LC オートサンプラによるピペッティングの自動化

LC オートサンプラによるピペッティングの自動化:Agilent 1260 Infinity II バイアルサンプラおよびマルチサンプラのインジェクタプログラムを用いたキャリブレーション溶液の調製

Pub.No. 5994-1704JAJP

【要旨】

Agilent オートサンプラのインジェクタプログラムにより、キャリブレーション溶液の調製などの分注のワークフローを自動化できます。分注手順の自動化により、手作業で生じる時間と費用を低減できます。 この技術概要では、インジェクタプログラムと Agilent 1260 Infinity II バイアルサンプラまたはAgilent 1260 Infinity II マルチサンプラを組み合わせて、キャリブレーション溶液と標準希釈液を調製し、検出限界および定量限界(LOD および LOQ)を求める手順を解説します。オートサンプラで調製したキャリブレーション溶液を使用すると、キャリブレーションのための優れた直線性が得られます。

分野 製薬/バイオ医薬品食品一般化学(スペシャリティケミカル)メタボロミクスプロテオミクス環境
キーワード Agilent 1260 Infinity II Prime LC System、 Agilent 1260 Infinity II Vialsampler、 Agilent 1260 Infinity II Multisampler、 calibration、 pipetting 
掲載年月 2020/02
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 935kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)