7250 GC/Q-TOF

GC/MS システム

7250 GC/Q-TOF

Agilent 7250 Q-TOF GC/MS システムでは、フルスペクトルの高分離能精密質量データを広いダイナミックレンジにわたって採取することができます。GC で分析可能な化合物の同定、定量、解釈を行う究極のツールです。このシステムには、低エネルギー EI 機能を提供する EI イオン源が搭載されています。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 高分離能精密質量データと高感度検出により、化合物を確実に分子推定できます。
  • スペクトル品質を損なうことなく、広いダイナミックレンジにわたって分析対象物を正確に定量できます。
  • 低エネルギー EI イオン源のソフトなイオン化によって分子関連イオンを EI にて検出し、シンプルな形でデータの不確実性を低減します (アプリケーションによって効果は異なります)。
  • 高効率のイオン化に加え、MassHunter の SureMass アルゴリズムにより一致スコアの高いライブラリ品質の化合物スペクトルを高精度かつ高感度で得られるため、化合物の検出と分子推定の信頼性が高まります。
  • 信頼性の高いスペクトルによる確実なライブラリサーチと、優れた同位体比に基づく分子推定の昨日により、GC で検出されるピークの未知化合物の数が大幅に低減します。
  • 広いスペクトル内ダイナミックレンジにより、多くのマトリックス化合物が存在していても微量濃度のターゲット化合物を検出できます。
  • MS/MS の機能と、より多くの情報を引き出すことのできる Molecular Structure Correlator (MSC) ソフトウェアにより、化学構造を推定することができます。
  • 最高毎秒 50 スペクトルのスピードでデータを採取し、高スループットワークフローでの狭い分離ピークにも対応します。
  • 包括的な MassHunter ソフトウェアがスクリーニング、プロファイリング、探索ワークフローなどの解析作業を幅広くサポートします。
  • ZOEX 社との提携を通して、カラム温度が個別に制御されるパワフルで包括的な GCxGC をサポートし、最高レベルのクロマトグラフィー分離能を実現します。

ページTOP

ホットニュース

ページTOP