創薬から品質管理にいたる分析ワークフローを包括的にサポート

研究から品質管理、製造にいたるバイオ医薬品開発プロセスのあらゆる段階を包括的にサポートするポートフォリオが、アジレントにはあります。幅広いソリューションがシームレスに連携し、正確で再現性の高い結果を提供します。アジレントのソリューションがあれば、次に進むべき道についてより賢明な判断を下すことができます。

関連ウェビナーはこちら

タンパク質医薬品アプリケーション

タンパク質の定量

タンパク質の定量には、感度に優れた質量分析が生物製剤の分析に最適なメソッドとして広く用いられるようになっています。

詳しくはこちら

インタクトタンパク質とサブユニットの分析

治療用タンパク質の特性解析には、インタクトタンパク質の分子量を測定できる高速かつ高精度のメソッドが必要です。

詳しくはこちら

タンパク質の凝集体

タンパク質ベースの治療薬の安全性と効能は、タンパク質の一次、二次、三次、および四次構造に大きく左右されます。

詳しくはこちら

電荷変異体の分析

製造、精製、および保管の過程で起こる生体分子のさまざまな翻訳後修飾により、電荷変異体が形成される可能性があります。

詳しくはこちら

ペプチドマッピングと翻訳後修飾

ペプチドマッピングにより、一次アミノ酸配列を確認し、翻訳後修飾の同定と定量を行えます。

詳しくはこちら

タンパク質のグリコシル化

AdvanceBio Gly-X キットと InstantPC を使用した 96 ウェルフォーマットでの自動処理により、ラベル化 N-グリカンサンプルの前処理を 1 時間未満で完了できます。

詳しくはこちら

バイオシミラーとバイオベター

バイオ医薬品市場で最も急成長している分野の 1 つが、バイオシミラーおよびバイオベターの開発です。

詳しくはこちら

抗体薬物複合体

目的とする効力を発揮する抗体薬物複合体(ADC)を実現するためには、開発プロセスにおいて薬物抗体比を注意深くモニタリングする必要があります。

詳しくはこちら

宿主細胞タンパク質の分析

宿主細胞由来タンパク質(HCP)は製品の安全性と効能に悪影響をおよぼす可能性があるため、医薬品中の HCP レベルをモニタリングし、管理する必要があります。

詳しくはこちら

原料および培地の分析

タンパク質やペプチドに特有のアミノ酸組成の測定は、創薬だけでなく製造段階においても不可欠な手順です。

詳しくはこちら

ハイスループットスクリーニング

候補物質を評価し、治療薬ターゲットとしての有効性を効率的に判定するためには、大量の化合物を迅速にスクリーニングできなければなりません。

詳しくはこちら

LC/MS へのオープンアクセスを実現

MassHunter WalkUp ソフトウェアがあれば、管理者は、ラボの共有システムでのユーザー操作をサポートし、分析スケジュールやメンテナンスを管理することができます。

詳しくはこちら

お問い合わせ

アジレントでは、タンパク質医薬品の特性解析メソッドの最適化に役立つ最新情報をアプリケーションノート、教育イベント、ウェビナー、製品などを通して提供しています。

お問い合わせ

DE44173.671875