示差熱天秤(TG-DTA)-GC/MS によるエチレン-酢酸ビニル共重合体の熱分解挙動の解析

示差熱天秤(TG-DTA)-GC/MS によるエチレン-酢酸ビニル共重合体の熱分解挙動の解析

Pub.No. GC-MS-201609NK-001

【要旨】

Agilent 7890A GC/5977B MSD をリガク社製示差熱天秤 TG 8121 と接続し、同時測定が可能な装置を構築しました。示差熱天秤から直接 MS に導入するダイレクトモードと、冷却トラップ後 GC/MS 測定が可能なトラップモードがあります。示差熱天秤測定により発生したガスを (GC/) MS で測定することにより、マスクロマトグラムによる各化合物の温度プロファイル、マススペクトルによる化合物情報を得ることができます。

分野 材料試験・研究一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード TG-MS、示差熱天秤(TG-DTA)、GC/MS、同時測定、化学変化、物理変化、熱変化、発生ガス分析(EGA、 Evolved Gas Analysis) 
掲載年月 2016/09
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 389kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)