コレステロールと関連ステロールのLC/ELSD とLC/MS/MS による分析

Poroshell 120 カラムを用いたコレステロールと関連ステロールのLC/ELSD とLC/MS/MS による分析

Pub.No. 5991-0452JAJP

【要旨】

Agilent Poroshell 120 カラムと LC/ELSD および LC/MS/MS を用いて、コレステロールとその代謝物、複数の植物ステロールを分離しました。ステロール分離について、Poroshell 120 の 2 つの相 (EC-C18 および SB-C18) を比較しました。これらのステロールでは、Poroshell 120 EC-C18 のほうが優れた選択性と分離能が得られました。LC/MS/MS により、ラトステロールとコレステロールなど、近接して溶出する化合物を分離できました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード Poroshell 120、 カラム、 LC/ELSD、 LC/MS/MS、 コレステロール、 代謝物、 植物ステロール、 LC、 LC/MS、 EC-C18 
掲載年月 2012/12
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 253kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Poroshell 120 カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent Poroshell 120 EC-C18、3 x 100 mm、2.7 μm カラムとLC/MS/MS を用いた9 種類のステロール(コレステロールと他のステロールの比率が 2000:1) の分離