【NEW】
6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF

LC/MS システム

【NEW】
6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF

Agilent 6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF システムは、バイオ医薬品の特性解析で複数のワークフローを処理できるように設計されています。6545XT AdvanceBio Q-TOF を使用すれば、インタクトタンパク質の必要な情報を取得します。ペプチド解析ではタンパク質のアミノ酸配列の情報を取得します。また翻訳後修飾を解明する必要がある場合に、信頼性の高い結果を得ることができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • インタクトタンパク質およびペプチドワークフロー用の Agilent AdvanceBio LC カラムを使用したクイックスタートメソッドによって迅速な測定が可能です。
  • MassHunter BioConfirm ソフトウェアによるデータワークフローの自動化によって、インタクトタンパク質の詳細な解析が可能です。
  • SWARM オートチューンによって、ユーザーのニーズに合わせて装置のパフォーマンスを最適化できます。新しい高分子設定によって、モノクローナル抗体をサブナノグラムレベルで検出できます。
  • グリコシル化インタクトタンパク質の場合、結果の質量精度は 10 ppm 以内です。
  • 強力な新しい反復 MS/MS 機能によって、酵素消化サンプルを詳しい解析が可能です。
  • タンパク質を使用した耐久性試験の結果、数千回注入しても装置性能は低下することなく稼動時間を最大にすることができます。
  • イオンオプティクスのキャピラリを真空を開放することなくクリーニングできるため、メンテナンス時間を最小限に短縮できます。

ページTOP