水質規制農薬11種の一斉分析

水質規制農薬11種の一斉分析

Pub.No. TI 16B2G1-067

【要旨】

日本では、水質に関して多くの農薬類の残留基準値が設定されており、主にGCやGC/MSDで分析が行われています。しかし、近年使用されている農薬には極性の高い水溶性物質が多く、GCでは測定困難な場合が増加しているため、LC/MS法による分析の必要性が増大しています。

分野 環境
キーワード 農薬、LC/MS、TI 16B2G1-067 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 55kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

11種類の農薬(1pg /μl)のSIMクロマトグラム