寄生虫用剤の分析

寄生虫用剤の分析

Pub.No. TI 16B2G1-019

【要旨】

家畜に使用される様々な動物用医薬品が食肉に残留することから、近年ではそれらに対して残留基準値が設定されています。フルベンダソール、イベルメクチン、グロサンテールは、内寄生虫用剤として使用され、残留基準はそれぞれ10-50ppb、15-40ppb、1-5ppmと定められています。これらの分析法は公定法では HPLC による方法で、イベルメクチンは誘導体化後蛍光分析です。しかし、内臓などでは妨害成分が多く、精度の高い測定は困難です。そこで、エレクトロスプレー法および APCI 法を使用して検討を行いました。

分野 食品
キーワード 寄生虫、用剤、家畜、TI 16B2G1-019 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 76kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。