Bio-Monolith Protein A、
Protein G

LC と LC/MS カラム

Bio-Monolith Protein A、
Protein G

Agilent Bio-Monolith Protein A、Protein G カラムは、高速かつ正確な mAb 抗体価の定量と、更なる特性解析のための少量の mAb 精製を可能にします。これらのモノリスカラムは、Agilent 1100、1200、1260 バイオイナートクオータナリ LC を含む HPLC および UHPLC システムで使用できます。
 
Agilent Bio-Monolith Protein G カラムは、Agilent Bio-Monolith Protein A に結合しない IgG 分子の精製に最適です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • すべての IgG サブクラス (ヒトおよびマウス) の分離分析。プロテイン G は、プロテイン A に結合しない IgG 分子に異なる選択性を提供します。
  • 流量に左右されない分離。拡散、ポア、ボイドボリュームがないため、移動相と固定相の間の高速移動が可能です。
  • 超高速分離。メソッド開発をスピードアップしてコストを削減できます。
  • メソッドパラメータの固定化。分析時間とバッファを大幅に削減します。
  • 主なアプリケーションとして、IgG の定量 (発酵力価の計算) に使用されます。

ページTOP