RX.2000 高速ミックスアクセサリ

蛍光分光光度計

RX.2000 高速ミックスアクセサリ

短時間の反応で試薬を測定

Applied Photophysics の RX.2000 高速ミックスアクセサリは、混合後すぐに試薬を測定するためのストップトフロー測定アクセサリです。混合後の反応が長続きしない場合に役立ちます。デッドタイムはわずか 6 ms で、200s-1 以上の一次反応速度を測定できます。丈夫なドライブプラットフォームに取り付けられたシリンジが、正確かつ迅速にフローをストップさせます。試薬はアンビリカルチューブをつうじて不活性のサンプル流路を移動し、高効率の T フォーマットミキサーを備えたフローセルへ流れこみます。
アジレントでは、Applied Photophysics の RX.2000 高速ミックスアクセサリと、TgK Scientific Ltd の SFA-20 高速ミックスアクセサリを提供してます。

Cary RX.2000 は、Cary Eclipse のほか、Cary 60、100、300、4000、5000、6000i に対応しています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 優れたサンプルの経済性—1 試薬あたりの初期充てん量は 260µl (標準的な長さ 60 cm のアンビリカルチューブの場合)、1 ショットあたりの必要量は 100 µl。その他の長さのアンビリカルチューブも利用できます。
  • 完全な温度制御—ドライブシリンジを含めた流路全体が温度制御されているので、温度平衡の信頼性が高まるほか、嫌気分析時にサンプルから酸素を排除するのに役立ちます。
  • 広い相互運用性—RX.2000 セルは、標準的な 1-cm 矩形セルに対応するあらゆる分光光度計に数秒で取り付けることができます。工具は不要です。
  • 複屈折の排除—吸光、蛍光、円偏光二色性分析用に構成されたトリプルアニールマイクロセルにより、円偏光分析および異方性分析における複屈折の影響を排除します。
  • 広い温度範囲—斜めシールを備えた高性能シリンジにより、0~60 °C の温度範囲で信頼性の高い動作を実現します。
  • 大きい混合比に対応—ドライブシリンジの変更により、1:1~1:25 の混合比に対応します。
  • 調節可能なドライブボリューム—ブロック/トリガ構造の停止位置を調節し、ドライブボリュームを変更できます。比率の大きい非対称混合分析や気泡のパージの際に重要となる機能です。
  • 機能の詳細と仕様

ページTOP

インフォメーション

ページTOP