梱包材に含まれる印刷用残留溶媒の分析

Agilent 7820 GC システムと Agilent 7697A ヘッドスペースサンプラを使用した、梱包材に含まれる印刷用残留溶媒の分析

Pub.No. 5991-2044JAJP

【要旨】

印刷用インクはさまざまな商品に使用されていますが、その毒性のために製造過程は厳しく規制されてきました。このアプリケーションノートでは、そのような残留溶媒検出のニーズを満たす自動ヘッドスペース/ガスクロマトグラフ(HS/GC) システムの機能を紹介します。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード ヘッドスペース,HSS、 GC、 GC/MS、 インク、残留溶媒、印刷、 
掲載年月 2013/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 281kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7820 GC システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

インクカーボンマトリックスに加えた
5.0 μg のクロマトグラム