【NEW】
DB-BAC1 ウルトライナートと 
DB-BAC2 ウルトライナート

ガスクロマトグラフ

【NEW】
DB-BAC1 ウルトライナートと
DB-BAC2 ウルトライナート

Agilent J&W ウルトライナート DB-BAC1 および DB-BAC2 カラムは、Agilent J&W ウルトライナート GC カラムファミリーのカラムで、t-ブタノール および n-プロパノールを血液マトリックス中でよく見られる干渉物から分離することができます。GC/FID/FID 分析でこのカラムセットを使用すると、カラム独自の極性により優れた選択性が実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 正確な血中アルコール定量のための優れたソリューションです。
  • 血中アルコールの分離困難なピークに対して最適化された分離能とベースライン分離を実現します。
  • 低濃度化合物に対して優れたピーク形状を提供し正確な積分が可能です。
  • 微量濃度の分析困難な極性対象化合物も正確に同定できます。
  • 各カラムは、カラム性能を検証するために専用の QC テスト混合物でテストされています。
  • t-ブタノールまたは n-プロパノールのいずれかを内部標準として使用して、2 分強の高速分離を実現しています。
  • Agilent エタノール標準溶液は、血中アルコールの定量分析に適しており、NIST と欧州標準物質 (ERM) にトレース可能です。
  • Agilent 血中アルコールチェックアウト混合溶液により、血中アルコールワークフローの性能を検証できます。
  • 同等品には、Rtx-BAC Plus 1、Rtx-BAC Plus 2、ZB-BAC-1、ZB-BAC-2 があります。

ページTOP

仕様

  • Agilent J&W DB-BAC1 ウルトライナートと DB-BAC2 ウルトライナートの構成
    DB-BAC1 ウルトライナート
    内径 (mm) 0.32 mm、0.53 mm
    長さ (m) 30 m
    膜厚 (µm) 1.80 µm、3.00 µm
    温度上限 (℃) 20 ~ 270 ℃
    DB-BAC2 ウルトライナート
    内径 (mm) 0.32 mm、0.53 mm
    長さ (m) 30 m
    膜厚 (µm) 1.20 µm、2.00 µm
    温度上限 (℃) -20 ~ 260 ℃

    *法医学アプリケーション用

ページTOP