【NEW】
Cary 3500 UV-Vis 分光光度計

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

【NEW】
Cary 3500 UV-Vis 分光光度計

Agilent Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、優れた測光性能と独自の測定能力を備えています。複数の構成が用意されており、例えばマルチゾーンマルチセルでは、8 つのキュベット位置で同時に最大 4 つの温度ゾーンを設定できます。Cary 3500 UV-Vis は性能と低所有コストに定評があり、実験計画の効率化と、結果の信頼性向上を実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 1 回の実験で、8 つのキュベット位置において 4 つの温度でサンプルを測定し、各キュベットからデータを同時に収集できるため、分析時間を大幅に短縮することができます。
  • 独自の完全一体型の空冷式ペルチェシステムにより、サンプル温度を 0 ~ 110 °C まで正確かつ迅速に制御できます。面倒な冷却水が不要で、騒音が発生することもありません。
  • ソリッドステートデジタルの Cary 温度プローブが、実験温度をキュベット内部からきわめて正確に制御。サンプル温度を最大 30 °C/min で確実に昇温します。
  • Cary UV ワークステーションソフトウェア を用いたスキャン、濃度、温度制御により、メソッド設定を効率化できます。ヘルプ & ラーニングセンターでは、あらゆるユーザー向けのわかりやすい情報をお届けします。
  • ダブルビームとリトロー型ダブルリトローモノクロメータによって、リサーチグレードの測光性能、安定性、範囲を達成することができます。
  • 毎秒 250 ポイントのデータ取得レートと 150,000 nm/min の波長スキャンにより、ダイオードアレイよりも短い時間で結果が得られます。
  • 幅 1.5 mm未満という高集光ビームと、固定式のセルホルダの光学系のパーマネントアラインメントによって、低容量測定での分析精度を確保できます。

ページTOP

仕様

  • Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、「エンジン」ユニットと複数のモジュールで組み合わせることが可能です。どのシステムも、190 ~ 1,100 nmの波長範囲で0.1 ~ 5.0 nm まで 0.01 nm 間隔での取得が可能です。
  • Cary コンパクトモジュール: リファレンスとサンプル位置付きのダブルビームシステム
  • Cary マルチセルモジュール: 8 つのキュベットを備えたダブルビームシステム (リファレンスとサンプルの組み合わせも可能)
  • Cary UVワークステーションソフトウェア: モジュールの自動認識、効率的なメソッド設定、データ解析用の標準搭載の計算機能
  • Cary 3500 UV-Vis エンジン: キセノンフラッシュランプ、高速データ取得のリトロー型ダブルリトローモノクロメータ、高集光ビームによる高い精度、広い吸光度範囲
  • HP デスクトップ PC パッケージ (オプション)

ページTOP

構成

  • Cary 3500 UV-Vis エンジン
  • Cary 3500 UV-Vis はエンジンとモジュールとの一体型設計になっています。このエンジンは各構成に共通のもので、5 種のモジュールのいずれかと組み合わせて、ラボ固有のニーズに対応する機器を作成することができます。付属の長寿命、超高速キセノンフラッシュランプは、測定用の光源であると同時に、高分解能と高吸光度測定を可能にする光学機器でもあります。

  • Cary 3500 マルチセル UV-Vis
  • Cary 3500 マルチセル UV-Vis は、最大 7 つのサンプルとリファレンス (または他の組み合わせとして 8 セルポジションで) の測定用に設計されています。

    マルチセル分光光度計は、室温、温度制御下、またはマルチゾーンの構成で利用できます。

  • Cary 3500 コンパクト UV-Vis
  • Cary 3500 コンパクト UV-Vis は、1 つのサンプルとリファレンスの測定用として設計されています。

    コンパクト分光光度計は、室温または温度制御構成で使用できます。

ページTOP