Cary Eclipse 蛍光分光光度計

蛍光分光光度計

Cary Eclipse 蛍光分光光度計

優れた蛍光感度と高速動作

Cary Eclipse 蛍光分光光度計は、キセノンフラッシュランプを導入することで、優れた感度、高いシグナル/ノイズ比、高速動作を実現しています。サンプルが発する光を、4 つのモードで測定できます。キセノンランプ技術により、12.5 ms ごとにデータポイントを取り込み、24,000 nm/min のスピードでピークを変動させることなくスキャンを実行します。Cary Eclipse は、蛍光室内光耐性機能を備えた唯一の分光光度計です。オプションのマイクロプレートリーダーを使えば、384 サンプルのフル波長スキャンが実現します。 BioMelt パッケージでは、熱変性研究機能を提供しています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 4 つの取り込みモード: 蛍光、リン光、化学/バイオ発光、時間分解リン光
  • モジュラー形式のソフトウェア: 生命科学および製薬アプリケーション用のバイオバージョンにより分析を自動化し、経験の浅いユーザーにも経験豊富なユーザーにも対応します。
  • 高感度: 赤感性光電子増倍管検出器により、 900 nm まで向上させます。
  • 少ないサンプル量: 少量のピコモル域のフルオロセイン濃度 (<0.5 mL) も、大量の不規則サンプルも測定できます。
  • 高速な動作: キセノンフラッシュランプ技術により、ピークを変動させずに 24,000 nm/min のスピードでスキャンします。定常蛍光モードでは、最高で毎秒 80 ポイントを取り込みます。
  • 高速な反応: 高速ミックスアクセサリ を使えば、1~2 秒の測定が可能です。
  • 蛍光室内光耐性機能: フロントおよびトップパネルを外して操作できるので、サンプルの扱いが容易で、大型のアクセサリを迅速に取り付けられます。

ページTOP