Agilent 1200シリーズLCシステムによる不純物のプロファイリング

Agilent 1200シリーズLCシステムによる不純物のプロファイリング

Pub.No. 5989-5841JAJP

【要旨】

スクリーニングから日常業務の品質管理および品質保証で検証されたメソッドの使用まで、製剤原料の不純物分析は、医薬品開発において困難な作業になりつつあります。この資料では、ラピッドレゾリューション液体クロマトグラフ(RRLC)と質量分析計を用いて、原薬の不純物の分析および同定のワークフロー全体を改善する方法について言及します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード QA/QC、高速液体クロマトグラフ、RRLC、不純物、プロファイリング、5989-5841JAJP 
掲載年月 2007/12
ページ数 16ページ (PDFファイルサイズ 1.14MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1200 シリーズ Rapid Resolution LCシステム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

不純物と反応スキームからの薬剤の高分解能LC分離

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

主要化合物の医薬品の合成で同定された不純物