GC-ICP-MS インターフェース

ICP-MS

GC-ICP-MS インターフェース

GC-ICP-MS インターフェース

ガスクロマトグラフ (GC) に ICP-MS を結合すると、有機スズなどの有機金属化合物を超微量レベルで スペシエーション (化学形態別) 分析することができるようになります。 そのために、世界的ベストセラーモデル Agilent 7890 GC と Agilent 7700 シリーズ ICP-MS を結合する高性能のインターフェースを実現しました。 インターフェースは、トーチアダプタ、加熱式インジェクター、プラズマトーチ、 加熱トランスファーラインから構成されます。 詳細

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • GC−ICP-MS 専用に開発されたインターフェースです。
  • 摂氏 300度まで加熱でき、高沸点化合物も測定できます。
  • トランスファーラインからトーチインジェクターに至る全域を一様に加熱しコールドスポットを排除し、高沸点化合物の付着を防ぎます。
  • 取り付け、取り外しは、容易です。インターフェースを接続したままトーチ位置調整もできます。
  • 温度コントロールは、GC からできます。外部ヒーター電源は不要です。
  • MassHunter によりシステム全体のコントロールができます。 またデータ解析にはクロマト解析ソフトを用意。

ページTOP