Agilent 6400 シリーズ 
トリプル 四重極 LC/MS システム

LC/MS システム

Agilent 6400 シリーズ
トリプル 四重極 LC/MS システム

優れた感度、定評ある信頼性、総合的なシステム堅牢性を備えたトリプル四重極の性能が、お客様の定量分析のニーズにお応えします。Agilent 6400 シリーズトリプル四重極 LC/MS システムは、医薬品の 薬物動態 (ADME/DMPK) 研究、バイオマーカーのバリデーション、臨床研究、食品検査、法医学、毒物学、および環境分析において多くの実績がある製品です。
 
Agilent 6420、6460、6470、または新しい 6495B トリプル四重極 LC/MS システムの卓越した生産性、性能、および価値が、お客様のあらゆるアプリケーションのニーズにお応えします。

  • 6420 は、経済性と操作性に優れたシステムです。ルーチン定量分析機能および標準的な定量機能を求めるラボに最適です。
  • 6460 は、実績のある Agilent Jet Stream 技術の導入によって、感度と信頼性を飛躍的に向上させ微量分析およびさまざまな難しいアプリケーションへの対応を可能にしています。
  • 6470 は、アジレント最高の堅牢性を誇るトリプル四重極システムです。高度な技術で開発されたイオン光学系とアトグラムレベルの感度を備えた高感度検出器を搭載し、連続分析でも一貫した結果を出す堅牢性、最高レベルの生産性を備えており、ハイスループットラボのワークフローをサポートします。
  • 新製品 6495B は、アジレントの画期的な iFunnel 技術を基盤とした最高感度のトリプル四重極 LC/MS システムです。極微量のアトグラム-ゼプトモルレベルの検出下限と最高レベルの定量下限、きわめて広い直線ダイナミックレンジを備え、非常に分析困難な微量分析のアプリケーションにも対応できます。

2017/10/16 NEW

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 最高レベルの感度と精度 – 6495 に搭載されている iFunnel 技術と新たなイオン光学系および検出器により、イオンのサンプリング性能、透過率、および検出性能が格段に高まります。きわめて高いピーク面積レスポンス、優れたピーク面積精度、最小の検出下限と定量下限を実現します。
  • スクリーニング、確認、定量 – トリガー MRM (tMRM) は、高速かつ高感度の MRM 定量とプロダクトイオンスペクトルを組み合わせた分析手法です。tMRM モードで測定されたプロダクトイオンスペクトルをもとに、MRM の高感度定量を行いつつ、ライブラリ検索や化合物のスクリーニングおよび確認が行えます。
  • メソッドの自動最適化 – MassHunter Optimizer ソフトウェアにより、イオン源および iFunnel の条件に加え、化合物の MRM パラメータの最適化を自動で行うことができます。
  • 高速の MRM 取り込みスピードとイオン極性切り替え – 革新的な湾曲したコリジョンセルがクロストークを排除し、1 msec の MRM ドウェルタイムと高速の極性切り替えを実現します。これにより、UHPLC による高速 LC 分析にも対応します。
  • メソッド開発を簡素化 – ダイナミック MRM (dMRM) により、MRM メソッドの開発が簡素化されます。また、最適な感度と再現性を維持しながら、数千種類の化合物を 1 つのメソッドで MRM 定量できます。
  • 様々なイオン源との互換性 – ESI、AJS、APCI、APPI、マルチモードイオン源に対応しており、幅広いアプリケーションに対応します。
  • ラボのワークフローに対応する MassHunter ワークステーションソフトウェアにより、メソッド最適化からデータ取り込み、データ処理、データ報告まで生産性が大幅に高まります。
  • ご注文の詳細

ページTOP