Captiva ND Lipids の詳細

イオン化抑制効果を最小限に低減

図中の青線はAlubuterolを使用したポストカラムインフュージョンの結果。 赤線は脂質(m/z 184)のマスクロマトグラム。

液液抽出で除タンパクを行った場合のイオン化抑制効果

使用方法

Captiva NDLipids の上手な使い方

目的物質がイオン性物質の場合、添加する有機溶媒に酸や塩基を加えて、目的物質がイオン化する条件で行うと回収率が高くなります。 また、添加する有機溶媒の種類や量を以下のように変えることで、血漿の状態と分析目的に合わせた前処理が可能になります。

除タンパク重視→アセトニトリル:血漿=3以上:1
一般的な手法→メタノール:血漿=3:1
脱脂重視→メタノール:血漿=2:1

Captiva ND Lipids の使用上の注意点

Log Pが5以上の化合物はCaptiva ND Lipids に吸着し、回収率が低下する恐れがあります。


Captiva ND Lipids

部品番号品名価格
 A59640002SKCaptiva ND Lipids 96 ウェルフィルトレーションスターターキット
CaptiVac バキュームカラー x 1、CaptivaND Lipids フィルタプレート x 2、Captiva 96ウェル 1 mL コレクションプレート x 2、Captiva コレクションプレートカバー x 2 を含む 
126,000 
 A59640002RKCaptiva ND Lipids 96 ウェルフィルトレーションリプレイスメントキット
CaptivaND Lipids フィルタプレート x 2、Captiva 96ウェル 1 mL コレクションプレート x 2、Captiva コレクションプレートカバー x 2 を含む 
94,000 
 A59640002ICaptiva ND Lipids 96 ウェルフィルタプレート、1 mL 32,000 
 A59640002VCaptiva ND Lipids 96 ウェルフィルタプレート、1 mL ウェル、5枚 147,000 
 A8961008DuoSeal 96、10枚 15,000 
 A5302635Captiva 3mL Non-Drip Lipids, 20/pk 6,700 
 A5300635Captiva 3mL Non-Drip Lipids, 100/pk 33,000