風邪薬の分析

風邪薬の分析

Pub.No. TI 16B2G1-095

【要旨】

アセトアミノフェン、カフェイン及びエテンザミドを含む市販風邪薬の迅速分析を行いました。
ハイスループット用のウエルプレートオートサンプラーを用いることにより、1分析を約3分で行うことが可能となりました。このオートサンプラは試料注入量と流速に応じて自動的にインジェクションバルブをコントロールするAutomatic delay volume reduction機能とOverlapped injection 機能を持ち、迅速分析に適したオートサンプラです。また、200 回の連続分析において、ピーク面積の減少はほとんどなく、良好な再現性を示しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 風邪薬、アセトアミノフェン、カフェイン、エテンザミド、LC/MS、TI 16B2G1-095 
掲載年月 2001/11
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 30kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

アセトアミノフェン、カフェイン及びエテンザミドを含む
市販風邪薬のTIC