Cary Eclipse ソフトウェア

原子分光/分子分光 ソフトウェア

Cary Eclipse ソフトウェア

最小限のセットアップで、サンプルを迅速かつ簡単に測定

Cary Eclipse 蛍光分光光度計用ソフトウェアは、分析またはバイオパッケージが提供されています。分析ソフトウェアパッケージは、化学、ポリマー、材料などのアプリケーションに適しています。システム情報、アラインメント、スキャン、濃縮、単純な読み取りといった基本的な機能のほか、反応速度、バリデーション、高度な読み取りといった詳細分析機能も備えています。また、GLP 管理およびアプリケーション開発言語 (ADL) も備えているため、測定のカスタマイズや自動化が可能です。生命科学アプリケーションに適したバイオパッケージは、分析パッケージに含まれる全アプリケーション に加えて、生体材料、タンパク質、DNA などの蛍光寿命、比率、温度アプリケーション用のソフトウェアモジュールも備えています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • いずれのソフトウェアパッケージでも、3 つの動作モードを提供—蛍光、リン光、バイオ発光/化学発光
  • 迅速で簡単な操作を実現する単一ウィンドウによる操作
  • ズーム、カーソル、テキスト追加、軸範囲の変更、等高線図、レポートプレビューなど、よく使うグラフィックおよびレポート機能への迅速なアクセスを支援するツールバー
  • すべてのワード処理パッケージに、グラフ、ビットマップ、テキストのコピー&ペーストが可能
  • 3-D グラフ又は等高線プロットを数秒以内で作成。3-D モードでは、一連の励起、発光、同期スキャンを自動的に採取
  • アプリケーション開発言語 (ADL) により、ラボの分析を自動化
  • すべてのメソッドおよびレポートパラメータ、計算、グラフ表示、実際のデータを 1 つのファイルで保存するファイル保存方式
  • 測定終了時に、データを自動的にスプレッドシートへエクスポート。データ取り込みが終了した際に、データファイル添付ありまたは添付なしの形式で、E メールを送信することも可能

ページTOP

インフォメーション

ページTOP