水分析 : 汚染物質の同定

ノンターゲット分析による環境中汚染物質の検出と同定

医薬品、PCP、農薬、また潜在的な毒性を持つその他の化合物は、環境化学研究者にとって検出が困難です。既知の汚染物質のターゲット分析では、Agilent UHPLC や LC/MS/MS システムにより、フェムトグラム以下で微量分析が可能です。

Agilent 6400 シリーズ LC/Triple-Quad MS によるダイナミック MRM 取り込みモードでは最大で 4,000 個の化合物を定量できるだけでなく、タイムセグメントをマニュアルで設定する必要もありません。Agilent 1290/6460 UHPLC/Triple-Quad MS システムと Agilent 高分離 LCカラムで開発した UHPLC/MS/MS メソッドを用いた 1 ppb 以下のレベルで約 36 個の化合物の LOD および LOQ がアプリケーションを実現しています。

高性能な Agilent 6500 シリーズ LC/飛行時間型 MS システムの精密質量が測定できる能力活用することにより、新規もしくは進行しつつある 汚染物質の推定が実現できます。精密質量ライブラリや LC/MS アプリケーションキット等のソリューションを活用することにより、ターゲットとしていない予期しない化合物を高い信頼性で同定できます。これらの複数の高性能 Agilent 分析機器を使用することにより、ppm 未満の高い質量精度での MS スペクトルの測定と、試料に含まれるターゲット、ノンターゲットの化合物をすべて明らかにすることができます。下記のことも可能です。

  • 精密質量データベースおよびライブラリを使用した汚染物質の確認
  • アジレントアプリケーションキットを使用した高品質メソッドで測定
  • アジレントのサンプル前処理製品による干渉の選択的な除去
  • Agilent HPLC カラムの使用による速度、分離能、および感度の向上
 
 ビデオ

コロラド大学の Mike Thurman 博士および Imma Ferrer 博士の研究室で、Agilent トリプル四重極 LC/MS システムにより
最先端の環境 MS 研究が可能になった事例について、お二人の博士による説明ビデオがあります。ぜひご覧ください。

 
 資料

Agilent 水質分析アナライザ
(5990-5598JAJP)

アジレントの環境分析
ソリューション

(5990-3316JAJP)

LC、LC/MSカラム
セレクションガイド

(5991-2944JAJP)

サンプル前処理
セレクションガイド

(5994-0114JAJP)