食品規制に対応する残留農薬、カビ毒および汚染物質等のアジレントMS分析ソリューション(お客様の声)

Perform more runs with less risk

Agilent MS Solutions for Analyzing Pesticides in Foods

食品中の残留農薬モニタリングにおける
偽陽性および偽陰性の回避

食品サプライチェーンのグローバル化が進むにつれて、世界各国の政府は、有害の恐れのある 1,000 以上の農薬類の規制を強化しています。これらのモニタリングでは、従来よりも短時間で、農薬類を正確に検出し、定量する必要があります。

選択性に優れ、適用範囲の広い「標準的な分析法」として認知されている Agilent QTOF MS 検出が、信頼性の高い同定に大きく貢献します。充実したラインアップのアジレントソリューションは、分析の選択性と信頼性を高め、日々の分析に適した優れた農薬分析ワークフローの実現に加えて、機器のメンテナンス作業も軽減できます。

アジレントを食品検査のパートナーに(ぜひお問い合わせください)

残留農薬分析の食品検査ソリューションについて
第一線の分析エキスパートが解説します。

Dr. Amadeo Fernandez

Amadeo Fernandez 博士

プラハ化学技術大学

トピック: 質量分析を使用した複雑な食品マトリックスの前処理方法を含めた農薬類の分析

ビデオを観る (日本語字幕入り)
Jana Hajslova

Jana Hajslova

プラハ化学技術大学

トピック: マイコトキシン類の分離、農薬の分析、試料のフィンガープリンティングに最適なイオンモビリティ LC/MS の活用

ビデオを観る (日本語字幕入り)
Dr. Katerina Mastovska

Katerina Mastovska 博士

Covance 社ラボ、米国

トピック: 食品汚染物質、残留農薬、不純物を分析する新しいメソッドの開発

ビデオを観る (日本語字幕入り)
Dr. Peter Fürst

Peter Fürst 博士

化学物質・動物用医薬品分析研究所、ドイツ

トピック: 食品および飼料中の農薬分析

ビデオを観る (日本語字幕入り)

残留農薬分析メソッド
アプリケーションキット

食品安全分野のエキスパートが解説する適用事例を用いて、残留農薬分析メソッドを入手できます。

3 つの有用なウェビナーをご覧ください。

  1. 最新の LC/MS/MS を用いた農薬類の tMRM による分析とオンライン希釈を用いた農薬類の一斉分析
  2. 堅牢性に優れた GC/MS/MS メソッド
  3. 分析の信頼性と生産性が向上する EMR—Lipid Plusを用いた前処理による残留農薬分析

農薬メソッドには、最新のアプリケーションノートが含まれており、今後の規制の動向なども把握することができます。

今すぐダウンロード

お客様をサポート

アジレントの完全なワークフローは、多種類の農薬に対して高感度分析できる、定評ある信頼性の高い分析方法です。

前処理

脂質除去

分析対象物の回収率を損なうことなく複雑なマトリックス中の脂質を選択的に除去

詳しくはこちら

分析

GC および LC
カラム/消耗品

さまざまなアプリケーションで再現性の高い分析を実現

詳しくはこちら:  GC  |  LC

質量分析装置

実サンプルで選択性と信頼性の高い測定を実現

詳しくはこちら

結果

MassHunter
ワークステーションおよび
OpenLAB ソフトウェア

コンプライアンスの準拠と優れた操作性を実現

詳しくはこちら

メソッドおよび
アプリケーションの
コンサルティングサービス

メソッドおよびアプリケーションの最適化

詳しくはこちら