食品包装材の印刷用インク成分のGC/MS/MS 分析

食品包装材の印刷用インク成分のGC/MS/MS 分析

Pub.No. 5991-0179JAJP

【要旨】

Agilent 7000 GC トリプル四重極GC/MS/MS システムを用いて、カートン用板紙包装材の外表面に使われる印刷用インクに含まれる可能性のある20 種類の化学物質を測定する食品分析メソッドを開発しました。これらの化学物質は、カートン用板紙や裏移りを通じて食品と接触する表面に拡散し、食品に移る可能性があります。ここで述べるメソッドは、包装済み食品に含まれるインク物質を1 ppb (μg/kg) レベルで正確に測定するのに適しています。

分野 食品
キーワード 食品、包装材、印刷、インク、食品安全性、GC/MS、質量分析、トリプル、MS/MS、7200、7000 
掲載年月 2012/11
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 462kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7000 シリーズ トリプル四重極 GC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

20 種類の印刷用インク成分と3 種類の内部標準を示す複数成分標準溶液の定量イオンの抽出イオンクロマトグラム