四重極型 MS における MassWorks ソフトウェアを用いる化合物の組成式推定

四重極型 MS における MassWorks ソフトウェアを用いる化合物の組成式推定

Pub.No. GC-MS-201510NK-001

【要旨】

MassWorks をフタル酸ジ (2-エチルヘキシル) 中の不純物の定性解析に適用しました。フタル酸エステル類は EI 法では分子イオンがほとんど観察されないため、PICI 法により生成した分子量関連イオンに対し MassWorks による組成式推定を行いました。メタンおよび 2% モノメチルアミン/メタンの試薬ガスを併用することで、PICI 法における分子量推定が容易になり、さらにそれらの複数イオンを MassWorks で組成式推定することで、確度が高い分子式推定が可能でした。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)材料試験・研究
キーワード MassWorks、フタル酸エステル、不純物、正イオン化学イオン化(PICI)パイロライザ、GC/MS 
掲載年月 2015/10
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 677kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5977A シリーズ GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

DEHP とその不純物のTICC