Cary 4000 UV-Vis 分光光度計

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

Cary 4000 UV-Vis 分光光度計

175 ~ 900 nm の優れた測光性能

Cary 4000 は、175 ~ 900 nm の範囲で優れた測光性能を発揮する高性能 UV-Vis 分光光度計で、最小限のサンプル前処理で生物工学サンプルを分析するための強力なツールになっています。Windows ベースのモジュール式ソフトウェアである Cary WinUV ソフトウェアで制御され、バイオおよび医薬品用の固有のモジュールと共に発注できます。UV-Vis 分光光度計には、温度制御、オートサンプラ、マルチセルホルダ、シッパーなど、液体サンプル用の多くのオプションアクセサリがあります。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • リファレンスビームアテネーションにより最大 8.0 の吸光度で測定します。
  • WinUV ソフトウェア– バイオおよび医薬品用のオプションモジュール。
  • 温度制御、液体および固体サンプルホルダ、オートサンプラ、マルチセルホルダ、シッパー、蛍光などの汎用的なアクセサリのセット
  • データ分解能を最適に制御する可変スリット幅 (最小 0.01 nm)。
  • アクセサリを迅速に変更するための精密なロックダウンメカニズムがある大型サンプルコンパートメント
  • シュヴァルツシルト型カップリング光学系を使用した最大の大光スループット
  • フローティングアルミニウムキャスティングとダブルリトロー モノクロメータを使用した大最小限のノイズと迷光
  • サンプル吸光度に合わせてリファレンスビームを減光させることによる拡張ダイナミックレンジ
  • 窒素ガスでのパージ – サンプルコンパートメントとモノクロメータコンパートメントを別々にパージします。

ページTOP