Rohs 指令、車室内 VOC に対応した分析例 / おもちゃにおけるフタル酸測定

特集1: Rohs 指令、車室内 VOC に対応した分析例
 
加熱脱着 GC/MS による高分子材料中 PBDEs の分析
(アプリケーションノート Publication No. MS-200711-002、PDF)
 

2006年 7月1日に RoHS 指令が施行され、有機物では臭素系難燃剤の一種であるポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDEs)及びポリ臭化ビフェニル(PBBs)が規制対象となっています。PBDEs 及び PBBs の分析は、溶媒溶解分別法あるいはソックスレー抽出法の後、GC/MS 測定を行なう方法が一般的ですが、精製など煩雑な操作を伴うため簡便な分析法の開発が望まれます。一方、加熱脱着装置は、一般に、予め吸着剤 (Tenaxなど) に有機化合物を捕集し、その吸着剤を加熱しその有機化合物を脱離する装置ですが、固体試料に限れば、直接、試料から有機化合物の加熱脱離を行うこともでき、実際に高分子材料中の添加剤分析などにも使われています。
そこで本アプリケーションノートでは、小型の加熱脱着装置 (TDU) を多機能オートサンプラ (MPS2) と組み合わせて高分子材料中 PBDEs の GC/MS 分析を検討しました。

関連アプリケーション
GCMS-200803NK-003 パイロライザ GC/MS による高分子材料中 臭素系難燃剤の分析
5989-5603JAJP GC-ICP-MS によるポリ臭素化ジフェニルエーテル (PBDEs) の分析
5989-3574JAJP RoHS/ELV 指令のための ICP-MS による重金属の測定
5988-8915JAJP レーザーアブレーション ICP-MS による電子セラミックスの分析
GCMS-200805NK-002 ヘッドスペース GC/MS による VOC、MTBE 及び 1,4-ジオキサンの一斉分析
GCMS-200805NK-001 内径 0.18mm カラムを用いるヘッドスペース GC/MS による VOC、MTBE 及び 1,4-ジオキサンの高速分析
MS-200711-001 水試料中 2-MIB 及びジェオスミンの SPME-GC/MS による分析
MS-200703-003 自動車内装材料から放散する SVOC の簡易分析法

試料導入装置との組み合わせによる化成品・工業材料分析の試み

(2007年 GC/MSDセミナー資料、PDF、1.52MB)

 
特集2: 玩具におけるフタル酸エステル分析
 

平成22年9月6日付で、おもちゃにおけるフタル酸測定の通知がなされました。

平成22年9月6日 「おもちゃにおけるフタル酸エステルの試験法について」

平成23年8月12日 「おもちゃにおけるフタル酸エステルの試験法の一部改正について」

測定対象
乳幼児が接触することによりその健康を損なうおそれがあるものとして厚生労働大臣の指定するおもちゃ

測定対象成分(フタル酸エステル6種類)

  • フタル酸ビス(2 - エチルヘキシル)
  • フタル酸ジイソノニル
  • フタル酸ジ - n - ブチル
  • フタル酸ベンジルブチル
  • フタル酸ジイソデシル
  • フタル酸ジ - n - オクチル
    ※従来の2物質から拡大されました。

分析方法
ガスクロマトグラフ・質量分析計 (GC/MS)
又は水素炎イオン化検出器付きガスクロマトグラフ (GC-FID)

同 6成分の分析例を含むアプリケーションノートはこちら
GCMS-200808NK-001 加熱脱着 GC/MS による高分子材料中グリーン調達関連物質の分析

フタル酸エステル類の標準品(各50ng)の SIM/Scan 同時取り込みによるクロマトグラム