Cary 6000i UV-Vis-NIR 分光光度計

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

Cary 6000i UV-Vis-NIR 分光光度計

物質研究用の 175 ~ 1800 nm の最先端の測光性能

Cary 6000i は、175 ~ 1800 nm の範囲で比類のない測光性能を発揮する高性能 UV-Vis-NIR 分光光度計です。InGaAs 検出を使用して直線性を向上させる Cary 6000i は、物質科学研究に最適なツールです。モジュール式の Windows ベースソフトウェアである Cary WinUV ソフトウェアによって制御され、強力な分析の実行と多くのオプションアクセサリの制御を簡単に行うことができます。大型サンプルコンパートメントを拡張して、スペクトルおよび拡散反射用の大きなアクセサリや積分球を保持できます。ロックダウンメカニズムにより、アクセサリを迅速に変更およびポジショニングして再現性の高い結果を得ることができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • リファレンスビームアテネーションにより 最大 8.0 の吸光度で測定します。
  • 拡張された測光域用の InGaAs 検出器を使用して 175 ~ 1800 nm を測定します。
  • WinUV ソフトウェア – 使いやすくスムーズなレポート機能のあるモジュール式のソフトウェア。
  • スペクトルや固体試料用のアクセサリが簡単にセットできます。
  • データ分解能を最適に制御する可変スリット幅 (最小 0.01 nm)。
  • 再現性の高い結果を得るためにアクセサリを迅速に変更およびポジショニングするためのロックダウンメカニズムのある大型サンプルコンパートメント
  • 低い透過率の測定精度を高めるシュヴァルツシルト型カップリング光学系を使用した最大の光スループット
  • フローティングアルミニウムキャスティングとダブルリトロー モノクロメータを使用した最小限のノイズと迷光
  • サンプル吸光度に合わせてリファレンスビームを減光させることによる拡張ダイナミックレンジ
  • 窒素ガスでのパージ – サンプルコンパートメントとモノクロメータコンパートメントを別々にパージします。

ページTOP