パイロライザGC/MS によるポリエチレン中添加剤の分析

パイロライザGC/MS によるポリエチレン中添加剤の分析

Pub.No. MS-200705-001

【要旨】

プログラム昇温加熱が可能なパイロライザ(熱分解装置)と質量分析計(MS)を直結することで、添加剤成分の揮発温度及びポリマーの熱分解開始温度を得ることができました。その結果から、ポリエチレン中添加剤の熱脱着温度を容易に決定することができ、添加剤の分析に良好な結果を得ました。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)エネルギー&石油
キーワード ポリエチレン、添加剤、BHT、rganox 1076、Irgafos 168、DLTP、DMTP、ステアリン酸アミド、オレイン酸アミド、ダブルショットパイロライザ、GC/MS、MS-200705-001 
掲載年月 2007/06
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 1.14MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
フロンティア・ラボ社製 パイロライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ポリエチレン中添加剤のGC/MS 分析結果