【NEW】
LC/MSD

LC/MS システム

【NEW】
LC/MSD

新しい Agilent InfinityLab 液体クロマトグラフィー/質量選択検出器 (LC/MSD) システムは、質量分析の高い性能で分析の信頼性を向上させます。LC/MSD は作業の高い効率を望む研究者のために設計されています。製薬分野での分析から合成化学、食品検査アプリケーションに至るまで、アジレントの LC/MSD は比類ない使いやすさと多くの知見をもたらします。シングル四重極 LC/MSD システムは、1260 および 1290 Infinity II LC システムと一体化されたシステムとして動作します。MSD とデータ報告ソフトウェアツールとを最適に組み合せることで、ラボのオペレーション効率を高め、投資による利益を増大させます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • OpenLAB クロマトグラフィーデータシステムまたは OpenLAB CDS ChemStation Edition ソフトウェアに、質量分析計の MS データが直観的に使えるソフトウェアのインターフェースで解析を行うことができ、分析作業を効率化できます。
  • MassHunter Walkup ソフトウェアでは複数のユーザーのオープンなアクセス操作を単純化することができます。
  • 高感度の質量分析計により、サンプル前処理および LC メソッド開発で効率化がはかれます。
  • 超高速スキャンスピードによって、UHPLC の高いクロマトグラフ分離を十分に活用できます。
  • OpenLAB CDS を用いることで、アメリカ食品医薬品局 (US FDA) 21 CFR Part 11、欧州連合 Annex 11、および同様の各種規制の要求事項を満たすデータインテグリティを確保することができます。
  • ライブラリ検索は、化合物の確認を簡単に行うことでき、測定結果の信頼度を最大限に高めます。
  • LC /MSD は Agilent 1260 および 1290 Infinity II シリーズにのモジュールを上に積み重ねることが可能な設計となっており、LC/MSD のレイアウトが自由に行える他に、ラボの設置スペースを削減することができます。
  • ESI、APPI、APCI、およびマルチモードイオン源などの各種イオン源を使用することが可能で、様々な化合物を検出する柔軟性があります。
  • Cerno Bioscience MassWorks の画期的な MS キャリブレーション技術によって、Agilent InfinityLab LC/MSD システムで高い質量精度のデータを得ることができます。

ページTOP