パイロライザ GC/MS 分析におけるキャピラリ・フロー・テクノロジーの適用 その1

パイロライザ GC/MS 分析におけるキャピラリ・フロー・テクノロジーの適用 その1

Pub.No. GCMS-200904NK-001

【要旨】

パイロライザ GC/MS 分析において、Agilent の独自技術を用いたキャピラリ・フロー・テクノロジーを適用しました。キャピラリ・フロー・テクノロジーにより、MS のベントなしでのカラム交換 (発生ガス分析法とダブルショット分析法の切り換え)、カラム交換時および注入口メンテナンス時のMS への空気の侵入防止、リークなし、バックフラッシュなどの機能を使用することが可能です。それにより、大幅に生産性を向上することができます。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード キャピラリ・フロー・テクノロジー、発生ガス分析法(EGA)、ダブルショット分析法、ダブルショットパイロライザ、GC/MS 
掲載年月 2009/04
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 324kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS、キャピラリ・フロー・テクノロジ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

EGA による結果(温度プロファイル)

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ダブルショット分析法による結果