キャピラリ・フロー・テクノロジー(Capillary Flow Technology; CFT)を用いた塗料サンプルの成分差異解析

キャピラリ・フロー・テクノロジー(Capillary Flow Technology; CFT)を用いた塗料サンプルの成分差異解析

Pub.No. GC-MS-202102AA-001

【要旨】

アジレント独自のキャピラリ・フロー・テクノロジー (Capillary Flow Technology; CFT)を使用し、選択型検出器NPD、FPDおよび MSDとの3分岐スプリット検出により、含窒素、含硫黄、さらにマススペクトル情報を同時に得ることができます。未知サンプルの解析ソフトウェア(Unknowns Analysis)によりデコンボリューションされたピークを複数のライブラリ検索にかけ、さらにAromaOfficeにより、におい成分に絞って解析を行った結果と、選択型検出器で得られたシグナルを総合的に解析することで、ピークの同定ミスを防ぎ、より確度の高い結果を得ることができました。

分野 材料試験・研究
キーワード 固相マイクロ抽出(SPME)、異臭、キャピラリ・フロー・テクノロジー(CFT)、デコンボリューション、Unknowns Analysis、AromaOffice、差異解析 
掲載年月 2021/02
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 1.63MB)

ログイン会員限定