【NEW】5900 ICP-OES

マルチ型 ICP 発光 (ICP-OES)

【NEW】5900 ICP-OES

Agilent 5900 SVDV ICP-OES システムは、ハイスループットラボ向けに開発された発光分光分析計です。他の ICP-OES よりも短い時間で、1 サンプルあたりのコストを抑えて、信頼できる正しい答えを得ることができます。

5900 SVDV ICP-OES は、革新的なフリーフォームの光学系、内蔵のセンサ、アルゴリズム、診断機能から成るシステムを備え、スループットを最大化できるよう完全に最適化されており、競合に対する優位性が得られます。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • シンクロナスバーティカルデュアルビュー (SVDV) により、コストを抑えつつ、より多くのサンプルを分析できます。SVDV ではユニークなダイクロイックスペクトルコンバイナ (DSC) を活用し、1 回の読み込みでプラズマのアキシャルビューとラディアルビューの両方での捕捉が可能です。これにより、最短の時間で正確な分析結果が得られます。
  • 分析を高速化し、アルゴンの使用を大幅に減らし、同時に 5900 ICP OES に内蔵された一体型アドバンスドバルブシステム (AVS) を使用して最高の分析精度を達成できます。
  • IntelliQuant スクリーニングを使用すれば、分析する元素や波長を選択することなく、データ収集を数秒で開始できます。
  • アジレント独自の IntelliQuant 機能を使用し、波長範囲全体からデータを捕捉することによって、サンプルをより詳細に分析できます。IntelliQuant は、スペクトル干渉を特定して、毎回正しい答えが確実に得られるようにアドバイスを提示します。
  • 装置の状態をスマートな方法で追跡します。メンテナンスが必要となる時期をユーザーに知らせるセンサやカウンタによって、ダウンタイムとメンテナンスコストを低減します。
  • Neb Alert 機能により、無駄な時間やトラブルシューティングのコストを回避できます。この機能はネブライザを常にモニタリングして、クリーニングが必要なときや漏れが生じたときにアラートを出して知らせます。
  • ICP Expert ソフトウェアに組み込まれたスマートアルゴリズムを使用することで簡単にメソッド開発を実現します。アルゴリズムには、適合バックグラウンド補正 (FBC)、高速自動カーブフィッティングテクニック (FACT)、元素間干渉補正 (IEC)、IntelliQuant、インテリジェントリンスがあります。

ページTOP

仕様

  • 新製品 Agilent 5900 SVDV ICP-OES は、ハイスループットと 1 サンプルあたりのコストの最小化を目指すラボ向けに開発されました。SVDV 構成には、アドバンスドバルブシステム (AVS 7)、ICP Expert PRO、1 回の測定で垂直配置プラズマからのアキシャルおよびラディアル光を捕捉して併用する独自のダイクロイックスペクトルコンバイナ (DSC) 技術が標準で付属しています。
  • この装置は、167~785 nm の波長範囲全体での高速同時測定を提供するユニークな検出システム、感度と分解能を強化する自由曲面光学系技術による垂直配置トーチと新しい光学系デザインも特徴となっています。
  • また、5900 には、ネブライザガス、プラズマガス、補助ガス、メークアップのチャネルすべてに対してマスフローコントロール機能が標準で付属します。5900 ICP-OES 装置には、Easy-Fit トーチ、ダブルパススプレーチャンバ、SeaSpray ネブライザ、サンプル用および廃液用ポンプチューブ、サンプル導入システムも含まれています。
  • 寸法 (幅 x 奥行 x 高さ): 625 mm x 740 mm x 887 mm

ページTOP

機能や働き

  • 独自のダイクロイックスペクトルコンバイナ技術
  • Agilent 5900 シンクロナスバーティカルデュアルビュー (SVDV) ICP-OES は、独自のダイクロイックスペクトルコンバイナ (DSC) を搭載しています。DSC により、微量元素からの発光をプラズマのアキシャルビューから捕捉できます。同時に、プラズマのラディアルビューから一般的に豊富にある元素 Na および K からの発光を捕捉します。1 回の測定で両方のビューを捕捉し、最短の時間で正確な結果を提供します。
  • SVDV モードの使用により、アキシャルとラディアルでの個別の測定や複雑なメソッド開発も不要となります。
  • ダウンタイムの最小限化
  • 垂直配置トーチを使用すると、総溶解固形分が高いサンプルの測定時に、トーチへの堆積物が少なくなります。堆積物が少ないと、クリーニングやトーチの交換が少なく、ダウンタイムが低減します。
  • 垂直配置トーチのアキシャルビューとラディアルビューの両方を同時に使用することにより、微量元素の測定と、より高い濃度で存在する Na および K の測定とを同時に実行できます。
  • つまり、5800 および 5900 ICP-OES 装置に搭載された垂直配置トーチにより、分析困難なサンプルの堅牢な測定が実現します。
  • 所有コストの最小化
  • 5900 SVDV ICP-OES では 1 サンプルあたりに必要な測定が 1 回のみとなるため、他の ICP-OES 装置と比べて大幅な高速化が可能です。測定の高速化により、アルゴンの消費量が減ります。そして、アルゴンの消費量の減少により、コストを低減できます。
  • 例えば、5900 装置を SVDV モードで使用し、US EPA 200.7 メソッドに従って水サンプルを測定した場合、アルゴンの消費量は 20 L です。同じ測定を比較すると、5800 をデュアルビューモードで使用した場合は 27 L、他社の ICP-OES 装置を使用した場合は 40 L 以上となります。

ページTOP

アクセサリ

  • 5900 のアクセサリ
  • 5900 ICP-OES は、さまざまなアプリケーションに対応でき、卓越した性能を発揮できるように開発されました。ラボのワークフローを最適化する自動化サンプリングシステムのオプションも豊富に用意されています。
  • 水冷却装置

    1 HP の水冷却装置により、ICP-OES 装置を最適な性能で長期にわたって稼働させることができます。

    アドバンスドバルブシステム (AVS)

    AVS は、6 ポートまたは 7 ポートスイッチングバルブシステムです。5800 ICP-OES の分析 1 回あたりのコストを削減し、生産性を 2 倍以上に高めます。AVS のバブルインジェクション機能により、サンプル取り込み時間、安定化時間、および洗浄時間を短縮し、卓越した分析精度を実現します。

    詳細については、AVS の技術概要をご覧ください。

    SPS 4 オートサンプラ

    自動多元素分析用の SPS 4 は、原子分光分析のための次世代の高性能オートサンプラです。サンプル数が多く、高速で信頼性の高いオートサンプラを必要とするハイスループットラボのニーズに適合するように設計されています。小型で静か、また使いやすく手ごろな価格となっています。貴重なベンチスペースを無駄にすることなく周辺の汚染から保護できる、完全に一体化されたカバーもオプションで提供しています。
    詳細については、SPS 4 のリーフレットをご覧ください。

    IsoMist

    IsoMist は、温度制御されたスプレーチャンバです。–10 ~ +60 °C の間で調整できます。スプレーチャンバの温度を低くすると、揮発性有機溶媒の分析の長期安定性が向上します。

    詳細については、IsoMist の技術概要をご覧ください。

    加湿器
    長期安定性が向上

    加湿器はネブライザガスを湿らせてサンプル導入コンポーネントへの高マトリックスサンプルの蓄積を低減します。

    マルチモードサンプル導入システム (MSIS)
    1 ppb 以下の微量 As、Se、Hg の検出に

    マルチモードサンプル導入システム (MSIS) 1 ppb 以下の微量 As、Se、Hg の検出に マルチモードサンプル導入システムは、低 ppb レベルの検出下限で、As、Se、Hg などの環境に影響を与える元素を同時に分析します。水素化物技術によって大幅に向上した性能を実現しています。さらに、3 つのモードの選択肢があり、同じ設定を使用し切り替えることなくルーチン元素と水素化物元素を測定することも可能です。

    OneNeb 不活性ネブライザ
    有機溶媒と強酸に対応

    Agilent OneNeb 不活性ネブライザは、分析困難なサンプルを処理できるように開発されました。不活性プラスチック構造により、有機溶媒や強酸への耐性を持つと同時に、目詰まりがないように設計されているため、塩濃度の高いサンプルにも適用できます。詳細については、OneNeb のビデオおよびリーフレットをご覧ください。

    アプリケーションに特化したサンプル導入オプション
    アプリケーションを問わず、あらゆるサンプルに対応

    最適化されたトーチおよびサンプル導入キットを豊富に取り揃えており、有機溶媒、高塩/高マトリックスサンプル、フッ酸 (HF) を含むサンプルに対応できます。容易なメンテナンス、簡単な交換、経済的な使用といった特長を備えた取り外し可能なトーチを使うと、コストを最小限に抑えることができます。

ページTOP