製薬/バイオ医薬品

製薬

医薬品業界では、ビジネス、サイエンス、規制に対する要求が年々高まっており、絶えず難問に直面しています。オーダーメイド医療から CRO まで、医薬品を市場に送り出すまでの今日のプロセスは、10 年前のものとは大きく変わりました。今から 10 年後には、いったいどのようになっているでしょうか。

その答えは、リスクを最小限に抑え、早い段階で医薬品候補を特定するための効果的な方法を見つけることにあります。アジレントでは、お客様がこれを実現できるように、分析装置の製品群全体を開発してきました。日常的な評価から最も重要な評価まで、ただ単純に答えを出すだけでなく、先を見据えて、より適切な意思決定を行うために役立つ答えが必要とされていると確信しています。

どのようにすれば簡単に成功への道筋を明らかにできるだろうか、という問いに対して、アジレントは斬新な発想を持っています。

製薬/バイオ医薬品 関連記事

製薬/バイオ医薬品 関連資料

  •  ペプチドマッピング セレクションガイド(5991-8228JAJP)1.72MBペプチドマッピングは、生物学的治療用タンパク質の特性解析や同定確認に広く用いられている分析技法です。本ガイドでは、複雑な分析ワークフローを効率化し、生産性を高め、データ品質を最大限に高める、アジレントのペプチドマッピングソリューションについて紹介します。
  •  インタクトプロテイン分析 セレクションガイド(5991-8229JAJP)1.76MB高品質のタンパク質製剤を作り上げるためには、創薬および開発パイプライン全体で、インタクトタンパク質の特性解析を高い信頼性で実施できなければなりません。インタクトプロテイン分析のあらゆる段階を期待どおりに進めることができる、精度と信頼性に定評のあるアジレントの機器、カラム、データベース、メソッドなど包括的な技術を紹介します。
  • 医薬品中の遺伝毒性不純物レギュレーションと分析手法(5991-1876JAJP)2.09MBこの教育ガイドの目的は、品質評価および作業部署の管理者やスタッフを対象に、遺伝毒性物質に関する規制要件の概要と、その履行に関する推奨事項を説明することにあります。また、関連する分析機器の概要を説明し、そうした機器の動作を実証する貴重な科学文献も紹介しています。
  • 『規制の適用を受ける製薬ラボにおける元素不純物分析』(5991-0436JAJP)3.34MBこの入門書「規制の適用を受ける製薬ラボにおける元素不純物分析」では、規制要件の概要を紹介し、分析、ラボ管理、IT管理、品質管理、バリデーションの担当者のために、機器適格性確認、メソッドおよびシステムのバリデーションから電子機器のコンプライアンスの確保まで、すべてのプロセスを解説します。
  • 分析機器の適格性評価とシステムのバリデーション(5990-3288JAJP)2.87MBこの『分析機器の適格性評価』入門書の目的は、分析実施者やラボの管理者、品質確認担当者、バリデーション担当者を対象に、最小限のコストで機器やシステムのバリデーションを実施する方法を説明することです。
  • 分析メソッドのバリデーション(5990-5140JAJP)1.79MBこの入門書の目的は、メソッドバリデーションの実施に関するコンセプトや戦略を提案することです。メソッドバリデーションの詳細については説明していません。ただし、タスクフォースや各研究者により実施された研究の結果として、幅広い情報やガイドラインが公開されています。
  • アジレント HPLC & UHPLC 総合カタログ(5991-2237JAJP)2017年9月版 14.3MBアジレントは、1973 年に初めて LC システムを製造、販売してから、常に研究者の声を取り入れてシステム性能の向上に力を注いできました。医薬品の開発や、食の安全確保など、様々な要望や目的に最新の技術を融合させ、そして今、Agilent は InfiniytLab シリーズという新ブランドで、LC 装置、カラム、消耗品 の完璧なチームワークを結成し、毎日の分析 / 装置 /ラボ効率を最大限に高めるために進化を続けています。
  • アジレント製薬分析ソリューション(前処理、カラム消耗品)(5991-8139JAJP)3MBアジレントは、サンプルの前処理から分析、分取、精製など製薬分野における一連の研究をトータルでサポートします。医薬品や薬物の抽出・精製・濃縮など分析を行う前段階での処理を、アジレントの製品群は貢献します。アジレントの HPLC、UHPLC カラムには様々な種類があり、迅速分析・高分離分析など多様な用途・目的にお応えいたします。
  • アジレントの製薬向けLC/MS ソリューション(5990-5854JAJP)※要会員登録 1.2MBLC/MS は、創薬や薬剤開発のプロセスで重要な役割を果たしています。エレクトロスプレーイオン化法の導入以来、化合物の同定や定量など、さまざまな製薬向け LC/MS アプケーションが開発されてきました。アジレントでは、医薬品開発プロセスのあらゆる段階に対応するソリューションを提供しています。この資料では、現代の医薬品開発ラボに重要な項目に注目しながら、Agilent LC/MS 機器を用いた製薬向けアプリケーションの概要を紹介します。
  • バイオ医薬品のワークフローソリューション(5991-5235JAJP)14.3MB分析が必要なサンプルは実に膨大です。対象となるサンプルは、さまざまな種類のプロジェクトのさまざまな種類のソースから採取されたもので、いずれの場合も結果がすぐに求められます。必要とする結果を得るために、アジレントはお客様をサポートします。
  • バイオ医薬品の開発およびQA/QC分野におけるアジレントのアプリケーション(5991-1504JAJP)6.92MBバイオ医薬品の発見から開発にスムーズに移行するには、予想外の事態の発生をいかに少なく抑えるかが重要です。そのためには開発プロセス全体を通して生体分子の正確な状態を高い信頼性で理解できることが大切です。アジレントのソリューションは、徹底的なバイオ医薬品の分析と品質管理を確実かつ簡単に行える、安定性と信頼性の高い分析メソッドを提供します。
  • ペプチドマッピングの基礎(5991-2348JAJP)6.3MBこのペプチドマッピングの基礎では、逆相クロマトグラフィーによるペプチドマップ作成における重要点と、ペプチドマッピング手順に用いられる基本的なテクニックを紹介し、分離の最適化を行って、優れた結果を得るための方法を説明します。
  • 組み換えタンパク質の分析(5990-8561JAJP)3.9MB医療用組み換えタンパク質の完全な特性評価に必要な分析カテゴリーと、そうした分析に用いられる各手法や機器プラットフォームの現状を説明します。
  • バイオ医薬品ラボのコンプライアンス(5990-7001JAJP)1MB本書では、バイオ医薬品の開発、製造に携わる研究者に、FDA 規制やそれに相当する国際的な要件を説明します。本書は、品質管理マネージャやスタッフ、またバイオ医薬品の登録プロセスに関わるすべての担当者に役立ちます。さらに、このような要件を最もコスト効率の高い方法で履行する方法についての戦略や、規制の対象となるラボに固有の推奨事項も示します。
  • バイオHPLCカラムセレクションガイド(5990-9384JAJP)8.82MB食品このガイドでは、バイオ分子の分離に適したカラムの選択について説明します。また、カラムの選択やメソッドの開発に役立つ、メソッド開発、溶媒の選択、移動相の変更、最適化、および多くの分離例に関するアドバイスやヒントも紹介します。
  • Agilent Infinity バイオイナートLC システム 1.7MBAgilent InfinityLab バイオイナート LC ソリューションは、バイオ分析の信頼性を高めます。腐食耐性のあるチタン送液システムとメタルフリーのサンプル流路が、すべてのアプリケーションおいて生体分子の完全性を確保します。さらに、最新テクノロジーで高い運用効率をコンスタントに提供します。
  • サイズ排除および弱カチオン交換クロマトグラフィーによるモノクローナル抗体のオンライン 2D-LC 特性解析(5991-6906JAJP、701KB)このアプリケーションノートでは、一次元目のサイズ排除クロマトグラフィーによる凝集分析と、二次元目のイオン交換クロマトグラフィーによる電荷変異体プロファイリングの組み合わせについて説明します。
  • Agilent 精密質量 Q-TOF LC/MS とBioConfirm ソフトウェアによるモノクローナル抗体のタンパク質ジスフィルド結合の自動マッピング(5991-6951JAJP、956KB)Agilent 1290 Infinity II UHPLC、Agilent 6545 Q-TOF/MS、および Agilent MassHunter BioConfirm B.08.00 ソフトウェアを用いて、ジスフィルド結合を正確にマッピングする LC/MS メソッドを開発しました。このメソッドは、モノクローナル抗体に存在するジスフィルド結合スクランブルのマッピングにそのまま使用することができます。
  • 生物製剤関連用語集(5991-5036JAJP、273KB)生物製剤関連用語集
  • Agilent 1260 Infinity マルチ検出器Bio-SEC ソリューションデータシート(5991-4040JAJP、764KB)Agilent 1260 Infinity マルチ検出器スイートと Agilent 1260 Infinity バイオイナートクオータナリ LC システムは、広い分子量域でのタンパク質サンプルの分子量、サイズ、相対濃度の正確かつ再現性の高い測定に最適な組み合わせです。静的および動的光散乱検出と UV 検出を組み合わせることで、小型タンパク質に相当する数 kDa から分子量 670 kDa のチログロブリンまでのタンパク質を正確に同定および定量することができます。