇:適)

装置名高分子構造の解析添加剤の分析VOC(臭い)の分析熱特性測定
EGA/PY-3030D  
TG-DTA      
TSP      
TDU    
TD100-xr    
7697A    
SPME      
M-CTE250      

アプリケーション事例

1. 添加剤の分析

GC-MS-201510NK-001

四重極型 MS における MassWorks ソフトウェアを用いる化合物の組成式推定

EI 法では分子イオンがほとんど観察されないため、ケースに、PICI(試薬ガス:2% モノメチルアミン/メタン)を用い、MassWorks で組成式推定を行った例をご紹介します。

GCMS-200904NK-002

パイロライザ GC/MS 分析におけるキャピラリ・フロー・テクノロジーの適用 その2

Agilent の独自技術を用いたキャピラリ・フロー・テクノロジーを MS と選択型検出器 FPD でのスプリット検出に適用し、さらに、バックフラッシュにより生産性を向上した例をご紹介します。

MS-200705-001

パイロライザGC/MS によるポリエチレン中添加剤の分析

発生ガス分析(EGA)により、添加剤成分の揮発温度およびポリマーの熱分解開始温度を把握し、ポリエチレン中添加剤の熱脱着温度を決定する方法をご紹介します。

TSP食品ラップ 安価で、GC注入口と組み合し加熱脱着として使用できるサーマルセパレーションプローブ(TSP)を、食品ラップ中の添加剤の分析に適用した例をご紹介します。

2. 異臭・揮発成分の分析

GC-MS-201810KG-001

SPME-GC/MSと多変量解析による劣化した天然ゴムの臭気成分の差異解析

材料や化成品業界において製品の異臭が原因のトラブルが増加しており、原因化合物の迅速かつ正確な絞り込みが要求されています。そこで臭気化合物に特化して収載した「GC/MS 用異臭分析データベース」 を用い、化成品の化合物の絞り込みの検討を行いました。

5994-0197JAJP

ISO 12219-3 に準拠した自動車用トリムの放散化学物質スクリーニングのための高速マイクロチャンバ試験

ISO 12219-3 に従い、Markes 社の Micro-Chamber/Thermal Extractor を用いてポリマー素材からの残留モノマーの放散を評価した例をご紹介します。

5994-0198JAJP

車室内空気環境 (VIAQ) に関連する標準メソッドの開発および準拠の方法

車内空気中の揮発性および半揮発性有機化合物 (VOC および SVOC)の定量に関する規制の導入に関しての概要と、対象となる化合物のサンプリングと測定について標準メソッドの進展について説明します。

GC-MS-201401NK-001

マイクロチャンバ(MARKES M-CTE250)を用いる高分子材料から放散する SVOC の分析

MARKES 社チャンバー M-CTE250 は 250度まで加熱できるチャンバーを 4つ有し、効率的なサンプリングが可能です。このチャンバーを用い高分子材料から放散する中揮発性化合物(SVOC)の分析を行った例をご紹介します。

5991-2044JAJP

Agilent 7820 GC システムと Agilent 7697A ヘッドスペースサンプラを使用した、梱包材に含まれる印刷用残留溶媒の分析

印刷用インクはその毒性のため製造過程は厳しく規制されており、それらの検出が可能な自動ヘッドスペース/ガスクロマトグラフ (HS/GC) システムの機能をご紹介します。

GCMS-201110NK-003

MARKES TD による材料のアウトガス分析

MARKES 社のマイクロチャンバ M-CTE250 および M-CTE120 は、材料全体や材料表面のみからのアウトガス、またシート状材料の化合物透過度試験などに用いることができ、それらの適用例をご紹介します。

3. 不良・劣化の原因解析

5991-0342JAJP

Agilent 7697A ヘッドスペースサンプラを使用したポリマー中残留モノマーのマルチプルヘッドスペース抽出

ポリマー中残留モノマーの簡便な定量分析法をご紹介します。

5991-0179JAJP

食品包装材の印刷用インク成分のGC/MS/MS 分析

食品用包装材に用いられる印刷用インク中の特定化学物質 20 種類を 1 ppb レベルで測定する分析法をご紹介します。

4. ポリマーの構造解析

GC-MS-201810HO-001

Py-GC/MS における未知熱分解生成物の複数検出器による同時検出と各種イオン化法および MassWorks ソフトウェアを組み合わせた構造推定

マススペクトルライブラリやデータ集において、定性が困難な未知の熱分解生成物に関して構造推定法をご紹介します。

GC-MS-201609NK-001

示差熱天秤(TG-DTA)-GC/MS によるエチレン-酢酸ビニル共重合体の熱分解挙動の解析

アジレント社製GC/MSとリガク社製示差熱天秤を接続し同時測定を可能とした (TG-DTA)-GC/MSをご紹介します。

GC-MS-201510NK-002

パイロライザ GC/MS 分析における Self-Cleaning イオン源の検証

測定中に水素を導入し継続的にクリーニングを行う新しいタイプのイオン源です。イオン源メインテナンスの頻度を大幅に低減します。

GC-MS-201302AZ-002

水素キャリア GC/MS を使用した、EI スペクトル変化の確認

水素キャリアを用いることによる各種化合物のマススペクトルの変化について検討した結果をご紹介します。

GCMS-200904NK-001

パイロライザ GC/MS 分析におけるキャピラリ・フロー・テクノロジーの適用 その1

パイロライザ GC/MS 分析において、Agilent の独自技術を用いたキャピラリ・フロー・テクノロジーを適用し、MS のベントなしでのカラム交換、バックフラッシュなどの機能を使用し、大幅に生産性を向上した例をご紹介します。

MS-200705-002

パイロライザGC/MS による水性塗料の分析

発生ガス分析(EGA)により、得られた温度プロファイルから、溶剤、添加剤成分の熱脱着最適温度および樹脂の最適熱分解温度を決定し、水性塗料中各構成成分の分析に適用した例をご紹介します。