7000D トリプル四重極 GC/MS

GC/MS システム

7000D トリプル四重極 GC/MS

Agilent 7000D トリプル四重極 GC/MS (GC/TQ)は、実績のある最新モデルです。多くのアプリケーションで実績のある第 4 世代の GC/TQ であり、世界中の機関において、今では標準となった多くの GC/MS/MS メソッドの作成や検証に用いられています。

7000D トリプル四重極 GC/MS には、MRM Optimizer ツールやダイナミック MRM メソッドなどの機能が組み込まれています。また、既存のアジレントのシングル四重極 GC/MSメソッドを GC/TQ に移行することも可能です。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • ラボの機能を最大限に向上させます。dMRM 取り込みモードによって、測定メソッドの作成と編集が非常にシンプルになっています。
  • ラボの処理能力を向上することができます。GC/MSD のメソッドとの互換性により、GC/MSD の メソッドを読み込んで SIM やスキャン測定が行えます。
  • OFN 4 fg 未満の IDL(機器検出下限)の検出能力を持つ高感度の EI エクストラクタイオン源により、複雑なマトリックス中の微量成分も確実に検出できます。
  • ラボの処理能力を向上することができます。GC/MSD のメソッドとの互換性により、GC/MSD の メソッドを読み込んで SIM やスキャン測定が行えます。MassHunter ソフトウェアによってチューニングからレポート生成まですべて制御し、ワークフローの効率も向上できます。内蔵の技術的管理と手順管理を組み合わせることで、データのセキュリティを確保し、アクセスを管理し、US FDA 21 CFR Part 11、EU Annex 11 などの電子記録に関する国家的規則に容易に準拠できます。
  • 加熱された一体型金メッキ四重極、Agilent トリプルアクシス HED-EM ディテクタ、および GC と連動した高速ベント機能が汚染物質やニュートラルノイズを減らし、冷却時間を短縮することで、高い質量分析性能を実現できます。
  • 統合された GC/MS システム機能と GC/MS の稼働状況を表示し警告するアーリーメンテナンスフィードバック(EMF)機能により、稼働時間の最大化や、定期的なメンテナンスが効果的に実施できます。
  • Agilent JetClean セルフクリーニングイオン源は装置をシャットダウンして行うイオン源のクリーニング作業の頻度を大幅に削減することができます。
  • Agilent 8890 GC にはインテリジェンス機能が内蔵されており、一体型のタッチスクリーンとブラウザインタフェースによる装置の診断とモニタリング、および簡単な操作が可能です。
  • 不活性なサンプル流路、キャピラリ・フロー・テクノロジー、およびキャリアガス切り替えモジュールなどのテクノロジーにより、GC/MS システムを最適化します。
  • リテンションタイムロッキングソフトウェアによるメソッド移管が可能です。1 台の Agilent GC のリテンションタイムを別の GC で再現でき、同じリテンションタイムの分析メソッドを世界中で使用できます。

ページTOP

仕様

  • 奥行き 86 cm
    検出器 長寿命 EM を備えた Agilent トリプルアクシス HED-EM、可変アイリス搭
    寸法(幅 x 奥行き x 高さ) 35 cm x 86 cm x 47 cm
    GC/MSD メソッドの互換性 あり
    高さ 47 cm
    IDL (機器検出下限) OFN 2 fg 注入:IDL ≤ 4 fg
    イオン源 InertPlus EI イオン源
    JetClean 互換性 あり
    MRM スピード 800 MRM トランジション/秒
    質量範囲 m/z 10 ~ 1050
    最小 MRM ドウェルタイム 0.5 msec
    動作モード EI(標準)
    CI(オプション)
    QuickProbe 互換性 なし
    スキャンスピード ≤ 20,000 Da/s
    ソフトウェアプラットフォーム MassHunter
    35 cm

ページTOP