Cary UV ワークステーション
ソフトウェア

原子分光/分子分光 ソフトウェア

Cary UV ワークステーション
ソフトウェア

Agilent Cary UV ワークステーションソフトウェアは、Cary 3500 UV/Vis 分光光度計システム向けの次世代の分析機器制御を実現します。アプリケーションに特化しており、波長スキャン、定量、カイネティクス、昇温測定の効率的なメソッド設定が可能です。Cary UV マルチゾーンソフトウェアアドオンによって機器の機能を拡張し、4 つの独立した温度ゾーンを制御する機能を追加でき、Cary の高精度温度プローブを用いて温度をキュベット内部から制御できるため、分析時間の大幅な短縮と分析の可能性の拡大が実現します。

機器に同梱の Cary UV ワークステーションソフトウェアは、Agilent OpenLab ソフトウェアと連携するように設定でき、ユーザー管理、セキュリティ設定、電子署名ワークフロー、安全なデータ保存などに利用できます。これにより、ラボが 21 CFR Part 11 や EU Annex 11 の要件を満たすために必要な機能が得られます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • アプリケーションに特化したソフトウェアにより、メソッド設定を効率化。お客様のモジュールを自動的に検出して、設定したいパラメータのみを表示
  • 標準搭載の計算機能や設定可能な計算機能など、柔軟な解析ツールを用いてデータを解析
  • スプライシング機能による高速データ解析。一度のデータ取得で、さまざまな方法での評価が可能
  • 安全なデータベースにアプリケーションファイルを一元的に保存。高速検索とフィルタリングオプションを利用可能
  • マルチゾーンアドオンにより、迅速な温度制御を実現。キュベット内温度プローブを用いてサンプル温度を直接制御
  • 撹拌を自動的に制御。ソフトウェア制御による撹拌機能により、実験間の不要な撹拌のばらつきを抑制
  • オンデマンドのヘルプとトレーニングを提供。ビルトインのヘルプとラーニングセンターには、あらゆるユーザーが簡単に利用できるビデオと情報が用意されており、トレーニング時間の短縮が可能
  • OpenLab ソフトウェアスイートにより、電子記録の安全なデータベースストレージ、ユーザーおよびアクセス権限、ソフトウェアライセンス、セキュリティ設定、電子署名ワークフローの包括的な管理、高度な監査証跡レビューの機能がオプションで提供されます。

ページTOP

インフォメーション

ページTOP