1290 Infinity II マルチメソッドシステム

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

1290 Infinity II マルチメソッドシステム

複数ユーザーや複数サンプル – きわめて複雑な分離の課題を自動化
1290 Infinity II マルチメソッドシステムは、最大限のシステム活用と自動化を実現し、1台のシステムで異なるユーザーによるマルチメソッドUHPLC分析が可能です。UHPLCマルチメソッドシステムは複数の科学者が各々独自のUPLCメソッドにアクセスでき、最高のクロマトグラフィー性能での分析を可能にします。

Application Finder で、1290 Infinity および 1290 Infinity II マルチメソッドシステムのすべてのアプリケーションノートと技術概要を表示できます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • システムの手動操作を最小限に – 最大 32 個のカラム、最大 15 のモディファイアー(移動相)を自動的に切り替え、システムを自動運転することができます。
  • 1台のシステムですべてのメソッドにアクセス – 複数のユーザーが各々独自の多彩なメソッドにも自由にアクセス可能です。
  • Walkup システムとエキスパート LC の長所を統合 – 最大限の柔軟性と非常に高い分析性能を活用できると同時に、複数ユーザーへの対応により機器の稼働率が向上します。
  • 1290 Infinity II LC 技術 – きわめて困難なメソッドを最高 130 MPa で実行できます。また、ブレンドアシストソフトウェアを使用して分析中に原液から溶媒やバッファを動的に混合できます。
  • LC システムの数の削減 – インテリジェントシステムエミュレーション技術(ISET)によって、従来型の機器や他社製の機器からメソッドを便利に移管できます。
  • 1290 Infinity II マルチサンプラをデュアルニードルオプション付きで構成 – 例えば、分析困難なマトリックスを連続的に測定する場合やサンプルクリーンアップを必要とする場合、独立した注入路を使用するアプリケーション間で切り替えができます。
  • ニーズに応じてソフトウェアを選択 – きわめて直観的な操作が可能な Agilent OpenLab CDS 2 や、Walkup およびメソッド開発アプリケーション用のオプションのアップグレード付きの OpenLab CDS ChemStation Edition を活用できます。
  • 製品情報

ページTOP