ハイスループット、質量分析注入
RapidFire 400

RapidFire MS システム

ハイスループット、質量分析注入
RapidFire 400

Agilent RapidFire 400 は、自動固相抽出(SPE)に基づいて超高速サンプルクリーンアップを行う最新のインテグレートオートサンプラで、質量分析のハイスループットサンプル導入装置です。
ハイスループットラボ用に設計された大容量プレートハンドリングロボットが、温度制御された 1536 ウェルを処理します。サンプル注入時間はわずか 8 秒であるため、週末の無人でのオペレーションが可能です。

ターゲット薬物の適格性に関して、信頼性が高く正確なハイスループット測定を実現します。
薬物探索における自動 ADME、化合物結合評価、代謝プロセスの解明、新規メタボロミクスターゲットの探索など、数多くのさまざまな応用実績があります。RapidFire 400 は PC1 台で完全に制御されるため、 アジレントの LC/Q-TOF または LC/TQ ならどれでも組み合わせることができます。Ultivo LC/TQ をシステムに統合すれば、オートサンプラと質量分析を組み合わせて使用するのに必要なスペースが大幅に削減できます。 本製品は一般的な実験用途での使用を想定しており、医薬品医療機器等法に基づく登録を行っておりません。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特徴

  • ロボットは、単一の制御ソフトウェアを使用して、アジレントのトリプル四重極、飛行時間型、および四重極飛行時間型質量分析計で使用できます。
  • Ultivo LC/TQ を RapidFire 400 と統合すれば、貴重なラボスペースを節約することができます。
  • 実績のある Agilent 1260 Infinity II クォータナリポンプが使用されています。革新的な流体工学に基づいた設計により、さまざまな分析が 1 回のバッチで可能です。
  • SPE(固相抽出)によるクロマトグラフィーを用いない超高速データ取り込みにより、データ取り込みが数分から数秒に短縮されます。
  • 扱えるサンプル容量が 1536 ウェルプレートで 98,000 サンプル以上で、長時間の無人分析が可能です。
  • 温度制御されたサンプル保管ユニットでは、サンプルを完全な状態で長期間保存できます。
  • 一体型のプレートハンドラロボットの利用で、バッチ構成が簡単になります。
  • バーコードによる管理で、ロードから分析までサンプルの完全性を保ち、追跡します。
  • サンプルあたり必要な溶媒は 0.5 mL 未満です。SPE カートリッジは数千サンプルで再利用できます。そのため、溶媒の使用量と廃棄物の発生量が大幅に削減できます。

ページTOP