パイロライザGC/MS による高分子材料中 臭素系難燃剤の分析

パイロライザGC/MS による高分子材料中 臭素系難燃剤の分析

Pub.No. GCMS-200803NK-003

【要旨】

高分子材料中臭素系難燃剤の前処理に、パイロライザを用いました。発生ガス分析(EGA)法により、臭素系難燃剤の熱抽出条件を容易に決定できました。熱抽出法により、簡便、迅速に前処理が可能でした。(加熱脱着装置GC/MS による臭素系難燃剤の分析については、アプリーションノートMS-200711-002 を参照)

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)環境
キーワード 臭素系難燃剤、熱抽出、パイロライザ、RoHS、GC/MS、GCMS-臭素系難燃剤、熱抽出、パイロライザ、RoHS、GC/MS、200803NK-003 
掲載年月 2008/03
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 356kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
フロンティア・ラボ社製ダブルショットパイロライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

試料中DecaBDE の温度プロファイル