一般化学(スペシャリティケミカル)

一般化学(スペシャリティケミカル)

製薬業界は、ビジネス、科学、規制など、絶え間ない課題に直面しています。
個別化医療から CRO まで、今日の医薬品を市場に出すプロセスは、10 年前とは劇的に異なります。 10 年後はどうなるでしょうか。
そのためには、

  • 原料は正しくそして適切な純度を持っている
  • バッチ反応を止めて最適の収率を得るには可能な限り素早く停止しなければならない
  • 最終製品の品質が希望通りか

ということが重要になってきます。

アジレントはフレキシブルで堅牢なハードウェアとソフトウェア、そして長年にわたる蓄積された知識をご提供いたします。
これはお客様の規格を満足させながら、より低コストで製品を市場に出すことにつながります。
アジレントは、化学アプリケーションに最適なソリューションを開発し、お客様にご提供いたします

一般化学(スペシャリティケミカル) 関連記事

一般化学(スペシャリティケミカル) 関連資料

  • GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー オンデマンド版(第1回~第4回)GC 、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。ご好評いただいたウェビナーのオンデマンド版の提供を開始いたします。
  • GC、GC/MS を用いた香気分析ウェビナー オンデマンド版(第5回~第6回:中級編)GC、GC/MS を用いた香り、におい、異臭などの香気成分分析は、食品だけでなくその包装材や様々なマテリアルや、その他幅広い分野で行われており、新製品開発からクレーム処理まで様々な用途で用いられております。第5回と第6回は、GC および GC/MS を用いた香気成分分析関連に関するウェビナーの中級編です。
  • Agilent 8900 ICP-QQQ による希土類元素中の希土類元素分析のご紹介ウェビナー2006 年 7 月から始まる EU の規制に向けて、日本環境では PBBs/PBDEs 等を含めた RoHS/ELV 規制 6 項目の分析を行っている。カドミウム、鉛、総クロム(規制対象は六価クロム)および水銀などの重金属類の分析については、効率がよく精度の高いマイクロウェーブ分解による前処理と、最先端の測定方法である ICP-MS 法を導入した一括処理により、精度の向上と分析コストの低減の両立を実現している。
  • spICP-MS によるナノ粒子分析のご紹介ウェビナー半導体、材料、化成品、環境分野で近年注目を集めている ICP-MS によるナノ粒子分析。ICP-MS でナノ粒子分析をする背景、測定原理や測定パラメータの注意点、更にアプリケーション事例をご紹介します。

一般化学(スペシャリティケミカル)
イベント情報

一般化学(スペシャリティケミカル)
キャンペーン情報