GC/MS による食品の異臭分析

GC/MS による食品の異臭分析

Pub.No. GCMS-200902NK-003

【要旨】

食品の異臭分析に、前処理としてヘッドスペース法あるいはスターバー抽出法を用い、GC/MS で測定を行いました。また、匂い嗅ぎ装置により、異臭の原因となる物質を特定することができました。

スターバー抽出法 :
アプリケーションノート MS-200711-005 「Twister を用いる驚異の抽出法 : SBSE (スターバー抽出)法」 参照

匂い嗅ぎ装置 :
アプリケーションノート MS-200711-004 「GERSTEL 社匂い嗅ぎ装置の紹介及びアプリケーション」 参照)

分野 食品
キーワード 食品、異臭分析、におい嗅ぎ装置(ODP)、スニッフィング(Sniff-GC)、 オルファクトメトリ(GC-O)、 におい嗅ぎシステム、 ヘッドスペース法、 スターバー抽出法、 GC/MS 
掲載年月 2009/02
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 318kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS(7890A、5975C)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

素麺の異臭品及び正常品の TIC