【NEW】
Cary 3500 UV-Vis 分光光度計

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

【NEW】
Cary 3500 UV-Vis 分光光度計

Agilent Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、優れた測光性能と独自の測定能力を備えています。複数の構成が用意されており、例えばマルチゾーンマルチセルでは、8 つのキュベット位置で同時に最大 4 つの温度ゾーンを設定して測定できます。また検量線作成とサンプル定量を同時に行うことが可能になります。Cary 3500 UV-Vis は性能と低所有コストに定評があり、核酸医薬や抗体医薬をはじめ様々な研究や実験計画の効率化と、結果の信頼性向上を実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 1 回の実験で、8 つのキュベット位置において 4 つの温度でサンプルを測定し、各キュベットからデータを同時に収集できるため、分析時間を大幅に短縮することができます。
  • 独自の完全一体型の空冷式ペルチェシステムにより、サンプル温度を 0 ~ 110 °C まで正確かつ迅速に制御できます。面倒な冷却水が不要で、騒音が発生することもありません。
  • ソリッドステートデジタルの Cary 温度プローブが、実験温度をキュベット内部からきわめて正確に制御。サンプル温度を最大 30 °C/min で確実に昇温しますので、カイネティクス分析に優れています。
  • すべてのキュベットを同時に同じ条件で測定することができるので、マルチセルホルダにスタンダードとサンプルを配置することにより、サンプル定量を検量線の作成と同時に行うことができます。
  • Cary UV ワークステーションソフトウェア を用いたスキャン、濃度、温度制御により、メソッド設定を効率化できます。ヘルプ & ラーニングセンターでは、あらゆるユーザー向けのわかりやすい情報をお届けします。
  • ダブルビームとリトロー型ダブルリトローモノクロメータによって、リサーチグレードの測光性能、安定性、範囲を達成することができます。
  • 毎秒 250 ポイントのデータ取得レートと 150,000 nm/min の波長スキャンにより、ダイオードアレイよりも短い時間で結果が得られます。
  • 幅 1.5 mm未満という高集光ビームと、固定式のセルホルダの光学系のパーマネントアラインメントによって、低容量測定での分析精度を確保できます。
  • 長寿命を持つランプを使用することにより、ランプの交換コストや手間を低減することができます。

ページTOP

仕様

  • Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、「エンジン」ユニットと複数のモジュールで組み合わせることが可能です。どのシステムも、190 ~ 1,100 nmの波長範囲で0.1 ~ 5.0 nm まで 0.01 nm 間隔での取得が可能です。
  • Cary コンパクトモジュール: リファレンスとサンプル位置付きのダブルビームシステム
  • Cary マルチセルモジュール: 8 つのキュベットを備えたダブルビームシステム (リファレンスとサンプルの組み合わせも可能)
  • Cary UVワークステーションソフトウェア: モジュールの自動認識、効率的なメソッド設定、データ解析用の標準搭載の計算機能
  • Cary 3500 UV-Vis エンジン: キセノンフラッシュランプ、高速データ取得のリトロー型ダブルリトローモノクロメータ、高集光ビームによる高い精度、広い吸光度範囲
  • HP デスクトップ PC パッケージ (オプション)

ページTOP

構成

  • Cary 3500 UV-Vis エンジン
  • Cary 3500 UV-Vis はエンジンとモジュールとの一体型設計になっています。このエンジンは各構成に共通のもので、5 種のモジュールのいずれかと組み合わせて、ラボ固有のニーズに対応する機器を作成することができます。付属の長寿命、超高速キセノンフラッシュランプは、測定用の光源であると同時に、高分解能と高吸光度測定を可能にする光学機器でもあります。

  • Cary 3500 マルチセル UV-Vis
  • Cary 3500 マルチセル UV-Vis は、最大 7 つのサンプルとリファレンス (または他の組み合わせとして 8 セルポジションで) の測定用に設計されています。

    マルチセル分光光度計は、室温、温度制御下、またはマルチゾーンの構成で利用できます。

  • Cary 3500 コンパクト UV-Vis
  • Cary 3500 コンパクト UV-Vis は、1 つのサンプルとリファレンスの測定用として設計されています。

    コンパクト分光光度計は、室温または温度制御構成で使用できます。

ページTOP

お客様事例

  • Dr. Mohammad Al Kobaisi
    スウィンバーン工科大学、Department of Chemistry and Biotechnology
  • Agilent Cary 3500 はソフトウェア制御による撹拌機能と幅広い温度制御オプションを備えており、この機器を使用した処理をそのまま、紫外可視分光光度計でモニタリングするようになりました。信号が安定しているため、長時間にわたるカイネティックプロセスも可能になり、これまでドリフトが原因で不可能だったさまざまな実験への道が開かれました。直感的なソフトウェアとデータ管理により、分析結果の損失を防ぎ、プロジェクトやアーカイブを適切に整理できます。Cary 3500 は、私がこれまでに使用してきたどの紫外可視分光計よりも、間違いなく進歩しています。柔軟性が高まり、研究実験をしながら制御できるパラメータの数が増加しました。
  • Benjamin Tadgell, Eser M. Akinoglu
    ARC Centre of Excellence in Exciton Science メルボルン大学、School of Chemistry 
  • Agilent Cary 3500 UV-Vis の高速スキャン、使いやすいモジュール構成のデザイン、ハイスループットに感銘を受けました。特に、昇温速度と感度はすばらしく、仕事の効率が向上しました。我々のプロジェクトでは UV-Vis を使って、PNIPAM ポリマーでコーティングされた金ナノ粒子の散乱特性に、温度がどのような影響を与えるかを研究しています。温度が上昇して 30 ~ 40 ° C の範囲を超えると、ポリマーが崩壊し、粒子が凝集します。私たちはこのプロセスのダイナミクスを理解したいと思い、さまざまな温度での波長スキャンとサーマルグラジエントスキャンを用いて、このプロセスの特性解析を部分的に実施しています。さまざまな pH や塩濃度、金の粒子濃度についても、同様の測定を行っています。Agilent Cary 3500 UV-Vis の昇温機能は非常に有用で、特定の波長での粒子の分散における温度の影響を高速でスキャンできます。以前は、異なる温度でのデータポイントを波長スペクトルから手作業で記録する以外に、方法がありませんでした。温度に対する感度は、これまでに使ってきたどの UV-Vis 機器よりも格段に優れています。8 個のセルホルダすべてを短時間で加熱/冷却でき、また平衡化も迅速にできるということは、通常よりも多くの実験 (異なる濃度や pH など) を実施する余裕が生まれるということです。また、吸収率の高いサンプルでも正確な結果が得られることにも満足しています。これにより、希釈の必要がなくなり、誤差も減少します。Agilent Cary 3500 UV-Vis は、温度に依存した紫外可視スペクトルを行うラボや、産業研究開発、学術研究ラボ、ハイスループットを求める分析ラボにお勧めです。確実に時間を節約し、労力を低減して、さまざまな条件でより多くの実験が可能になります。

ページTOP

ホットニュース

ページTOP