コンプライアンス

コンプライアンス

ラボのコンプライアンスを確保するためのサービスとサポート

分析結果が規制項目の対象となるラボにとって、データインテグリティはますます大きな課題となっています。業界を問わず、規制対象ラボには用途に対する分析機器やソフトウェアの適格性を立証し、文書化することが求められます。このような法規制に対するコンプライアンスの範囲は、機器やソフトウェア性能の評価方法にまでおよびます。


年々厳格化する法規制へのコンプライアンスに取り組むお客様に向け、Agilent CrossLab グループは分析機器適格性評価 (AIQ) プロセスをエンドツーエンドでサポートする自動コンプライアンスソリューションを開発しました。Automated Compliance Engine (ACE) は、データインテグリティと用途に関する要件に対処することのできる、監査に対応した電子形式の適格性評価ソリューションです。

この他、コンピュータシステムバリデーション、監査/評価、カスタム手順の作成など、幅広いカスタムバリデーションサービスもご用意しています。これらのサービスをご利用いただくことで、データインテグリティ、適格性評価、およびコンピュータシステムバリデーションに万全に備えることができます。