Agilent 4200 TapeStation

バイオアナライザと TapeStation

Agilent 4200 TapeStation

全自動ハイスループット電気泳動システム Agilent 4200 TapeStation

業界トップの 2100 バイオアナライザを提供しているアジレントが新たに開発した Agilent 4200 TapeStation は、多検体のDNAおよびRNAサンプルを全自動でハイスループットに分析する電気泳動システムです。

Ready-to-use の ScreenTape を使用するのでゲル充填等のチップ調製の必要が無く、よりハイスループットな分析を可能にします。

Agilent  4200 TapeStation は、サンプルのロード、電気泳動、データ解析まで全自動で分析します。1~96サンプルまで自由に解析可能で、サンプルが少ない場合でも1サンプルから試薬など無駄なく使用できます。

8連チューブ、96ウエルプレートに対応しており、次世代シーケンサ、マイクロアレイ、qPCR等における多検体の DNA/RNA サンプルの品質確認に最適です。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 全自動 : 96サンプルを全自動で分析。Tape、tipの交換は不要。
  • 1サンプルから : サンプルが少ない場合でも、1サンプルから試薬など無駄なく使用。
  • 操作は簡単 : 調製したサンプル、Tape、tip をセットするだけ。
  • 1~2分/1サンプル! : 96サンプルでも 90分で分析。*  *Assay により異なります
  • 少ないサンプル量 : 1 サンプルあたりわずか 1 - 2uL で分析。
  • キャリーオーバーなし : 独立レーンでサンプルごとにチップを交換。
  • 充実のサポート : TapeStation Test Tape と Agilent Lab Advisor ソフトウエアで装置のセルフテストが可能。

ページTOP

装置本体仕様

  • 型番 : G2991AA
        (TapeStation本体、ノートパソコン、ソフトウェア、装置付属品、専用vortex、付属消耗品が含まれます。)
  • 重量 : 25.5 kg
  • 寸法 : 43.5 cm x 50 cm x 45.5 cm (幅 x 奥行き x 高さ)
  • 電源 : 100 – 240 VAC、50/60 Hz、50 VA (W)

ページTOP

ソフトウェア

ページTOP