RoHS/ELV 指令のための ICP-MS による重金属の測定

RoHS/ELV 指令のための ICP-MS による重金属の測定

Pub.No. 5989-3574JAJP

【要旨】

2006 年7 月から始まるEU の規制に向けて、日本環境ではPBBs/PBDEs 等を含めたRoHS/ELV 規制6 項目の分析を行っている。カドミウム、鉛、総クロム(規制対象は六価クロム)及び水銀などの重金属類の分析については、効率がよく精度の高いマイクロウェーブ分解による前処理と、最先端の測定方法であるICP-MS 法を導入した一括処理により、精度の向上と分析コストの低減の両立を実現している。

分野 環境金属、鉱業一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード RoHS/ELV、 ICP-MS、 7500c、重金属、5989-3574JAJP 
掲載年月 2005/08
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 411kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

上から#0454、#0455、#0456 のヒストグラムと弊社の結果
(矢印で示す)(#0454 および#0455 はカドミウム、
#0456 は鉛が測定対象)