血清中のビタミンD の高速分析

トリプル四重極LC/MS による血清中のビタミンD の高速分析

Pub.No. 5990-4549JAJP

【要旨】

Agilent 1200 シリーズRapid Resolution LC (RRLC) システムとマルチモードイオン化(MMI) を用いたAgilent 6430 トリプル四重極LC/MS を組み合わせて、血清に含まれる25-OH D2 および25-OH D3 の定量のための高速メソッドを開発しました。固相抽出により、マトリックス干渉物とのイオンサプレッションが最小となり、自動化も可能になります。 5~100 ng/mL の範囲で、良好な直線性(R2 > 0.99) を得ました。また、日差精度は10 %を十分下回りました。血清中の検出限界(LOD) および定量限界(LOQ) は、それぞれ、2 ng/mL および3 ng/mL でした。

分野 食品製薬/バイオ医薬品
キーワード 1200、 RRLC、 MMI、 6430、 QQQ、LC/MS、 血清、ビタミン 
掲載年月 2010/07
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 303kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6430 トリプル四重極 LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ビタミンD2、D3 および内部標準を含む代表的な
血清サンプルのトータルイオンカレントクロマトグラム