ICP-MS リソース

専門家による確かなアドバイス

Agilent ICP-MS 分光分析法技術情報

科学者を支援するアジレントのエキスパート

莫大なコストを伴うダウンタイムを最小化し、ICP-MS から大きな成果を導き出すには、機器のメンテナンスや運用に関する最新のベストプラクティスを取り入れる必要があります。

アジレント ICP-MS 分光分析法の技術情報では、ビデオ、メンテナンス手順、トレーニングコースなど、日々の分析に役立つ情報をまとめてご覧いただけます。日々の生産性を最大化し、ラボで飛躍的な成果を収めるためにお役立てください。このページをブックマークにご登録していただき、随時ご確認いただくことをおすすめします。

ICP-MS のメンテナンスおよびトラブルシューティングのビデオ

パート 1: 概要

ビデオのスクリーンショット

分析結果の信頼性の向上。正確な標準液やサンプル前処理、サンプル導入の問題の診断、点検サービスの実施について説明します。

パート 2: サンプル導入

ビデオのスクリーンショット

サンプル導入の問題から生じるダウンタイムの防止。ペリスタルティックポンプチューブの確認方法、ネブライザの詰まりを防止・解消する方法、精度を高め、メモリ効果を低減する方法を紹介します。

パート 3: トーチボックス

ビデオのスクリーンショット

プラズマ点火の問題の解決と最適な性能の維持。トーチ、ボンネット、シールドプレート、RF コイルの点検方法を解説します。また、トーチのクリーニング方法も説明します。

パート 4: インタフェース

ビデオのスクリーンショット

ドリフトを排除し、コストのかかるサンプル再分析を回避。インタフェースコーンの正しいクリーニングとコンディショニングの方法を紹介します。

専門家からのヒント: ICP-MS の完璧な性能を実現するために

ネブライザの詰まりを防ぐ

ネブライザの詰まり

サンプルをプレフィルターに通すこと、オートサンプラプローブを最適な高さに調節すること、リントフリーの布だけを使用することが大切です。サンプルが変わった場合 (実験が終了するたびに) 、ネブライザを完全にすすぎます。詳細はこちら

インタフェースコーンに気を配る

適切なクリーニング技術を用いること、および分析前にコーンをコンディショニングすることにより、高い感度、低バックグラウンドノイズ、長期にわたる安定性を維持します。詳細はこちら

コーン

クリーンに保つ

クリーニング

ネブライザやスプレーチャンバ、トーチを適切な方法でクリーニングすることにより、長期的な性能を向上させ、汚染を低減します。詳細はこちら

高品質の標準液を使用する

既知の不確かさが提示されている Agilent ULTRA 標準物質など新しい標準液を準備することにより、正確で高精度の較正データを確保します。高純度の試薬と脱イオン水だけを使用し、汚染を低減します。詳細はこちら

標準

ポンプチューブも忘れない

ポンプチューブ

ペリスタルティックポンプチューブを定期的に点検し、必要に応じて交換することにより、精度を高め、QC エラーを低減します。詳細はこちら

導入サンプルの検査

導入するサンプルの汚れ、詰まり、損傷が、感度、精度、バックグラウンドに悪影響を及ぼす可能性があります。コーンやネブライザ、チューブを定期的に検査する必要があるのはこのためです。詳細はこちら

コーンを検査する科学者

包括的な ICP-MS ワークフローに必要な革新技術

ICP-MS 消耗品

機器の長期にわたる信頼性を保証

消耗品

結果の品質の低下や、機器のダウンタイムのリスクは回避する必要があります。アジレント純正の消耗品なら、Agilent ICP-MS 機器の優れた性能を維持することができます。

詳細はこちら

ICP-MS 標準液

確実なキャリブレーション

標準

ULTRA Scientific の買収に伴い、多岐にわたる ISO Guide 34 認定標準物質をお買い求めいただけるようになりました。さらに、ラボの仕様に合わせた柔軟なカスタムソリューションもご用意しています。

詳細はこちら

ICP-MS システム

高速、高感度、柔軟な元素分析

システム

Agilent 7800 および 7900 四重極 ICP-MS システムは、非常に優れたマトリックス耐性とダイナミックレンジを実現します。Agilent 8900 トリプル四重極 ICP-MS には MS/MS 操作が追加されており、リアクションセルプロセスを正確に制御できるため、一貫性のある正確な結果を得ることができます。

詳細はこちら
テクニカルノート

アジレントのコーンと他社製コーンの決定的な違いを紹介する新しい技術概要

以下の点について、どちらのコーンが優れているかをお確かめください。

  • 納入と同時に得られる感度
  • 検出下限
  • 信号の安定性など
今すぐダウンロード
拡大鏡

コーンケアキット

ご購入いただいた Agilent コーンケアキットには、拡大鏡が含まれています。

見積りを依頼
Agilent University

Agilent University:
チームとラボの潜在能力を解き放つ

機器の稼動時間、ラボの生産性、高い分析精度を確保するためには、高いスキルの維持が不可欠です。Agilent University では、初心者向けコースから上級クラスまで、あらゆるレベルのスタッフに役立つ幅広い教育コースをご用意しています。ご都合に合わせてクラスルーム、オンサイト、およびオンラインで受講いただけます。予算の管理に便利なプリペイド式チケットもご利用いただけます。

詳細はこちら

ICP-MS 開発の最新情報を提供

Agilent ICP-MS ジャーナルをご購読ください。四半期に一度、受信トレイに届くこのジャーナルには役立つ記事が満載です。

  • 製品やソフトウェアの技術革新に関する最新情報
  • アプリケーションや技術開発に関する詳しい記事
  • 実際のラボでの事例
  • 機器の操作、ソフトウェア、消耗品などについての実用的なヒント
今すぐ購読申し込み
ICP-MS ジャーナル

コーンの比較に関する技術概要 (または詳細情報) をご希望の場合は、
以下のフォームに必要事項をご記入ください。

ダウンロードはこちら