Agilent 1260 Infinity II 高温 GPC システム

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

Agilent 1260 Infinity II 高温 GPC システム

最高 220 ℃ での再現性のあるポリマーの特性評価さまざまな用途で幅広く利用されているポリマーの 1 種であるポリオレフィン類など、今日のあらゆるエンジニアリングポリマーについての情報を 1260 Infinity II 高温 GPC システムが、提供します。この情報は、開発や所定のバッチがどのように処理され、最終製品でどのように機能するかの予測に役立ちます。ポリエチレンやポリアミド類などの分析困難な材料をルーチンで分析できるよう、様々な検出手法が検討されてきました。目的のポリマーがどれであっても、高温蒸発光散乱、光散乱、粘度による検出手法のすべてにより、豊富な情報を得ることができます。

Application Finder で、関連するアプリケーションノートと技術概要を表示できます。


本システムに関して、日本国内においては、エーエムアール株式会社が一部製品・ソリューションの販売、および、サポートを行っております。

Agilent InfinityLab GPC/SEC システム

  • お問い合わせ先 : アジレント・テクノロジー株式会社
  • お問い合わせ電話番号 : 0120-477-111
  • お問い合わせフォーム : http://www.agilent.com/chem/contactus:jp

高温 GPC、マルチ検出器 (MDS) および関連製品

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • サンプルの完全な溶解性 – 沈殿物が生じることなく、すべてのサンプル成分を最高 220 ℃ で注意深く温度調整
  • 効果的なろ過により添加物とゲルを除去 – グラスファイバおよびステンレスメンブレンによって、フィラーやあらゆるマイクロゲルを除去し、独自設計のピペッターを用いたサンプル注入により、サンプルハンドリングを最小に抑制
  • 正確で再現性のある結果を実現する優れた性能 – 低分散フローセルを搭載した検出器の選択で、最小のベースラインドリフトと最大の感度により優れた S/N 比を達成
  • 広くてアクセスが容易なカラムオーブン – 最大 6 本の 300 mm カラムを内蔵可能、簡単にカラムにアクセスでき、利便性と安全性の高い操作が可能
  • 分析に適した検出器を選択 – オーブンは示差屈折率検出器、光散乱検出器、粘度測定検出器を内蔵でき、加熱トランスファーラインによる高温 ELSD 用のフローセルインタフェースを最も完璧なポリマー特性を得るために利用可能
  • 最小のデッドボリューム – バンド幅の拡散を低減
  • 高精度の溶媒送液 – 業界標準のアイソクラティックポンプによる正確で再現性の高い送液により再現性の高い分子量測定を実現。高温蒸発光散乱検出の使用時にグラジエントが可能となり、構造的な情報を提供
  • プログラム操作も簡単 – 機器制御およびデータ分析のすべての側面を Windows 10 と完全に互換性のある独自の専用マルチ検出器 GPC ソフトウェアによって操作でき、オンラインヘルプの利用が常に可能
  • サンプル劣化の回避、溶解性の保持 – 独自のデュアルゾーン加熱オートサンプラによりベースラインの乱れを最小に抑えて分析中のサンプルの沈殿および劣化のリスクを排除
  • 溶媒と廃液の柔軟な管理 – ラボのニーズに適合する溶媒のボトルとドラム
  • 貴重なラボスペースを節約 – 以前の機器と比べて設置スぺースを大幅削減
  • 製品情報

ページTOP